Home> 労働運動: 2014年9月アーカイブ

労働運動: 2014年9月アーカイブ

米子で国鉄集会 今秋国鉄決戦への総決起を宣言

20140919a-1.JPG  9月14日、9・11郡山闘争の熱気冷めやらぬ中、米子市文化ホールで国鉄集会がおこなわれた。11月1万結集へむけて全国の仲間の先陣を切って、今秋国鉄決戦への総決起を宣言する集会として成功した。
  開会挨拶に立った鷲見貢さん(共に闘う国労の会。元国労後藤車両所分会長)は、7・1集団的自衛権閣議決定によって「戦争か革命」かの歴史選択を迫る時代に突入した中で迎える今秋11月集会の決定的重大性を訴え、9・11郡山闘争に続き今こそ国労本部の裏切りを現場から打ち破り、外注化・非正規化・民営化を粉砕し、全原発廃炉を闘い、動労総連合-動労西日本の旗をこの山陰の地に打ち立てようと訴えた。

10・1外注化阻止へ650人が郡山工場包囲デモ

20140913a-1.JPG 9月11日、「10・1郡山総合車両センターの外注化阻止」を掲げて、郡山工場を包囲する650人の戦闘的デモが闘いぬかれた。
 郡山総合車両センターの業務の根幹部分を10月1日に外注化するというJR東日本の攻撃に対し、国労郡山工場支部は9・11闘争を決定した。しかし、国労本部、東日本エリア本部、仙台地本は、資本・権力の手先となって支部に圧力をかけ、その闘いを中止させた。同支部の橋本光一さんはこの大反動を受けて立ち、全力で立ち向かって、9・11への結集を全国の労働者に呼びかけた。その渾身の決起に応え、国鉄労働者を先頭に全国から650人の労働者が郡山に結集した。その団結と物質力はJR東日本を震撼させ、闘争に敵対する体制内労組幹部に痛打を与え、郡山工場で働くすべての労働者の心を揺さぶった。

国労組合員資格確認訴訟 労組認めぬ反動判決 怒りこめ9・11郡山闘争へ

20140905a-1.JPG 国労組合員資格確認訴訟の判決が9月3日、東京地裁民事11部で出された。「原告らの請求をいずれも棄却する」と佐々木宗啓裁判長が主文を読み上げると、傍聴席から激しい怒りの声が湧き上がった。「理由については省略する」と言い捨てて、裁判官らは法廷から逃げ去った。
 この判決は、安倍の意を受けた司法権力が労組絶滅を宣言した歴史的な超反動判決だ。
 

Home> 労働運動: 2014年9月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top