Home> 主張: 2011年11月アーカイブ

主張: 2011年11月アーカイブ

許すな! 玄海原発再稼働強行! 福島第一原発では核分裂反応発生!

 九州電力は11月1日午後11時、玄海原発4号機の再稼働を抜き打ち的に強行した。その直後の2日未明には、福島第一原発2号機の格納容器内のガスから半減期がきわめて短いキセノンが検出された。これは、原子炉内で核分裂反応が起きていることを示すものであり、東京電力は一時的な臨界状態が発生したとして、核分裂を抑制するホウ酸水の注水作業を開始した。
 福島第一原発事故は何ひとつ「収束」に向かってなどいない。今なお核分裂反応が収まっていないばかりか、大規模な再臨界の可能性、再度の爆発による「死の灰」の新たな大量拡散の可能性さえある。そのさなかに原発を再稼働した野田政権と電力資本は、まさに人間の命に対して凶悪な刃を向けたのだ! もはや実力で野田政権を打倒しなければ、労働者人民の命は守れない。 

Home> 主張: 2011年11月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top