Home> 世界の闘い: 2018年5月アーカイブ

世界の闘い: 2018年5月アーカイブ

民主労総 ハンサンギュン前委員長を奪還 労働者民衆の力で獄壁打ち破る

20180524f-1.JPG 「世の中が変わってきている」「この時代の勝利者は労働者同志だ!」――5月21日、韓国・民主労総のハンサンギュン前委員長がついに獄壁を打ち破り、組合員たちのもとへ帰ってきた。
 2015年11月、ハンサンギュン委員長(当時)は、パククネ政権のもとで民主労総をはじめとした労働者民衆が「ひっくり返そう世の中を!」をスローガンに立ち上がった「民衆総決起」の先頭でゼネストを組織して闘った。そして、この闘いをはじめ13件の集会を主導した容疑で同年12月10日に拘束され、昨年5月には最高裁判所で懲役3年の刑が確定していた。
 しかし、その闘いは翌年11月12日の100万人民衆総決起へと発展し、パククネ大統領(当時)を監獄にたたき込んだ「ろうそく革命」の導火線となった。3年の刑期はあと半年残っているが、こうした韓国労働者民衆の激闘を通じてムンジェイン政権に実力で仮釈放を認めさせ、堂々と刑務所を後にしたのだ。

Home> 世界の闘い: 2018年5月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top