Home> 労働運動: 2011年7月アーカイブ

労働運動: 2011年7月アーカイブ

関西生コン弾圧、13人全員の保釈奪還かちとる!

s20110726a.jpg 13人ものデッチあげ逮捕としてかけられた全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部への5・11弾圧について、7月22日、不当逮捕・起訴された13人全員の保釈奪還が勝ちとられた。これまでの関生弾圧では、保釈条件で「組合活動禁止」などの不当な条件をつけていたが、今回はこうした条件を一切つけさせなかった。まさに決定的勝利だ。
 これは、7月17日の大阪中之島剣先公園に1000人を結集した反弾圧集会と大阪府警への大デモ(写真)がかちとった実力奪還の勝利である。そしてなにより当該組合員の完黙・非転向の獄中闘争と、139日の「産業ゼネスト」を打ち抜きゼネコン支配を打ち破ってきた関生支部の産業政策闘争がつくりだした画期的勝利である。 

右翼も猛暑もぶっとばし、反原発・反失業の吉祥寺デモ第2弾!

s20110712a-1.jpg 7月10日、反原発・反失業の吉祥寺デモ第2弾が、東京・吉祥寺の繁華街で梅雨明けの猛暑を突き意気高く打ち抜かれた。主催は労組交流センター青年部準備委員会。青年労働者を先頭に350人が結集、太鼓隊のリズムに合わせた解放感あふれるデモは、街ゆく人びとの圧倒的な共感と注目を集めた。
 デモに先立ち青年・学生が次々とアピール。主催者あいさつに立った青年労働者は「あらゆる資本の支配を覆す職場からの闘いを全国でまきおこし、原発を止め、社会を変えよう。国鉄闘争の終結を許さず、闘う労働組合をよみがえらせよう!」と確信をもって訴えた。 

Home> 労働運動: 2011年7月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top