Home> 主張: 2012年9月アーカイブ

主張: 2012年9月アーカイブ

脱落日帝の領土略奪=戦争・改憲攻撃の激化と闘おう

 9月11日、日帝・野田政権は釣魚台(尖閣諸島)の「国有化」を強行した。日帝の新たな領土略奪、戦争・排外主義攻撃そのものだ。これに対し中国各地で激しい反日デモが爆発している。また韓国でも独島(竹島)をめぐり、日帝の領有権主張に抗議行動が高まっている。日本国内ではこの領土問題を契機に、右翼やマスコミを先頭に「日本の領土を守れ」という排外主義・国家主義の扇動が巻き起こっている。労働者階級はこの問題をどうとらえ、どう闘うべきか。
 

Home> 主張: 2012年9月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top