Home> 労働運動: 2014年2月アーカイブ

労働運動: 2014年2月アーカイブ

国労組合員権訴訟 国労本部打倒を法廷で宣言

20140228a-1.jpg 国労組合員資格確認訴訟の第11回口頭弁論が2月26日、東京地裁民事第11部(団藤丈士裁判長)で開かれ、石﨑義徳原告と小玉忠憲原告の本人尋問、元国労闘争団員の証言が行われた。
 この日の裁判は、国労本部の転向を徹底的に暴き、労働組合の本来のあり方を突きつけて、本部打倒を原告側が高らかに宣言する場になった。

動労千葉 JR貨物本社に抗議 韓国ゼネストに連帯し行動

20140227c-1.jpg 動労千葉-動労総連合は2月25日、「14春闘勝利! 貨物賃下げ攻撃粉砕―JR体制打倒! 韓国民主労総ゼネスト連帯!」のスローガンを掲げ、JR貨物本社への抗議行動に立った。動労千葉にとって14春闘第2波となるこの行動は、民営化反対の具体的な闘いを貫くことで民主労総のゼネストに呼応するものとして打ち抜かれた。

2・16国鉄集会 解雇撤回・外注化粉砕へ一丸 首都の労働運動を変えよう

20140221c-1.jpg 国鉄闘争全国運動は2月16日、東京、北海道、九州の全国3カ所で国鉄1047名解雇撤回を掲げた集会を開いた。
 東京のすみだ産業会館で夕方から開かれた「国鉄分割・民営化で不当解雇から27年―2・16労働者集会」は、655人の結集で闘いとられた。都知事選決戦の熱気も冷めやらぬ中での集会は、国鉄最高裁決戦を基軸に、首都圏で階級的労働運動の拠点を建設することを誓い合う場になった。

九州国鉄集会 解雇当該の怒りを共有し国鉄闘争はこれからだ

20140221a-1.jpg 2月16日、東京と北海道で同日開催された国鉄集会と連帯して、九州・福岡の地で「国鉄分割・民営化を忘れない!2・16国鉄九州集会」(主催/国鉄闘争全国運動・九州)をかちとりました。
 集会は「ドキュメント国鉄分割・民営化」と「韓国民主労総、2・25ゼネスト宣言」の2本のビデオ上映で始まりました。これらのビデオは、国鉄分割・民営化とは何だったかをあらためて思い起こさせるものでした。国鉄闘争全国運動・九州の月1回のJR行動や団結餅つき大会の模様も映し出され、韓国の鉄道民営化反対闘争とあいまって「国鉄闘争はこれからだ!」という雰囲気が盛り上がりました。

郵政非正規ユニオン都労委審判 救済申し立て棄却の反動命令

20140219a-1.JPG 2月19日東京都労働委員会が郵政非正規ユニオンの申し立てをことごとく棄却する反動「命令書」を出した。齋藤裕介委員長は、断じてこれを許さず中労委闘争を闘いぬくことを都労委に集まった組合員と支援の仲間に誓うとともに、怒りの記者会見を行った。
 都労委命令は、郵政非正規ユニオンが暴いた事実関係を基本的には認めながら、「不当労働行為とまではいえない」とするものだ。たとえば齋藤委員長と組合をつぶすために大工原重良が行った暴言と脅迫について「大工原担当課長の対応に行き過ぎの面があった」「必ずしも好ましいものといえない」としながら、「不利益取扱い又は支配介入に該当するとまではいえない」という。一事が万事「とまではいえない」のオンパレードなのである。

2・16北海道集会 旭川闘争団成田さん、秋田闘争団小玉忠憲さん迎え成功

20140218a-1.jpg 札幌市において2・16北海道集会がかちとられました。国労原告団・旭川闘争団の成田昭雄さん、秋田闘争団の小玉忠憲さんを迎え、30人が参加しました。
 この集会は「安全でないならJR北海道は運行をとめろ!」「不当労働行為なら解雇を撤回しろ!」の道内外の声に応え、「あの日を忘れるな!27年目の『2・16』」「国鉄労働者1047名の解雇撤回!」「新10万筆署名で最高裁決戦に勝利しよう!」を掲げ、韓国鉄道労組をはじめとした熱烈な連帯アピールを受けて開催されました

動労連帯高崎が旗開き 和田山委員長のあいさつに感激の声

20140213a-1.jpg 動労連帯高崎は、1月24日、熊谷市内で地域の支援者など20名近くが集まって14年の闘争にむけて旗開きを開催した。冒頭、漆原副委員長が、「昨年から闘病生活を強いられていた和田山委員長が今年の旗開きには参加していただきました。医者も、驚異的な回復だと驚くほどで、すごい精神力だと思います。これを力にさらに動労連帯は闘い続けたいと思います」とあいさつ。

動労千葉 千葉運転区前抗議行動 ライフサイクル制度撤廃

20140207a-1.JPG 2月3日、動労千葉は千葉運転区支部と青年部の主催で、「ライフサイクル制度撤廃・北嶋君を直ちに運転士に戻せ」のスローガンを掲げ、JR千葉支社千葉運転区前での抗議行動を行った。
 動労千葉の北嶋琢磨青年部長は10年2月にライフサイクル制度により千葉運転区から千葉駅に強制配転された。ライフサイクルによる駅への異動は3年とされているが、配転から3年目の今年2月1日時点でも、JRは北嶋青年部長を運転区に戻していない。

動労水戸 ポケモントレイン運行に反対しストといわき街宣

20140207b-1.JPG 動労水戸は1月31日、「ポケモントレイン」の運行に反対し、勝田車両センターで半日間のストライキを貫徹した。同日午後、ストに入った組合員を先頭に、いわき駅前に結集し、ポケモントレイン運行反対の宣伝行動をやりぬいた。

2・2橋下打倒集会に270人 労働組合の拠点建設で橋下を打倒することを宣言!

20140204a-1.JPG 2月2日、大阪市中央会館で橋下打倒集会が開催され、270人の労働者が結集した。前日、道州制攻撃の核であり大阪丸ごとの民営化攻撃である「大阪都構想」が完全に暗礁に乗り上げ、橋下市長が辞任を表明。集会場全体が「自分たちの闘いが橋下を打倒した!」というものすごい勝利感に満ちあふれた。

「闘う日教組を奪い返そう!」日教組教研集会で1万参加者に訴え

s20140201c.JPG 日教組の全国教研が、1月24日から26日にかけて滋賀県で行われました。今年は金曜日からの開催でしたが、超多忙な全国の学校現場から、全体集会には休みを取って約3000人、のべ1万人が参加しました。右翼の街頭宣伝を口実に、滋賀県警は全体会場の滋賀県立体育館周辺の市道約1キロを通行止めにする臨時交通規制を行いました。日教組本部は、組合員であってもIDカードがなければ、会場への貸し切りバスへの乗車や会場への入場を認めず、IDカードの発行を制限しました。会場には十分空き席があるのに、組合員が自由に参加することのできないものでした。それでも、日教組運動を発展させたいという思いで、全国から組合員が参加したのです。

伯備線事故弾劾! 米子で国鉄集会

s20140201b-1.JPG 1月25日、鳥取県・米子市文化ホールに40人の闘う仲間が結集して、「伯備線事故8周年弾劾!1・25米子国鉄集会」が開催され、大成功をかちとった。
 真冬の山陰としては珍しく好天に恵まれた午前中の米子駅近くの会場前の街宣には、注目が集まり、最高裁への新10万筆署名がわずか1時間ほどで48筆寄せられた。
 集会は、動労千葉を支援する会・山陰の仲間の司会で始まった。司会は冒頭、東京都知事選挙への総決起を訴え、一体で国鉄決戦を闘おうと参加者に檄を発した。

鈴木たつお候補、JR東日本本社と貨物本社前で怒りの訴え

s20140201a-1.JPG 1月31日、都知事選挙戦開始から9日目。鈴木たつお候補が、映画監督の井筒和幸さんも推薦人に獲得し、じりじりと支持を拡大させながら、2月9日投票日に向けて猛進しています。
 今日は新宿駅南口・JR東日本本社近くで街宣をやったあと、JR貨物本社前で街宣。昼休みの12時から13時の時間をめいっぱい使ってやりきりました。新宿駅南口では、JR東日本本社ビルに向かって、司会の学生のアピールの後、鈴木たつお候補がマイクをもって訴え。「労働者をいまの地獄のような現状にしたのは労働者派遣法です。この派遣法は国鉄分割・民営化と機を一にしてできた。国鉄分割・民営化が、今の労働者が一切の権利を奪われ、食べるためには過労死を強いられる、そういう一切の出発点だった」

Home> 労働運動: 2014年2月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top