Home> 労働運動: 2015年6月アーカイブ

労働運動: 2015年6月アーカイブ

民主労総ゼネスト連帯各地で行動 大阪 橋下打倒した力に確信

20150626h-1.JPG 「たおせ!安倍・橋下 闘おう!ゼネスト 6・21民主労総連帯行動」が、橋下打倒集会実行委員会と外登法・入管法を撃つ関西交流集会実行委員会の共催のもと、中之島剣先公園で130人の結集で行われました。
 冒頭、司会の奈良市従青年労働者が、7月第2波ゼネストに向かう民主労総ソウル地域本部から動労千葉と日本の労働者にあてた連帯メッセージを読み上げ集会が始まりました。

民主労総ゼネスト連帯各地で行動 仙台 学習会、街宣と市内デモ

20150626i-1.JPG みやぎ労組交流センターは、6月21日(日)民主労総ゼネスト連帯一日行動を30名の結集でたたかいました。
 午前中はゼネスト連帯学習会を行い、20名の仲間が参加しました。民主労総ゼネストのDVD上映後、毎年訪韓闘争を闘い抜く斉藤貴広(動労水戸支援共闘・事務局)さんが、①4・24ゼネストが切り開いた地平、②ゼネストを規定している韓国経済の危機、パククネ政権の危機について、③民主労総結成にいたる韓国労働運動の歴史、④非正規職撤廃闘争の新たな地平を切り開きつつある現代重工業労組の挑戦の四点について、平易にかつ熱く提起しました。その後、質疑討論では提起者への質問が途切れず、2時間の学習会は大成功をかちとり、街宣にむけてエネルギーを充填しました。

民主労総ゼネスト連帯各地で行動 広島 8・6ヒロシマの成功誓う

20150626j-1.JPG 広島連帯ユニオンと動労西日本が呼びかけた実行委員会の主催で、「民主労総ゼネスト連帯!6・21広島行動」が行われ、集会と市内デモに40名が参加した。
 集会の主催者あいさつに立った動労西日本の大江委員長は、安倍と安保国会を痛烈に批判。「本日の闘いで韓国ゼネストと連帯し世界と自らの職場を変えていこう」と檄をとばした。

民主労総ゼネストに連帯 各地で行動 名古屋・津 トヨタを直撃し『前進』配布

20150626g-1.JPG 東海地方での韓国・民主労総ゼネスト連帯行動に、6月21日、名古屋駅前と津駅前の2カ所で取り組みました。
 名古屋駅前では、トヨタ自動車オフィスの向かい側に陣取り、1時間半にわたってマイク情宣を行い『前進』速報版200枚、7・5チラシなど150セットを配布しました。

民主労総ゼネストに連帯 各地で行動 新潟 国鉄闘争で討論広がる

20150626f-1.JPG 6月21日、午後5時から1時間半にわたり、新潟駅万代口で、新潟県労働組合交流センター、新潟地域一般労働組合の共催で、韓国ゼネスト連帯と安倍政権打倒を呼びかける街宣活動を20人の結集でおこなった。
 国鉄闘争全国運動6・7集会の熱気、そしてゼネストに決起した韓国の労働者への連帯、戦争と非正規職化の安倍をみんなの力を結集して倒す闘いを一緒にやろうと、新潟駅前を行き交う労働者・市民に思う存分に伝えるべく、参加者はそれぞれマイクを握って訴えた。

民主労総ゼネストに連帯 各地で行動 福島・郡山 戦争への青年の怒りと結び

20150626e-1.JPG 6月21日、韓国・民主労総ゼネスト連帯行動を先週の郡山駅前での行動(6月13日)に続き、福島駅頭で行いました。ちょうど正午からJR福島駅では福島デスティネーションキャンペーンで蒸気機関車のD51(デゴイチ)が試運転をしていました。この復興キャンペーンに負けてなるものかと街頭宣伝を開始しました。リレートークを行いながら、日韓労働者の連帯とゼネストへの決起を訴え、戦争絶対反対の1000万人署名を行いました。

民主労総ゼネストに連帯 各地で行動 札幌 国際連帯で戦争を止める

20150626d-1.JPG 6月21日、国鉄闘争全国運動・北海道は、札幌市内で韓国・民主労総のゼネストに連帯する集会を開催し、13人が結集しました。
 民主労総がゼネストに向けて作成したDVDと、2000年ころを中心に非正規職労働者が団結して闘いに立ち上がり、正規職労働者との団結をつくり出していった闘いのDVDを皆で見ました。
 主催者を代表して自公総連SKさくら交通労組の河野晃興委員長が、あらゆるマスコミが一切報道しない中、韓国労働者階級のゼネスト闘争を北海道の労働者人民に知らせるとともに、国鉄闘争を前進させ、労働者階級の国際連帯の力で戦争を止めようと訴え、熱心な議論を行いました。また、7月中旬の第2波ゼネストに向けて、街宣や職場ビラに立ち上がることを全員で確認しました。(札幌J・S)

民主労総ゼネストに連帯 各地で行動 岡山 ストライキをやれる組合を

20150626c-1.JPG 6月20日、岡山市内で、韓国・民主労総ゼネスト連帯!安保関連法=戦争法反対!全国統一行動・集会を取り組んだ。集会に先立っておこなわれた、とめよう戦争への道!百万人署名運動・岡山県連絡会の主催のデモには飛び入り参加もあり、「がんばれ!」と街頭から声援もあった。
 夜の集会では、韓国の情勢について全国農民会議の内藤大一さんが提起し、動労西日本の山田和広書記長が基調提起を行った。

民主労総ゼネストに連帯 各地で行動 九州 動労総連合を九州につくる

20150626b-1.JPG 6月21日、国鉄闘争全国運動・九州の主催で、民主労総ゼネスト連帯行動の一環として、JR博多駅前での街頭宣伝が行われました。
 6月21日正午、国鉄闘争全国運動・九州の呼びかけに応え、博多駅南口の音羽公園に結集した福岡県労組交流センター、合同労組レイバーユニオン福岡、NAZEN(福岡、長崎)などの仲間たちは、「韓国・民主労総ゼネストに連帯しよう!」とハングルで大書した横断幕を掲げて駅前に堂々と登場しました。

民主労総ゼネストに連帯 各地で行動 沖縄 全島ゼネストに向けて集会

20150626a-1.JPG 6月21日、民主労総ゼネスト連帯!沖縄集会(主催:沖縄労組交流センター)が新しい青年労働者も参加して開催された。5・15闘争で切り開かれた歴史的地平に立ち、民主労総ゼネストと連帯する沖縄の全島ゼネストこそ「オール沖縄」を乗り越える勝利の路線的確信として熱気に満ちあふれた集会となった。
 集会は、民主労総のゼネストのDVDの上映から始まり、連帯あいさつを沖縄万人の力で星野文昭さんを取り戻す会が行い、基調報告を郵政労働者が提起した。青年労働者と学生こそ未来を自分自身の手でつくりあげる存在として「階級的労働運動を自ら担い、青年労働者・学生はゼネスト指導部となって闘おう」と訴えた。

東京南部 動労総連合の建設へ 石井動労水戸委員長招き集会

20150619e-1.JPG 6・7国鉄運動全国集会に先立つ5月28日、東京南部の品川区内で、動労水戸の石井真一委員長を招いて講演集会を開催した。主催は、NAZEN品川、南部労組交流センター、なんぶユニオン。準備期間が短かったが、南部地区の労働者がかけつけてくれた。動労水戸支援共闘の拡大の端緒、そして動労総連合の建設に向けた具体的着手の突破口を切り開くことができ、大成功した。

国鉄解雇撤回 〝闘いはこれからだ〟 最高裁に10万超の署名提出

20150619c-1.JPG 6月16日、国鉄闘争全国運動が呼びかけた署名は、ついに10万筆を超えた! 解雇撤回・JR復帰を求める国鉄10万筆署名の第8次提出行動が行われた。この日に提出した署名は1万2208筆で、これで最高裁に提出した署名は10万1076筆となった。
 午後3時、最高裁前に動労千葉争議団の高石正博さん、動労千葉組合員、支援の仲間が集まった。それぞれの表情は、10万筆を集めきった達成感でものすごく明るい。

職場に旗たてゼネストへ 関西で青年労働者集会開く

20150619b-1.jpg 6月14日、大阪市・弁天町の生涯学習センターで関西青年労働者集会が開催され、100人を超す結集で大成功しました。集会の冒頭には5月沖縄闘争のDVDが流され、5月闘争の切り開いた地平の大きさを参加者全体が実感しました。
 集会の基調報告は大阪市職の闘う青年労働者です。6・7国鉄集会で解雇撤回・JR復帰の10万筆署名がついに達成されたことを受け、「時代は転換点を迎えている。ゼネストを真剣に組織する時だ!」と提起しました。また、大阪都構想を粉砕した地平から「都構想で体制内勢力は早々と屈服していた。これを転換させたのは間違いなく私たちの力だ。絶対反対の団結は小さく見えても資本家を絶対に追い詰める!」と宣言しました。

トルコ自動車産業スト 工場委員会つくり要求を貫徹 エルドアン政権は対応不能に

20150605a-1.jpg国内生産4割の2社で生産停止
 5月14日夕方、「トルコのデトロイト」といわれるトルコ北西部のブルサ市で、オヤク・ルノー社(フランスのルノーとトルコ軍の年金基金との合弁会社)の労働者5400人が賃上げと労働条件の改善を要求してストライキに突入した。
 賃上げを強く要求していた労働者たちは、資本や政府と一体化した金属労組タークメタル(自動車産業の労組)のファシスト幹部が低賃金を維持する3年間の労働協約を締結してしまったことに怒りを爆発させたのだ。

Home> 労働運動: 2015年6月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top