Home> 労働運動アーカイブ

労働運動の最近のブログ記事

建設交運のゼネストを 鈴コン共闘総会 安倍打倒を決意

20170720c-1.jpg 7月16日、鈴木コンクリート工業分会闘争支援・連帯共闘会議第6回総会が東京・秋葉原で開かれ、東京西部ユニオン鈴コン分会を先頭に改憲阻止・安倍打倒の大決戦に突入する決意を打ち固めた。総会に先立ち、鈴コン分会は第10回分会定期大会をかちとり、安倍の改憲・労働改悪に対して職場からストライキで反撃する態勢を確立した。
 総会では冒頭、主催者あいさつで共闘会議呼びかけ人の花輪不二男代表が、「残業代ゼロ」法案を政府と合意した連合を弾劾するとともに、「安倍は朝鮮戦争を画策している。戦争をさせない決意をもって闘いに挑もう。これが鈴コン闘争の使命だ」と訴えた。

日教組大会で連合打倒訴え

20170720b-1.jpg 7月15〜16日、日教組第106回定期大会が東京都内の日本教育会館で開かれた。労組交流センター教育労働者部会は、連合と一体化して労基法解体を推進する本部を弾劾し、「『働き方改革』粉砕! 連合打倒しストで闘う日教組を! 改憲阻止ゼネストで安倍倒そう」と訴え、ビラと『前進』を配布し情宣活動に立った。代議員は横断幕を見てうなずきながら入場。大会では「憲法改正反対の特別決議」が採択された。改憲阻止決戦の火ぶたが切られた。

〝小池知事は出てこい〟 福島署名解雇 団交で都の責任追及

20170717a-1.JPG 7月13日、東京西部ユニオンと「都庁ふくしま署名解雇を許さない会」の仲間11人で、都庁議事堂レストランを運営する株式会社はなまるとの3回目の団交を行った。
 都議選を闘って安倍を断崖絶壁に追いつめ、小池百合子東京都知事の正体もここで暴くぞという意欲と確信にあふれて闘った。組合は責任逃れに終始する小池に対して今回の団交に出席するよう申し入れを行っていたが、小池は逃亡した。
 冒頭に、この間、支援共闘組織の「都庁ふくしま署名解雇を許さない会」を結成し、その仲間が出席していることを告げて団交を開始した。

動労東京八潮支部が大井工場前行動

20170706c-1.JPG 6月28日朝、JR東日本東京総合車両センター(大井工場)の(株)交通機械サービスに対し、動労東京八潮支部による夜間勤務の改善を要求する門前行動が、都議選に立候補した北島邦彦候補に連帯して闘い抜かれました。
 雨の中、動労東京八潮支部、動労総連合、なんぶユニオンは、続々と出勤する労働者にずさんな労働時間管理や36協定未締結のまま日勤と徹夜勤務を通しでやらせている実態を暴露しました。14時間10分の拘束時間中、仮眠時間は3時間。仮眠室もなく、詰め所で横になっていると発注元の東京臨海鉄道から電話が入り、直接「汚物処理」の業務指示が出る「偽装請負」の多発で睡眠時間を奪われています。
 八潮支部支部長が配るビラを労働者は傘をさしながら受け取りました。画期的だったのは、元国労闘争団で解雇撤回を闘ってきた小玉忠憲さんが国鉄1047名被解雇者として大井工場で働く労働者に訴えたことです。JRの不当労働行為による解雇撤回を30年闘い続けていること、国鉄分割・民営化の大破綻、安全破壊の外注化と非正規職化阻止の訴えが、JR下請け会社で非正規で働く多くの労働者に届きました。
 動労西日本の山田和広書記長も駈けつけ、第2の分割・民営化である全面外注化、総非正規職化と、労働組合の団結で闘おうと呼びかけました。都議選の小池ファースト支配はプロレタリア世界革命の烽火(のろし)です。労働者人民の総決起で打倒しましょう!(多良川みやこ)

動労千葉 組合の総力あげ反撃を決意 定期委開き方針確立

20170629a-1.JPG 動労千葉は6月25日、DC会館で第77回定期委員会を開いた。今回の定期委員会は、6月9日の「エルダー社員の会社における業務範囲拡大」提案を突破口に、JR東日本が全面的な業務の分社化に踏み出してきたこととどう対決するかが最大の課題になった。
 あいさつに立った田中康宏委員長はまず共謀罪強行情勢の中で、戦争と民営化への総反撃を宣言した国鉄闘争全国運動6・11全国集会の意義を押し出した。そして、安倍が秋の臨時国会に改憲案を提案すると表明したことを弾劾し、2020年までの大決戦に立とうと訴えた。また、国鉄分割・民営化以来の新自由主義の攻撃が社会を大崩壊させているが、この現実の中に反撃の手がかりがあると指摘した。

安倍を監獄へ 小池をたおせ! 東京都議会議員候補 北島邦彦さんの訴え

20170626a-1.JPG 私がまず最初に訴えたいことは、安倍首相を監獄に送り込むことです。首相の権力を使って国政と人民の血税を私物化した。加計学園に流れた血税は440億円にのぼる。これで自分の「腹心の友」に大もうけさせた。絶対に許せません。
 安倍政権のもとで政治も経済も、今の社会全体が根底から腐りきっています。「国家戦略特区」「規制緩和」などと言って、権力者と一握りの大企業が癒着して利権構造をつくってきた結果です。既成の野党もこれと闘うどころか、逆に容認し擁護してきた。それが安倍の国家犯罪をここまでのさばらせてきたのです。
 今やこの構造全体を粉砕し尽くす時が来ました。韓国ではすでに、財閥と結託して国家権力を私物化したパククネが、労働者のゼネストと民衆総決起によって打倒され、逮捕・投獄されました。私たちも同じ闘いをやろう! やればできる! その出発点こそ今度の都議選です。

都庁レストラン不当解雇で小池都知事に団交を要求

20170622f-1.JPG 6月21日、東京西部ユニオンは、都庁議事堂レストランで働いていた柿沼庸子組合員への不当解雇を弾劾し一日行動を闘った。
 「被曝と帰還強制反対署名」などの組合活動を理由とした解雇は不当労働行為であるとし、その最大の責任者である小池知事を被申立人として東京都労働委員会に救済を申し立てた。さらに小池知事が団交に出るよう都に申し入れた。記者会見の後、情宣行動で支援を訴えた。豪雨にもかかわらず多くの労働者が共感を示し、解雇撤回署名に応じた。

労働者こそが主人公 郵政労働者 星野勝紀

 私たちは、無期転換制度の1年半前倒しに対して、その根幹であるスキル評価制度撤廃の労働委員会闘争を開始しました。私たちは、無期転換制度、スキル評価制度そのものが職場の団結を破壊する不当労働行為であると訴えました。
 無期転換制度は安倍政権のいう「働き方改革」そのものです。安倍首相は「非正規という言葉をなくす」と言っています。郵政で導入されたアソシエイト社員の労働契約には「業務の縮小、事業所の廃止で雇止め」と明記されており、低賃金で退職金もなしという労働条件です。さらにスキル評価を無期転換の条件にしています。安倍政権は、この無期転換制度を利用して、これが未来の「正社員のあり方」だと言っています。こうしたことがエスカレートすると、これまでの年功賃金や終身雇用、退職金制度、年金制度までが破壊され、社会そのものが崩壊していきます。

労働現場から 戦争を職場から止めよう 現場は都営交通民営化絶対反対を求めている

解雇攻撃許すな
 小池都知事による東京都丸ごと民営化が開始されています。市場、保育、都営交通、すべてを民営化して労働組合=都労連を解体する攻撃です。その中で、都庁議事堂レストラン解雇撤回の闘いが決定的になっています。都労連はかつて国鉄1047名解雇撤回闘争の最大の支援勢力でした。労組指導部が4・9政治和解で闘いの旗を降ろして解雇撤回を投げ捨てても、現場には本気で解雇に怒り、この闘いを下から支えてきた誇りある労働者が大勢います。だからこそ「解雇撤回」の闘いは必ず現場労働者の怒りを呼び覚まし、東交をはじめ、自らの職場の外注化・非正規化と闘う力となるはずです。
 東交定期大会での民営化を問う発言から、議論が開始されました。小池が前大阪市長・橋下のブレーンだった上山信一を都政改革本部・特別顧問に据え、民営化の意思をむき出しにしていることに対して、現場の労働者は民営化絶対反対の闘いを求めているのです。

動労総連合青年部など1600人が国鉄集会

20170615d-1.jpg韓国鉄道労組との絆強め
 6・11国鉄集会は東京・江戸川区総合文化センターで動労総連合を先頭に全国から1600人が集まってかちとられた。昨年74日間のストライキを闘い、パククネ政権打倒の全民衆総決起の先頭に立った韓国鉄道労組の2人の仲間が参加して日韓労働者の国際連帯の絆を一層強く結んだ。この日、国鉄闘争全国運動が呼びかけ、集会に先立って午前中に闘われた共謀罪阻止の銀座デモには900人が立ち、労働組合の赤旗を林立させた力強いデモに沿道の圧倒的な注目が集まった。
 集会では、前日に動労総連合青年部の結成と動労総連合北海道の結成がかちとられたことが報告され、さらにこの日をもって動労総連合1047協議会が結成されたことが高らかに宣言された。

next archives

Home> 労働運動アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top