Home> 世界の闘い: 2018年10月アーカイブ

世界の闘い: 2018年10月アーカイブ

台湾富士ゼロックスでスト 日本の労働者に連帯呼びかけ

 20181029b-1.jpg日本企業・台湾富士ゼロックスの労働組合400人が10月23日を期して無期限ストに突入した。
 富士ゼロックスは日本の富士フイルムと米ゼロックスの合弁企業だが、今年に入って、全世界4万7千人の従業員のうち約1万人の人員削減・年間500億円のコスト削減の大リストラをうち出し、一気に実行に移そうとしてきたのだ。

国際連帯で戦争は止められる! アメリカ 女性たちの反戦デモ シンディーさん先頭に

 20181025j-1.jpgアメリカ・ワシントンではペンタゴン(国防総省)に向かって、今年の8・5―8・6をともに闘ったシンディー・シーハンさんたちが呼びかけた「女性たちのペンタゴン・マーチ」が行われました。中間選挙を前に、戦争を推進してきた共和党―民主党という二大政党制そのものを覆し、労働者民衆の手で戦争を止める新たな運動をつくろうと訴える闘いです。

全米教育ストに続こう ウェストバージニアから来日 4カ月で2万人を闘いに組織

20181022c-1.jpg 貧困と社会の崩壊
 11・3労働者国際連帯集会、11・4全国労働者集会&改憲阻止!1万人大行進に、全米を席巻する教育労働者の大ストライキを切り開いたウェストバージニアから教育労働者が参加することが決定しました。来日するのは、州都チャールストンの中学校で教えるジェイ・オニールさんという30代の教師です。
 ジェイさんは昨年10月、州政府による新たな教育破壊・教育労働者攻撃計画の発表に反撃し、同僚とともにフェイスブックを使ってグループを立ち上げました。州知事に対して5%の賃上げを求める運動を開始し、わずか4カ月で2万人を組織化。これが大ストライキの核となりました。
 ウェストバージニア州の教師の賃金は年間4万6千㌦(約500万円)で、全国4番目の低さです。そこへ民営化に道を開くことを狙った教育予算の削減が進められているのです。すでに学校では備品も教材も恒常的に不足し、教育環境は破壊されつくしています。
 さらに多くの人びとが貧困と薬物依存に苦しんでおり、生徒たちに教師が自費で買い与えているような現実があります。子どもの貧困―労働者階級の困窮と社会の崩壊を目の当たりにした教育労働者が立ち上がったことが、地域と全社会を獲得したのです。

Home> 世界の闘い: 2018年10月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top