Home> 労働運動アーカイブ

労働運動の最近のブログ記事

関生弾圧粉砕へ600人が決起 改憲・共謀罪適用阻止を誓う

20181213f-1.JPG 12月8日、大阪市・中央区民センターで、「労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・8集会」(主催・実行委員会)が600人の大結集で打ち抜かれた。8月以来の全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部に対する滋賀、大阪における弾圧で、武建一委員長をはじめ組合員のべ40人が不当逮捕、12人が現在も不当勾留されている。「共謀罪のリハーサル」(集会決議)であり、改憲に向かう安倍政権の組合破壊攻撃そのものだ。逮捕された仲間は完全黙秘を貫き、外の仲間は弁護団と一体となった救援活動、差し入れ、毎週土曜の警察署抗議行動などを激烈に展開し、日々攻撃を打ち砕いている。集会は一人一人の組合員と心の底から団結し、弾圧に総反撃する決意を打ち固める決起の場となった。
 全労働者への弾圧
 集会は実行委員長の樋口万浩さん(全港湾大阪支部委員長)のあいさつで始まった。一連の弾圧の経過を明らかにしたビデオの上映に続き、関西生コン支部の坂田冬樹副委員長が報告を行った。

5年雇い止め撤回へ 仙台「村岡さんの闘いは希望だ」

20181213b-1.jpg 12月8日の「村岡さんへの『5年雇い止め』を撤回させよう 12・8みやぎ集会」には、仙台市職労の組合員をはじめ、60人の仲間が集まりました。
 主催者を代表して「村岡さんへの『5年雇い止め』撤回を求める裁判を支援する会」のよびかけ人である仙台市社会福祉協議会職員労組の三浦早苗さんが闘いの経過報告を行いました。その要約を報告します。
 「3月末の雇い止めを阻止するために『私たちはゴミじゃない!』と訴え、必死に闘ってきました。しかし、29人が雇い止めされたとき本当に悩みました。この先どうすれば良いんだろう? 組合の委員長、書記長を雇い止めにされて、経験の浅い自分たちに組合を続けることはできるのか?――不安な気持ちでいっぱいでした。でも、このまま終わりたくない。闘いを無駄にしたくない。そう思い悩んでいたとき、村岡靖昭さんは『闘いは雇い止めで終わりじゃない。雇い止めを撤回させる道がある』と裁判を決断してくれたんです。雇い止めとなった村岡さんは、私たち以上に悩んだと思います。私は村岡さんの決意を聞き、ここに希望があると確信しました。

ダイ改阻止へ決戦態勢 動労総連合が定期全国大会

20181213a-1.JPG 動労総連合は12月9日、DC会館で第33回定期大会を開き、3月ダイヤ改定時に強行されようとしている乗務員勤務制度の改悪阻止を当面の焦点に、組織拡大で第3の分割・民営化攻撃に立ち向かう決戦方針を確立した。
 開会を宣言した石井真一副委員長(動労水戸)は、「労働組合のない社会」をつくろうとするJRに抗して、組織拡大で闘いを前進させようと呼びかけた。
 田中康宏委員長(動労千葉)があいさつに立ち、まずこの1年の闘いを総括した。1047名解雇撤回闘争はJR復帰を実現するところに手をかけたが、だからこそ審査打ち切りという労働委員会の大反動に直面していると述べ、これと対決する新たな行政訴訟が始まったことを明らかにし、解雇撤回へ闘い抜くことを訴えた。また各単組の非正規職組合員の解雇撤回の闘いも、各地の運動の結集軸となり、敵を追い詰めていると総括した。

関生支部弾圧粉砕へ大集会

20181210c-1.JPG 12月8日、「労働組合つぶしの大弾圧を許さない!12・8集会」(主催/実行委員会)が大阪市・中央区民センターで開かれ、全日本建設運輸連帯労組関西地区生コン支部に対する弾圧への反撃を宣言した(写真)。今年8月以来、武建一委員長ら組合員のべ40人が不当逮捕され、12人の勾留が続いている。共謀罪適用と労組活動禁止を狙った大弾圧だ。集会には会場満員の600人が結集し、関生支部の坂田冬樹副委員長が経過報告と反撃の状況を明らかにした。また接見禁止中の武委員長のアピールも読み上げられた。(詳報次号

韓国 全国民衆大会に1万5千人 ムン政権の改革逆行に怒り

「われわれ民衆が世の中の主人だ」
20181206d-1.JPG 「われわれが社会の主人だ! 民衆が主人となる世の中へと進もう!」――12月1日午後、ソウル・ヨイドの国会前で全国民衆大会が開催され、1万5千人が結集した。
 主催は、民主労総に加えて農民や露天商などの団体をはじめとする50以上の団体からなる「民衆行動」だ。参加者たちは、2015年に発足した「民衆総決起」陣形を引き継ぎ、パククネ政権打倒のろうそく革命に向けて体を張って闘い抜いてきた人々だ。ムンジェイン政権の発足後初となった今大会では、「止めろ!改革逆走行」というボードが会場を埋め尽くし、ろうそく革命を裏切って財閥優遇の政策を進めるムンジェイン政権と、積弊清算を妨げる勢力に怒りの声をたたきつけた。大会終了後には国会を包囲するデモが行われた。

福島で東北青年集会 村岡さんの雇い止め撤回へ

20181129a-1.JPG 11月23日、福島市内で東北青年労働者交流集会を行い、東北各地から40人が集まりました。
 まず、村岡靖昭さんが仙台市社会福祉協議会での5年雇い止め撤回闘争を熱く語りました。今年3月末、村岡さんら仙台市社協の労働者29人は、「5年以上働かせる財源がない」として雇い止めにされました。2013年の改悪労働契約法施行前には5年を超えて働く労働者もいた経緯を無視した、無期転換逃れの不当な雇い止めでした。村岡さんは、全国1500万の有期雇用労働者が5年で雇い止めにされる状況が毎年続くことを許さないために、裁判に立ったと報告しました。裁判勝利は村岡さん1人に限らず、全国の労働者に大きな影響を与えます。

関西生コン支部弾圧弾劾

 11月21日、国家権力・大阪府警は、全日本建設運輸連帯労組関西地区生コン支部への新たな弾圧を強行した。武建一委員長を再逮捕し、武洋一書記長ら4人を威力業務妨害罪で逮捕した。これは関西生コン支部が昨年12月の輸送ゼネストの一環として実施した、宇部三菱大阪港SS(セメント出荷貯蔵基地)と中央大阪生コンにおけるストライキを口実とした弾圧だ。
 11月21日付産経新聞は「武被告と3容疑者は、ほかの幹部らと共謀。昨年12月12〜13日、......ミキサー車の前に立ちふさがるなどして、業務を妨害した疑い。武被告は、当時現場にはいなかったが......一連の行為を指示した」と報じた。労働組合がストを協議したこと自体を犯罪とする、共謀罪弾圧そのものだ。
 しかし、この間の大弾圧に関西生コン支部の全組合員が完全黙秘・非転向で団結を堅持して闘い、弾圧をその根幹で粉砕している。改憲・戦争の時代の共謀罪との闘いに攻勢的に挑み、勝利している。「労働組合つぶしの大弾圧を許さない!12・8集会」(午後6時30分、大阪市立中央区民センター。主催・労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会)にすべての労働者は結集し共に闘おう。

特区連が大幅賃下げぶっ飛ばす ストで闘う労働組合の団結の勝利

20181127b-1.JPG 大幅賃下げを阻止したぞ! 東京・特別区(23区)の自治体労働者、特区連(特別区職員労働組合連合会)と東京清掃労組は、人事委員会による史上最悪の賃下げ勧告の実施を区長会当局に見送らせる大勝利をかちとった。月1万〜2万円の賃下げをどうして許せるか! 職場の団結がよみがえった。ストライキで絶対に阻止する労働者の固い意思が組合破壊の歴史的攻撃を打ち破った。労働者の大反撃の始まりだ。
 職場の団結がよみがえる
 最悪の人事委員会勧告に特区連と東京清掃労組の労働者は怒りを爆発させて絶対反対の闘いに突入した。
 労働者の持つ最大の力は闘う団結だ。特区連の抗議署名は組合員4万人に対し5万4468筆に達した。現場の組合員が管理職や臨時職員からも集めて積み上げた署名だ。職場全体の団結がよみがえった。

こども園・小中学校統廃合に反対 豊中集会で新たな団結

 20181127a-1.jpg 11月23日、大阪・豊中市で「こども園の民営化を許さない会」、保護者の会、住民の会、婦人民主クラブ全国協大阪北支部が主催する「こども園・小中学校の統廃合に反対する交流集会」に120人が集まり、闘いの新たなスタートを切りました。
 最初に司会の豊中市職の深町加代子さんが、集会をなぜ持つにいたったのかを話しました。「30年保育士として働き、労働組合として、戦争・差別を許さない闘いをしてきました。前回の保育所民営化の時は、保育士だけで反対し強行されました。今回は、保護者、住民と一緒に反対したら力関係を変えられると思い、呼びかけました。なぜ公立保育所が必要なのか。戦争・差別を許さない仲間づくりの保育を公立保育所ではやっています。学校では競争し、社会に出たら一生派遣。こんな社会は変えなくてはいけない。それを保護者、住民とやっていけるのが公立保育所です」と語りました。

郵政の評価制度廃止を 愛媛県労委で現場の仲間が証言 団結破壊の不当労働行為暴く
20181122a-1.JPG 往復2時間半超の局へ強制配転
 11月6日、スキル評価制度と無期転換制度、人事・給与制度の廃止を求める愛媛県労働委員会の当事者調べがあり、申立人6人が質問と証言に立ちました。補佐人全員と愛媛の仲間、さらに大阪からも仲間がかけつけてくれました。
 正社員のMさんが証言に立ちました。人事・給与制度との闘いについて、「納得のいかない人事評価に対して不服申し立てをしたが却下されました。また1年越しの要求で通区)をし、ようやく賃金が上がった次の異動で通勤が往復2時間半以上の局へ強制配転されました」「賃金差額の支給を求めて労働基準局へあっせんを申し出たが会社は話し合いを拒否し打ち切りに」「同じ仕事をしても管理職で評価がかわる」と事実経過を述べ、「社員をイエスマンにするためにみせしめに不利益を与える。組合員への支配介入は労働組合への支配介入です」と怒りを表明し、「今回会社を引っ張りだし、労働委員会をやった意味がありました」と語りました。

next archives

Home> 労働運動アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top