Home> 労働運動アーカイブ

労働運動の最近のブログ記事

2・11国鉄集会 新たな1047名闘争始まる 改憲・戦争阻む決戦へ

20180215d-1.JPG 国鉄闘争全国運動は2月11日、船橋市勤労市民センターで「国鉄分割・民営化による不当解雇から31年」の国鉄集会を開催し、会場からあふれる630人が集まった。国鉄闘争は1047名解雇撤回を軸に新段階に踏み出した。
 動労千葉は、①1047名解雇撤回の新たな闘い、②ローカル線廃止・地方切り捨てとの闘い、③「働き方改革」と無期転換をめぐる闘い、④外注化・分社化・転籍阻止の闘い、⑤常磐線全線開通阻止の闘い――の国鉄闘争の5本柱を打ち出している。
 1047名解雇撤回闘争については、解雇撤回・団交開催をJRに求める新たな労働委員会闘争を起こす。動労総連合1047協議会も、JR北海道とJR九州に対し、ローカル線切り捨て反対と国鉄解雇撤回を結合させた署名運動を準備中だ。2・11集会は、この5本柱を国鉄と全産別に通用する普遍的方針として確認するとともに、国鉄闘争を戦争と改憲を阻む歴史的決戦の軸に打ち立てた。

労組交流センターが総会 戦争・改憲阻止の力ある運動を

20180215b-1.JPG 全国労働組合交流センターは2月3~4日、東京都内で第25回定期全国総会を開いた。
 米トランプ政権は2月2日に発表した「核戦略の見直し」(NPR)で核兵器先制使用を打ち出し、これに対して安倍政権は直ちに「高く評価する」という外相談話を発表した。朝鮮半島では、平昌オリンピックが終わればいつ戦争が始まってもおかしくない状況だ。安倍政権はまた、この秋の臨時国会までに改憲の発議をし、19年5月の天皇代替わりの前に改憲国民投票を強行しようとしている。

『東日本環境アクセスによる雇い止めを許さない!』 小田原で神奈川春闘行動

20180215a-1.JPG 2月12日、神奈川県小田原市内で「労働運動の力で、非正規職撤廃!人間らしく生活できる賃金を!18春闘交流会」を開催しました。動労神奈川と国鉄闘争全国運動・神奈川が呼びかけ、動労総連合の仲間や、東京や大阪からも青年が駆けつけて56人が参加しました。
 集会に先立ち「動労神奈川の桑原豪臣副委員長の雇い止めを許すな」と小田原駅前で参加者が次々とマイクで訴え、桑原副委員長を先頭に東日本環境アクセス小田原事業所前での抗議行動も闘いました。
 安倍の戦争・改憲と労働法制大改悪攻撃のなか、県下で18春闘を職場・地域から開始する第一歩となりました。

さいたまユニオン 教育労働者分会を結成 〝3年で非正規なくす〟

20180208a-1.JPG 1月21日、さいたま市内で一般合同労組さいたまユニオン教育労働者分会の結成大会をかちとりました。大会には54人が結集し、全国の合同労組、教育労働者の仲間から多くのメッセージが寄せられました。
 大会は、さいたまユニオン書記次長で大石運輸分会の笠松忠生組合員が開会あいさつし、動労連帯高崎委員長の漆原芳郎さん、合同・一般労働組合全国協議会事務局長の小泉義秀さん、日教組奈良市書記長の増田順計さんから来賓あいさつをいただきました。漆原委員長には「1986年に組合を結成し、一貫して国鉄分割・民営化に反対してきたが、信念を曲げなければ勝利できる。私たちもともに闘う」とエールを送っていただきました。

東京で保育問題学習会 職場の怒りで民営化阻止へ

20180208b-1.jpg 1月27日、東京労組交流センター女性部は杉並区内で保育問題学習会を行った(写真)。婦人民主クラブ全国協も参加し総勢32人。女性部は婦民の仲間とともに昨年の衆院選過程で杉並区の200カ所を超す保育園に保育民営化反対署名を持ち込み、現場が民営化反対の強い気持ちを持っていることをつかんだ。今回、保育園の仲間の闘いを支えるためにも保育問題についてもっと学ぼうと学習会を持つことになった。
 まず長く保育士を勤めてきた仲間から「保育士の仕事」について語ってもらった。臨時職員が増え再任用なのにクラスリーダーをやらされていること、250人という大規模保育園で働いていたこと、昨年から保育所運営指針に「国旗や国歌に親しむ」ことが明記されたことなどが語られた。

退職手当の削減に反対 特区連、東京清掃が決起集会

20180208c-1.jpg 2月1日、東京都中野区のなかのZERO大ホールで、退職手当の引き下げに反対して特区連(特別区職員労働組合連合会)と東京清掃労組の合同の総決起集会が開かれた。
 集まったのは東京23区職員と東京清掃の組合員1043人。東京清掃の組合員は全員が「団結」と書かれた鉢巻きを締め、23区職の組合員も全員がゼッケンをつけている。壇上には、特区連と東京清掃の旗が並んだ。退職手当の引き下げに反対した2013年以来の統一闘争だ。会場には怒りと緊張感が漂っていた。

関西で現業集会開く 民営化絶対反対の団結固め

 20180201a-1.JPG1月28日、大阪市内で関西労組交流センター自治体労働者部会の主催した関西現業集会が開かれた。連合・自治労本部を打倒し、とって代わり、労働者階級のすべての課題に責任をとっていく挑戦として開催された。地区党と自治体委員会、諸戦線が一体で集会の成功をかちとった。組織化の中で、民営化絶対反対の方針を求める現業労働者といたる所で結びついた。
 集会の基調は大阪市職の仲間が提起した。「①戦争・改憲を狙う安倍は国家機構の末端に戦争反対の労働組合があることが許せない。その最先端の攻防が現業の全廃攻撃だ。②動労千葉と国鉄闘争1047名の決起と同じ自治体労働者の闘いが、ついに橋下徹を倒し、小池百合子を倒し、30年来の連合支配を食い破って絶対反対の労働組合をつくり出そうとしている。③現業では、民営化攻撃に対して大阪市・奈良市で現場から怒りの決起が始まっている。④団結で職場を回してきた現業労働者の誇りを奪い返そう」

会計年度職員の導入阻止を 自治労中央委で訴え大反響

20180201b-1.jpg 1月29~30日、東京都内で自治労第154回中央委員会が開催されました。全国労組交流センター自治体労働者部会の仲間は、全国の自治体で進められようとしている臨時・非常勤職員の会計年度任用職員への転換と「ミサイル避難訓練」と称する戦争動員の攻撃に絶対反対で闘うことをビラとマイクで訴え、大反響を呼びました。
 全国の自治体単組からの参加者に250部の部会ビラが配られ、同数の『前進』も手渡されました。地方の自治体にとってひとごとではない『前進』の「地方線の切り捨てを許すな」の記事と千葉県のJR路線図に注目が集まり、大阪市営交通民営化の実態に怒りの声が上がりました。星野文昭さんの釈放を求める四国地方更生保護委員会への要望書を、その場で次々と12人もの組合員が「公務員」の肩書きを付けて署名してくれました。闘いの機運が渦巻いていることを実感しました。

無期転換かちとるぞ 動労連帯高崎が総会・旗開き

20180201c-1.JPG 動労連帯高崎は1月26日、熊谷市商工会館で第34回定期総会と2018年団結旗開きを行った。
 総会の冒頭、漆原芳郎委員長があいさつに立ち、JRの子会社で車両清掃などを請け負うTTS(高崎鉄道サービス)で働く2人の組合員が今春、継続雇用5年を迎えることを明らかにし、その無期雇用転換をかちとるために総力で闘うことを表明した。また、動労総連合強制出向無効確認訴訟で昨年10月に東京地裁が出した反動判決を覆すための控訴審闘争に勝利する決意を示した。(写真
 埼玉労組交流センターなど、地域の共闘団体の連帯あいさつが続いた。

動労西日本が定期大会 安全破壊のJR西と対決 無賃労働撤廃・非正規解雇撤回へ

20180125c-1.JPG 動労西日本は1月21日、広島市内で第12回定期大会を開催し、青年労働者と団結して第3の分割・民営化、戦争・改憲攻撃と対決する闘いの方針を決定した。
 冒頭、動労総連合各単組、岡山マスカットユニオン、徳島医療福祉労組、新川登茂宣弁護士からのメッセージが紹介された。続いて、広島連帯ユニオンの壹貫田康博書記長が、「動労西日本はJR職場の問題だけでなく全人民の課題を闘っている。ジェイアール西日本広島メンテック新幹線営業所は車両清掃に携わる元木康亮組合員を解雇したが、これは非正規は組合をつくるなという支配階級の意思だ。組合員全員が闘う組合をつくろう。3・25改憲・戦争阻止大行進を爆発させよう」と訴えた。

next archives

Home> 労働運動アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top