Home> 労働運動アーカイブ

労働運動の最近のブログ記事

国鉄決戦に勝利し改憲阻止へ 1047名解雇撤回・ダイヤ改定阻止を 関西生コン支部弾圧に反撃誓う

20190214b-1.JPG 2月10日、千葉県・市川市文化会館で「国鉄分割・民営化による不当解雇から32年 2・10国鉄集会」(主催・国鉄闘争全国運動)が開かれ、620人が結集した。全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部に対する2月5日の大弾圧への怒りと反撃の決意に燃え、改憲と「働き方改革」に対し国鉄闘争を軸に一大反撃に出る出発点を築いた。国鉄分割・民営化に次ぐ大攻撃に乗り出したJRの3月ダイヤ改定と闘い、動労総連合の組織拡大をかちとると参加者は誓い合った。
 組織拡大に全力
 集会は国鉄闘争全国運動呼びかけ人の伊藤晃さんの開会あいさつで始まった。伊藤さんは関西生コン支部への弾圧や動労総連合の不当労働行為申し立てに対する千葉県労働委員会の審査打ち切りについて「団結権への正面攻撃だ」と弾劾し、「私たちの全国での闘いが全社会に広がる改憲攻撃との闘いだ」と位置づけた。そして、非正規職労働者の怒りの先頭で天皇即位と対決し、5・1メーデーに立とうと訴えた。

改憲・戦争許さない行動を 広島の教育労働者が声明 決意固め、全国に呼びかけ

20190214a-1.JPG 「被爆地ヒロシマから全国の教職員の仲間に、改憲と戦争を許さない行動を呼びかけます」――2月10日、現職83人、元職26人の計109人が名乗りを上げ、「改憲・戦争阻止! 教え子を再び戦場に送らない! 広島教職員100人声明」(全文別掲)を発しました。新自由主義と戦争教育の突破口である「広島つぶし」の1998年是正指導(文部省の介入で自殺者まで出した「日の丸・君が代」強制)から20年。不屈に闘い続けてきた広島の教育労働者が歴史的な反撃ののろしを上げたのです。
 昨年9月末に4人の呼びかけ人でスタートした100人声明運動は非公表の賛同人も加えると140人になりました。広島市で開かれた「100人声明集会」には、呼びかけ・賛同人の教職員・元教職員15人を始め55人が集まりました。集会は100人声明を実現した自信と闘いへの確信に満ちあふれていました。

不法派遣のAGC起訴しろ 解雇撤回へ旭支会が記者会見 ソウル

20190204a-1.JPG 1月29日、ソウルの大検察庁前で「『不法派遣先延ばし捜査、(悪徳法律事務所の)キム&チャンと取引したのか』/ムンムイル検察総長に尋ねます!」の横断幕を掲げ、旭非正規職支会は、検察捜査に対する抗議の記者会見を行った。現代自動車や起亜自動車、韓国GMなどの非正規職労組組合員と共に立ったチャホノ旭支会長は、「昨日、旭硝子の不法派遣問題について、捜査審議委員会に送る」との連絡を受けたと語り、自らAGC(旭硝子)を起訴せず、捜査審議委員会に送るとは、責任回避だと弾劾した。検察捜査審議委員会は17年12月に作られ、検察ではなく専門家集団で構成されている。

自治労中央委  「会計年度職員」攻防の正念場 自治体部会パンフが大反響

20190131a-1.jpg 1月30~31日、自治労第156回中央委員会が開催された。全国の自治体で会計年度任用職員制度をめぐる攻防が正念場を迎え、この攻撃を真っ向から批判・断罪する労組交流センター自治体労働者部会のビラとパンフ(討議資料)が議場内外で大反響を呼んだ。
 会場は2・10国鉄集会と同じ市川市文化会館だ。自治体部会の仲間は、初日30日に会場前に登場し、ビラとパンフをまき切った(写真)。例年並みに用意された200部は途中でなくなり、予備の分を追加するほどの受け取りの良さだった。何人かは自らビラとパンフを求めてきた。「米教員スト(UTLA)が大勝利」と報じる『前進』も注目を集め、同部数が手渡された。獄中44年、無実の星野文昭さんの解放を求める「要望書」に、短時間ではあるがその場で11人が署名しカンパも寄せてくれた。星野さんが44年も獄に囚われながら沖縄闘争を貫き不屈に闘いぬいていること、角田義一さんや小森龍邦さんも呼びかけていることに皆感銘を受けていた。

米教員ストが大勝利 公教育破壊に歴史的反撃

20190128a-1.jpg 1月22日朝、ロサンゼルス統一教組(UTLA)とロサンゼルス統一学区(LAUSD)は21カ月ぶりに労働協約が暫定合意に達したことを発表した。14日に突入したストライキは17日から協約交渉が再開され、土日祝日も含めた5日間、早朝から夜遅くまで行われた交渉でUTLAの要求のほとんどが満足のいくものとして勝ちとられた。
 地域社会を利する労働協約かちとる
 「公教育、教育労働者、生徒、保護者、それにコミュニティーにとって、歴史的な勝利です。UTLAの組合員は本当にすばらしい」とアレックス・カプートパール委員長は記者会見で語った。給与の6%アップ、クラス人数の削減、看護士や図書館司書など専門職教師の常駐体制、テストの半減、チャータースクールの規制などこの数十年間で公立学校が奪われてきた様々な事柄を取り戻す合意内容だ。その上、コミュニティースクールの設置などUTLAが理想とする教育体制の実現も見えてきた。

米UTLA3万人がスト 「闘って公教育を守り抜く」

20190121c-2.jpg 限りなく明るく活気にあふれて
 1月14日、ロサンゼルス統一教組(UTLA)の3万人を超える教職員が、ロサンゼルス統一学区の全校で、賃上げと教育環境の改善を求め、30年ぶりの大ストライキに立ち上がった。
 ストは豪雨の早朝から始まった。7時30分、教師たちがそれぞれの学校の前でピケットラインを張り、保護者や生徒たちが支援に駆けつけた。高校生は独自に教師支援のストライキに立ち「私たちの先生を支援し自分たちの教育環境を改善するため、ピケッティングを行っている」と語った。
 10時30分には各地区から教育労働者と支援者が結集し、ロサンゼルス市街のグランドパークが5万人を超える人びとであふれた。ILWU(国際港湾倉庫労組)、SEIU(統一サービス労組)、大学教職員協会などのカリフォルニアの他の労組も支援に加わって、マスコミ各社もレポーターを派遣して大きく報道した。CNNのレポーターは、「25年間ロサンゼルスに住んでいるが、こんなに多くの人が集まっている様子は初めて見る」と報道している。

中央タクシー分会長への襲撃弾劾 群馬合同労組が怒りの声明

20190117e-1.jpg 群馬合同労組は、1月20190117e-2.jpg10日、以下の声明を発表した。2015年6月の中央タクシー分会結成から3年半。会社の組合つぶしと、2回のストライキをはじめとした職場闘争、労働委員会、裁判などを闘い、会社を追いつめてきた。去年9月には長野・新潟を含め「全中央タクシー労働組合」が結成され、勝利の地平が職場を変える段階に入った、まさにその瞬間、分会長への襲撃である。本人のPTSD(心的外傷後ストレス症候群)の後遺症、家族の不安と動揺など、苦しい40日を乗り越えて、ついに反撃が始まった。
 「平成」の30年は、国鉄分割・民営化によって連合が登場し、労働組合の力と団結が解体され、非正規職化とブラック企業化の結果、労働者が資本によって殺され、人生を破壊されてきた30年だ。これとの闘いは、資本との壮絶な闘いになる。闘う労働組合だけが、労働者の希望となる時代だ。
 群馬合同労組はK分会長と団結し、組織拡大と職場の闘いの爆発で必ず落とし前をつける。すべてのみなさんのご支援をお願いします。(群馬合同労働組合・清水彰二)

組織拡大へ熱く討論 動労水戸 大会・旗開きで団結固め

  画期的な10月スト
20190117c-1.JPG 動労水戸は1月14日、水戸市内で第37回定期大会を開催し、団結して組織拡大に向かう態勢を築いた。
 あいさつに立った石井真一委員長は、昨年の闘いを振り返り、「常磐線特急の車掌1人乗務化と水郡線ワンマン運転拡大に反対した10月のストライキは、動労水戸の新たな闘いの出発点になった」と総括した。このストは、東労組の青年を動かし、彼ら自身が1人乗務反対のビラまきを100人を動員し各地で行う行動につながった。石井委員長は、「動労水戸は、車掌の仕事が何も顧みられず切り捨てられることへの東労組青年の怒りを引き出し、職場根こそぎの決起をつくり出した」と述べ、これを3月ダイヤ改定時の乗務員勤務制度改悪阻止の闘いにつなげようと提起した。

韓国 死の外注化を止めろ! 青年非正規職虐殺を弾劾

20190117a-1.JPG 昨年12月11日、韓国西部発電泰安(テアン)火力発電所で、石炭を運搬するベルトコンベヤーを点検していた24歳の下請け企業労働者・キムヨンギュンさんがコンベヤーに挟まれて死亡した。以前は発電所の正規職が2人1組で行っていた業務が外注化により下請け労働者1人だけに変えられ、ヘッドライトも支給されなかったために起こった事故だ。外注化がまたも労働者を殺した! 2010年からの8年間に、この発電所では計12人の下請け労働者が死亡している。政府・資本による虐殺をこれ以上許してはならない。
 兵役を終えたキムさんは9月に泰安火力発電所を運営する下請け企業の契約職として入社したばかりで、「1年勤務すれば正規職に転換される」という条件だった。死のわずか2カ月前の、「ムンジェイン大統領、非正規職労働者と会いましょう。労働悪法をなくし、不法派遣責任者をこらしめ、正規職転換は直接雇用で」「私、キムヨンギュンは火力発電所で石炭設備を運転する非正規職労働者です」というボードを手にした写真が彼の遺影となってしまった。

動労千葉 国鉄決戦で安倍打倒・春闘勝利 組織拡大で反転攻勢を 団結固め新年旗開き

20190114a-1.JPG 動労千葉は1月12日、2019年団結旗開きを千葉市・DC会館で行った。動労千葉組合員はJR資本の攻撃に怒りをたぎらせ、組織拡大で反転攻勢に立つ意欲に燃えている。支援もこの決意に応え、今年を勝負の年にすることを固く誓い合った。
 結成40周年の年
 田中康宏委員長が年頭のあいさつに立ち、「今年は動労千葉にとって大きな節目の年だ。JRはグループ経営ビジョン『変革2027』に示されるように、国鉄分割・民営化に次ぐ大転換期に入っている。会社が東労組を見放した途端、東労組は崩壊した。われわれは労働者らしく団結し、自ら闘う以外にない。動労千葉はそれを三十数年、主張し、示し続けてきた。今年は必ず組織拡大を実現する。必ずできる。職場に怒りの声が渦巻いているからだ」と切り出した。

next archives

Home> 労働運動アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top