Home> 労働運動: 2014年3月アーカイブ

労働運動: 2014年3月アーカイブ

動労連帯高崎 籠原駅前で春闘行動 外注化・強制出向粉砕を訴え

20140328a-1.jpg 動労連帯高崎は3月20日、春闘行動に決起した。早朝からJR高崎線・籠原駅前や籠原運輸区、高崎車両センター籠原派出、高崎鉄道サービス(TTS)籠原事業所前でビラまき宣伝行動を展開した。午前8時半には籠原駅前に集結し、強制出向反対、民営化反対、運転保安確立、大幅賃上げを求めて決起集会をかちとった。

3・16春闘大行動 首都圏各産別の労働組合を中心に450人が集会・デモ

20140321d-1.JPG 「われわれは、やつらのおこぼれをもらっているんじゃねえ!」――。「過労死を許さない労働組合をつくろう」を掲げた春闘大行動(実行委員会主催)が3月16日、東京・代々木公園で行われ、集会とデモがかちとられた。首都圏各産別の労働組合を中心に450人が結集、アベノミクスの破産を押し隠すための「官製春闘」をぶっ飛ばし、労働者の怒りと誇り、闘いと団結を取り戻す14春闘の旗を打ち立てた。

小竹闘争勝利!茨城春闘集会 小竹運輸グループ労働組合支援共闘会議を結成

20140321c-1.JPG 3月9日つくば市内において「小竹闘争勝利!茨城春闘集会」が開催され、地元と首都圏の労働者60人が結集した。動労水戸を軸とする国鉄闘争を土台に、小竹運輸グループ労働組合支援共闘会議の結成が宣言された。

3月17日、動労西日本 広島でスト貫徹

20140320b-1.jpg 動労西日本は3月17日、JR西日本広島支社構内にある広島印刷事業所と山陽本線・五日市駅を拠点に14春闘ストに立った。大阪から中西剛副委員長、岡山から山田和弘書記長が駆けつけ、行動をともにした。
 午後3時、広島印刷事業所でストに突入した岡崎昭夫組合員を支援の仲間が出迎えて、広島支社正門前で集会が始まった。司会は山田書記長が担った。JR西日本の人事課がこそこそと監視に来ていたが、そんな威圧を吹き飛ばす勢いで岡崎組合員がスト突入宣言を発した。

3・14自治労統一行動 大阪市役所前で早朝街宣

20140320a-1.jpg 大阪では3・14自治労統一行動として、橋下打倒集会実行委員会が大阪市役所前での早朝街頭宣伝に立ち、青年労働者が「労働者の団結した力で世の中を変えよう」と訴えた。港合同の青年労働者も参加し、政治活動制限条例と対決しながら、出勤する労働者との合流をかちとった。以下は、大阪市の青年労働者の発言。

3・10新津車両製作所へ国労新潟先頭に90人がデモ

20140321b-1.jpg 3月10日、国労新潟を先頭にJR職場から、そして地域の労働組合も参加し、総勢90人がJR新津車両製作所に向けて分社化・子会社化反対のデモを行いました。
 17時に新津駅西口広場に、「分社化反対!許すな偽装出向!貨物の賃金抑制絶対反対!」の横断幕を広げ、国労新潟地本、新潟県支部、各分会の組合旗が翻りました。車両製作所の分社化・子会社化反対とJR貨物の賃金抑制反対の支部役員による宣伝で始まり、その周りに仕事を終えた国労組合員、県職労、市職労、高教組、新津地区労会議、阿賀地区労連、新潟地区労、新潟労組交流センター、新潟地域一般労組、えちごユニオンなどが続々と集まり、赤旗を林立させました。

自治労倉敷3・14自治労統一行動 倉敷市真備支所玄関前で集会

20140317c-1.JPG 自治労倉敷は、3月14日、17時30分から倉敷市真備支所玄関前で集会を行った。
 この間、倉敷市当局は保育園3園の給食調理業務を4月1日から外部委託すると発表し、組合や保護者の反対を無視して強行してきた。01年には200人いた調理員を86人まで減らし、「将来的に給食が供給できなくなる」というのが理由だというのだ。

北部労組交流センターが北区役所前でビラまき

20140317b-1.JPG 3・14自治労統一行動日、北部労組交流センターは北区役所前でビラまき行動を展開した。精研労組も独自のビラを作り登場した。これは、3・1北部春闘集会での、公務員と民間、正規と非正規の分断を打ち破ろう、自分たちが労働運動の主流派に飛躍しようという意思一致をかちとっての決起だ。

3・14自治労統一行動に連帯し、13日に道庁でビラを配り

 20140317a-1.jpg自治労の3・14統一行動に決起する道庁の労働者に連帯して、国鉄闘争全国運動・北海道は3月14日、1047名解雇撤回の幟を立て、道庁本館・別館に出勤する労働者へのビラ配りを行いました。受け取りが非常に良くて、昨年4月の時の2倍のビラが短時間でなくなりました。

仙台市職労 3.14春闘統一行動で70人が早朝集会

20140314a-1.jpg 仙台市職労の仲間は、昨年4・26自治労全国統一行動を引き継ぎ、1%以上の賃上げと給与体系の総合的見直し反対を掲げ、3・14全国統一行動の一環として早朝集会を70名の結集でかちとりました。
 給与体系の総合的見直しを許すな!査定給の導入を狙う地方公務員法の改悪は許さない!という決意をかためました。(仙台。I)

動労千葉 北嶋琢磨君原職復帰激励会」を開催!

20140312c-1.jpg 3月8日、動労千葉はライフサイクルで駅に不当配転された北嶋青年部長の原職復帰を祝うと共に、新たな闘いへの激励の意味をこめて「ライフサイクル制度撤廃! 外注化粉砕! 北嶋琢磨君原職復帰激励会」を開催した。

JR川崎駅でJR事故弾劾の街頭宣伝

20140312b-1.jpg 3月9日、神奈川労組交流センターは、JR川崎駅前で熱く街頭宣伝を行いました。
 2月23日の京浜東北線回送電車と工事車両の衝突、脱線・転覆事故は、JR東日本が強引に進めてきた外注化が最大の要因であることは明白です。JR北海道だけの問題ではありません。事故を繰り返さないためには、動労千葉の闘いが示してきたとおり、JRの職場から、また全社会的に新自由主義と対決する労働組合を甦らせることです。

全ての職場にたたかう労働組合を作ろう! 3・8広島春闘集会を開催

20140310c-1.jpg 3月8日、広島市内において「全ての職場にたたかう労働組合を作ろう! 3・8広島春闘集会」が広島県労組交流センター主催で、新しい仲間も加え50名の結集で開催された。
 広島連帯ユニオンの鈴木範雄委員長が開会のあいさつ。ユニオン青年部組合員に対する「株式会社サンナビ」の解雇攻撃について「めちゃくちゃな解雇であって何が何でも撤回させる」と決意を述べ、さらに「14春闘スト権を100%の批准で確立した。スト権を背景に各職場で闘う」と述べた。

動労千葉 定期委員会で春闘山場の方針決定

20140307c-1.jpg 動労千葉は3月1日、DC会館で第70回定期委員会を開き、14春闘の闘争方針を決定した。
 決定された方針の大要は以下のとおりだ。①検修・構内外注化粉砕へ4月冒頭を決戦とし、ストライキを含む闘争を構える、②JR貨物の賃金回答日である3月14日を山場に、JR貨物の賃下げを許さない闘いを設定する、③久留里線・久留里-上総亀山間の昼間時間帯の列車削減などのローカル線切り捨てのダイヤ改定に対し、地域への宣伝行動などの闘いを強化する、④千葉鉄道サービス(CTS)成田空港駅での過酷な勤務の結果、職場で亡くなった金子茂組合員の労災認定闘争に全力で取り組む、⑤今定期委員会後、いつでもストライキに立てる態勢を確立する。併せて、JR東日本、JR貨物に対する3万8千円の賃上げ要求額を決定した。

動労西日本 雇い止め撤回求める裁判で委員長、書記長が証言

20140307b-1.jpg 動労西日本の山田和広書記長に対する雇い止め解雇の撤回を求める行政訴訟裁判が3月3日、東京地裁で開かれ、大江照己委員長と山田書記長が証言に立った。
 2009年9月19日の動労西日本の再建直後、JR西日本は岡山駅で契約社員として働いていた山田書記長(当時は副委員長)に対し、①職場での組合ビラ配布に対する訓告処分、②遅刻に対する戒告処分、③これらを理由とした雇い止め解雇を強行した。
 動労西日本は岡山県労委に不当労働行為の救済を申し立て、岡山県労委は①と②を不当労働行為と認定する命令を出した。中労委は①を不当労働行為と認めたが、②と③は棄却した。動労西日本は②と③の中労委命令の取り消しを求めて、東京地裁に提訴した。

3・2東北春闘集会 「大幅賃上げ勝ちとろう」「職場に闘う労働組合つくろう」

20140306b-1.jpg 3月2日、仙台市内で3・2東北春闘集会が開かれ、東北の労働者120人の結集で大成功した。集会の冒頭、青年労働者が「3・11大震災から3年、根底的怒りが爆発している。都知事選で青年の怒りと結びつく歴史的な挑戦を開始した。14春闘の課題は第一に、改憲・戦争に突き進む安倍政権を労働者階級の団結で打倒することだ。そして、原発再稼働、派遣法改悪をはじめとした労働規制緩和を許さず、闘う労働組合の拠点をつくりだそう」「その軸は国鉄闘争だ。9・25判決は風穴をあけた。最高裁10万筆署名を職場で集めよう」と基調報告を行った。

東京北部春闘集会 「過労死許すな」春闘たたかい、地域の労働運動の責任勢力として

20140306a-1.jpg 3月1日、東京北部春闘集会が行われ、精研労組・一陽会労組・東京北部ユニオンはじめ地域から73人が参加した。東京北部における動労千葉派は、「過労死許すな」春闘そのものとして鈴木たつお都知事選を全力で闘い抜き、その勢いのまま地域の労働運動の責任勢力として登場する決断をもって春闘集会を行った。

Home> 労働運動: 2014年3月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top