Home> 労働運動: 2012年8月アーカイブ

労働運動: 2012年8月アーカイブ

動労西日本先頭に広島で8・28外注化阻止総行動をうちぬく

s20120830d-1.jpg 8月28日、動労千葉が検修職場全体のストライキに突入し、職場を揺るがす闘いをやり抜いた。同時に、動労千葉と動労水戸・動労総連合の出向対象職場の労働者は、強制出向差し止め仮処分の申立に決起した。JR東日本を相手取り、検修・構内業務の外注化とそれに伴う強制出向の差し止めを求める仮処分の訴えを東京地裁に起こしたのだ。その闘いに呼応して、動労西日本を先頭に、広島連帯ユニオンの闘う労働組合、動労千葉を支援する会・広島の仲間15名は、朝7時半よりJR西日本広島支社前でのビラまきと街頭宣伝に決起した。 

8・28総行動での動労千葉・田中委員長の発言

s20120830c.jpg 動労総連合の8・28総行動の報告集会(弁護士会館)で行われた、動労千葉の田中康宏委員長の発言を以下、紹介します。

 10・1検修外注化絶対阻止へ最後の正念場の闘いに突入しました。この攻撃は東京約400人、千葉で約90人、水戸80人、高崎で50人、東日本全体で1000人余りの強制出向を伴う業務外注化です。今回の外注化は検修・構内部門の半分です。来年には追加的外注化、3年以内にさらに大規模な外注化、ほぼ5年間でJRの車両検査修繕部門のすべてが下請け部門に放り出される。雇用は破壊され、最終的には転籍―非正規職化まで必ず行き着きます。 

動労総連合が集団訴訟に関し記者会見

s20120830b.jpg 8月28日、弁護士会館での集会終了後、司法記者クラブで今回の動労総連合の集団訴訟に関する記者会見が行われた。
 冒頭、動労千葉の田中委員長が申し立ての趣旨説明を行った。2001年以来のJR東日本での業務外注化の現状、なんの技術・経験もない下請け会社に管理者や労働者をそっくり持っていく今回の業務委託の異常性、偽装請負と安全破壊の問題などを解説し、「こうした外注化は社会全体で一般化している。労働組合自身がこれを認め、格差社会や貧困化に手を貸してきた。本訴訟は“こんな現実を認めておいていいのか”という労働組合としての問題提起でもある」と述べた。 

動労総連合が外注化阻止・強制出向差し止めの集団訴訟に決起

s20120830a-1.jpg 動労総連合は8月28日、「強制出向粉砕・偽装請負弾劾」を掲げて外注化阻止総行動に立ち上がり、ストライキと労働局申し入れ、さらに外注化と強制出向差し止めを求める集団訴訟を東京地裁に提訴した。「ありとあらゆる闘いで外注化と強制出向、非正規職化を絶対に止める!」――ほとばしるような怒りと決意で全組合員が終日行動を貫徹した。またこの闘いの渦中で、動労水戸、動労西日本で組織拡大を実現する決定的前進が切り開かれた。
 動労千葉はこの日、検修職場の全組合員が始業から勤務明けまでの24時間ストに決起した。9時からDC会館で開催されたスト突入集会に各職場から続々と組合員と支援が結集した。 

大阪市役所前で「入れ墨」処分に反撃の大アジテーション

s20120829a-1.jpg 8月29日、橋下・大阪市長による「入れ墨」処分に対する反撃が大阪市役所前でたたきつけられた。処分攻撃の当該である大阪市職の赤田由行さんを先頭に、9・16集会実行委員会に参加する自治体労働者や教育労働者、全日建運輸連帯労組関生支部、全国金属機械労組港合同、関西合同労組、全社連労組など総勢50人が抗議の宣伝活動を行った。 

労組交流センターが自治労連大会に登場し、組合員の怒りと結合!

s20120828a-1.jpg 8月26日、全国労組交流センター・自治体労働者部会は、愛媛県松山市で開催された自治労連大会に登場し、ビラまきと9・16橋下打倒集会の賛同署名取りを行った。
 部会の仲間は「民営化、現業首切り許すな」と訴えながらビラをまき、組合員は次々に自分からやってきて、ビラを受け取り署名に応じた。組合員は「橋下打倒」と「子ども子育て新システム反対」の横断幕を見て共感し、署名に応じながら「処分はおかしい」「現場の民営化が進んでいる」と危機感や怒りをあらわにした。自治労連執行部が闘う方針を出さないからだ。 

10・1外注化阻止へ動労水戸の全組合員が第1波ストに決起

s20120826a-1.jpg 動労水戸は8月24日、検修・構内業務の外注化絶対反対を掲げて全組合員がストライキに立ち、総決起集会とJR水戸支社抗議行動を闘った。大子支部における被曝労働反対の長期指名ストライキ態勢はいまも継続中だ。この闘いが切り開いた先進的地平に立ってこの日、満を持して全組合員が第1波ストに決起し、正念場中の正念場である8月末から9月前半の闘いに向けてがっちりと総決起態勢を打ち立てた。
 勝田車両センターや水郡線営業所運輸科などでの早朝ビラまきを闘った組合員が、水戸市内に続々と結集した。午後、多くの家族、支援とともに水戸地裁での損害賠償請求訴訟第4回口頭弁論に臨んだ。その後、近くの会場に移動し総決起集会を開催した。 

「橋下に負けるな!」―自治労青年部総会でも9・16集会への賛同続々

s20120820b.jpg 9・16橋下打倒集会への支持と共感が全国の自治体青年労働者に広がっている!
 8月18日に東京都内で開かれた自治労青年部総会で、労組交流センター自治体労働者部会が9・16橋下打倒集会を会場前で呼びかけた。「民営化=全員解雇絶対反対! 非正規職撤廃! 労働組合つぶし許すな! 9・16橋下打倒集会」のチラシと、9・16集会を呼びかける大阪の自治体労働者の訴えを配布、橋下打倒集会への賛同署名を「大阪市長の橋下を打倒しよう」という垂れ幕を署名板につけて集めた。 

自治労女性部総会、野田・橋下打倒の訴えに「私もよ!」「頑張って!」

s20120820a.jpg 8月18日、東京の砂防会館で、第57回自治労女性部総会が開催された。全国労組交流センター女性部は、朝9時25分、総会会場前の歩道に陣取り、ビラまき情宣を開始。私たち女性部の「原発も大増税も公務員首切り、非正規化も女性労働者が立ち上がれば止められる! 団結して野田政権を倒そう!」「職場から外注化・非正規化と闘おう!」と呼びかけるビラは、次々に総会参加者の手に手渡されていった。「私も新システム反対よ!」「頑張って!」「ご苦労さん!」の声が返ってきた。土砂降りの雨、雷鳴がとどろくなか、砂防会館会玄関で「橋下を倒そう!」の9・16橋下打倒集会賛同署名の呼びかけには、足を止め、次々に署名。 

動労西日本が、山田副委員長の雇い止め解雇撤回求め提訴

 8月10日、動労西日本は山田和広副委員長の雇い止め解雇撤回を求め、東京地裁に提訴した。
 山田副委員長は、2005年12月、JR西日本岡山駅に契約社員として採用され、2009年1月動労西日本に加入し、9月に副委員長に選出された。山田副委員長は、組合方針に基づき、組織拡大の取り組みを岡山駅の職場で開始した。彼の訴えに、多くの仲間、とりわけ青年労働者は共感を示した。組合掲示板を貸与されていない動労西日本にとって、ビラが唯一の宣伝手段である。組合ビラを彼は、職場の仲間に話しかけながら手渡していった(休憩時間に、休憩室で、封筒に入れた組合ビラを、一人づつ話しかけながら、相手の同意をえて手渡した)。 

動労水戸が被曝労働拒否のストを不屈に継続! 全国から激励と支援を!

s20120810a-1.jpg 酷暑の中、動労水戸は、JR東日本水郡線営業所運輸科で強行されている気動車のラジエター除染作業に反対して、連日のストライキ態勢で闘い抜いている。7月30日の大子支部全員のストに続き、翌日からは検修職の組合員が除染作業のみを拒否する指名スト態勢に入った。当日朝、組合員に除染作業指示が出たらその場で指名ストに入るという、かつてない連日のスト態勢だ。31日にも1人がストに入り、8月3日、6日、7日と不屈の闘いが続いている。(写真は8月3日。地元労組などがストに入った動労水戸への激励にかけつけた) 

動労千葉が京葉車両センターで外注化阻止の指名スト突入

s20120809c-1.jpg 動労千葉は8月7日、京葉車両センターで働く繁沢敬一副委員長と小林俊雄さんへの不当な業務指示、露骨な組織破壊攻撃に対して、当該の2人の組合員が断固として指名ストに立った。9日にも見習指定された繁沢さんが指名ストに入った。
 検修・構内業務の全面外注化に向けた支社提案(7月24日)の翌日、京葉車両センター所長は、上記の2人を含む9人の労働者に対して、突然、仕業検査および西船橋派出の見習を指定した。見習とは配置転換のための教育・訓練だ。 

除染作業強制に反対し動労水戸が連日のストライキを決行中!

s20120802a-1.jpg 動労水戸は、労働者と地域住民の了解なき除染作業に断固反対し、7月30日に委員長はじめ大子支部の検修・乗務員全員がストライキを決行し、青年労働者への作業強制を阻止した。ストは31日も闘われた。会社は管理職や他労組を使ってラジエター除染作業を強行している。絶対に許せない!
 動労水戸は、当日朝に行われる作業指示が組合員に出されたらその場で指名ストに入るという、かつてない連日のスト態勢に突入している。(写真はストに決起した動労水戸大子支部の組合員) 

Home> 労働運動: 2012年8月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top