Home> 労働運動: 2012年11月アーカイブ

労働運動: 2012年11月アーカイブ

伊方原発包囲行動に200人が結集、再稼働阻止へ闘う!

s20121116a-2.jpg 東京百万人大占拠行動と一体で、11月11日の10時から、伊方原発ゲト前に総結集して「ストップ伊方原発再稼働!伊方現地集会」が開かれ、参加しました。
 今年6月から毎月11日に伊方原発前で座り込みを続けている「八幡浜・原発からこどもを守る女の会」の行動に加わろうと、「原発さよならネットワーク」が呼びかけた行動です。朝からの激しい雨にもかかわらず、ゲート前には地元の伊方・八幡浜を先頭に、愛媛県内から、そして大分や高知から、総勢200人が集まりました。 

民主労総労働者大会、3万人が都心をデモ行進

s20121112a-1.jpgs20121112a-2.jpg 11月11日午後2時、ソウル清渓川(チョンゲチョン)の平和市場前に労働組合の旗を押し立てて労働者が続々と結集してきた。あたり一帯が労組隊列で埋まる。チョンテイルの銅像も労働者の人波の中だ。民主労総の労働者大会が開かれるソウル駅前に向かってデモが出発した。
 先頭の横断幕に記されたスローガンは、「整理解雇撤廃! 労組破壊中断! 労働者参政権保障!」だ。金属労組の大部隊が先頭を行く。
 

ソウル駅前広場で民主労総大会前夜祭、日韓労働者の連帯さらに深まる

s20121111a-1.jpgs20121111a-2.jpg 「整理解雇中断! 非正規職撤廃! 組合破壊中断! 労働者参政権保障!」をスローガンに掲げた韓国民主労総労働者大会の前夜祭が、11月10日午後7時からソウル駅前広場で開かれた。
 日本での11・4全国労働者総決起集会をともに闘った民主労総ソウル本部のもとに、田中康宏委員長を団長とする動労千葉訪韓団が駆けつけた。50人あまりの訪韓団を前に田中委員長は「日韓労働者が今抱えている困難は同じ。11・4をともに闘ったソウル本部とともに、今度はソウルでともに闘いましょう」と呼びかけた。 

11・4労働者集会ダイジェスト@movie

「闘いは始まった!」11・4集会5800人が労働組合の復権を宣言

s20121105a-1.jpgs20121105a-2.jpg 11月4日、東京・日比谷野外音楽堂で全国労働者総決起集会が5800人の大結集で意気高くかちとられた。動労千葉、全日建運輸連帯関西地区生コン支部、全国金属機械港合同の呼びかけ3労組を先頭に、全国から闘う労働者・労働組合が大結集した。また韓米独、滞日外国人労働者が多数参加し、大恐慌、新自由主義と対決する国際的な労働者大会となった。「闘うわれわれこそが労働運動の主流派にならなければならない!」という使命感、「労働者が団結すれば、必ず資本家を倒し、新しい社会を建設できる」という確信と希望・展望がみなぎる歴史的な集会となった。最後まで、一つも聞き逃せない、中身のつまった発言が続いた。 

Home> 労働運動: 2012年11月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top