Home> 世界の闘い: 2018年9月アーカイブ

世界の闘い: 2018年9月アーカイブ

中国で自主労組結成の闘い 80人拘束、全土に怒りと支援

20180903b-1.jpg 中国広東省深圳市にある、溶接器材などをつくる佳士科技有限会社で、自主労働組合結成の運動が今年5月から始まった。中国スターリン主義・深圳市当局と会社はこれを徹底的に弾圧し、7月以来、約80人の労働者と支援を拘束した。この弾圧に対し、中国全土で学生を先頭に抗議と支援の運動が不屈に広がっている。
 佳士科技は5月に違法な罰金制度を開始し、サボタージュなどを口実にして余浚聡さんという労働者を解雇した。これに抗議した労働者が自主労組結成に向けて動き出し、全国的な共感を得た。
 追いつめられた佳士科技と中国スターリン主義・深圳市当局は大弾圧に乗り出し、7月27日に労働者と支援30人、8月24日に支援の学生ら50人を拘束した。支援運動の先頭に立っていた沈夢雨さんも8月11日、正体不明の人物に連行された。

Home> 世界の闘い: 2018年9月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top