Home> 労働運動: 2016年1月アーカイブ

労働運動: 2016年1月アーカイブ

動労神奈川 〝直ちに職場に戻せ〟 環境アクセスに弾劾行動

20160128b--1.JPG 動労神奈川は1月23日、東日本環境アクセス小田原事業所への弾劾行動と小田原駅前での街宣行動に立った。神奈川県労組交流センターや湘北合同労組、婦人民主クラブ全国協議会、とめよう戦争への道!百万人署名運動などの仲間も結集し25人で行動を貫徹した。
 時廣慎一組合員が「俺は辞めていない! 直ちに職場に戻せ! みんな待っていてくれ!」と激しい怒りをたたきつけ、桑原豪巨組合員も「飯田所長は団交に出て来い! 逃げるな!」と語気強く会社に迫った。支援の仲間も「解雇を撤回し、全員を無条件に正社員にしろ!」と声を上げた。

労委命令実行し団交に応じろ! 日本郵便に抗議

20160128c-1.JPG 郵政非正規ユニオンは1月25日、東京・霞が関にある日本郵政と日本郵便の本社への抗議・情宣行動を行った。東京都労働委員会は昨年12月10日、郵政非正規ユニオンに対して日本郵便が行った団体交渉拒否の不当労働行為を認定し、組合に文書で謝罪し、晴海郵便局に同文書を掲示するよう命じた。だが、日本郵便はそれを拒否し続けている。今回の行動はそれを弾劾し、直ちに命令を実行するよう要求したものだ。日本郵便は都労委命令を直ちに実行しろ!

米子 三江線廃止許さない 伯備線事故10年で集会

20160128a-1.JPG  保線労働者3人が特急にひかれて命を奪われた06年1月の伯備線事故から10年になる1月23日、鳥取県米子市で動労西日本などの呼びかけで「伯備線事故10周年弾劾・三江線廃止絶対反対!米子国鉄闘争集会」が開かれた。
 集会の冒頭、あいさつに立った動労西日本の大江照己委員長が、死者15人を出したスキーツアーバスの転落事故に触れ、「国鉄分割・民営化を根源とする社会丸ごと民営化、外注化・非正規化の結果であり、バスにおける尼崎事故、伯備線事故だ」と指摘し、安倍政権とJRの犯罪性を弾劾して、今こそ国鉄闘争の新たな発展を基軸に全産別・全労働者の総決起が求められているとを訴えた。そして、動労総連合の西の拠点として動労西日本の組織拡大を実現し、1月16日の第10回大会で確立された方針で闘うと決意を述べた。

動労西日本 大会で春闘スト権 〝3ケタ組織拡大に挑戦〟

20160121b-1.JPG 動労西日本は1月16日、広島市内で第10回定期大会を開催し、16春闘ストライキ権を100%の賛成で確立した。
 冒頭、司会の野口照生書記が、前日の15日に起きた軽井沢スキーバス大事故について触れ、「第2の国鉄分割・民営化攻撃の中で引き起こされた大事故であり、バスにおける尼崎事故だ。怒りを組織して闘おう」と訴えた。議長に橘日出夫組合員が選出され、「朝鮮侵略戦争を阻止し、階級的労働運動路線で全国に動労総連合をつくろう」と力強く発言した。

動労千葉 〝組織拡大必ず実現〟団結旗開きで決意一層固く

20160111a-1.JPG 動労千葉は1月9日、DC会館で2016年団結旗開きを盛大に開催した。16年は冒頭から戦争の危機が切迫し大恐慌が深化している。参加者はこの16年、動労千葉の圧倒的な組織拡大を必ず実現すると誓い合った。
 繁沢敬一副委員長が開会を宣言し、年頭のあいさつに立った田中康宏委員長は、特に組織拡大への総決起を熱を込めて提起した(要旨下記)。
 三里塚芝山連合空港反対同盟の萩原富夫さんが来賓としてあいさつし、「今年は安倍打倒の年だ。沖縄、福島と連帯し自分の持ち場である三里塚でしっかり闘うことが社会を変える」と述べて3・27三里塚全国集会への総結集を訴えた。

鈴コン社前に鈴木達夫弁護士登場 安倍打倒の先頭に立つと表明

20160109a-1.JPG 1月7日、朝8時、浮間舟渡の鈴木コンクリート工業舟渡工場前に、鈴木達夫弁護士、全学連斎藤郁真委員長、北島邦彦東京西部ユニオン副委員長が勢揃いして登場した。
 生コンを積むミキサー車、セメントや砂を運ぶ大型車が頻繁に出入りする工場正門前に陣取った宣伝隊。冒頭、この3年間の解雇を打ち破って職場復帰を果たし1年余りとなる鈴コン分会書記長の吉本伸幸さんの新年あいさつから始まった。

動労西日本が広島印刷事業所廃止にストで反撃

20160107a-1.JPG JR西日本は昨年10月20日、広島支社の印刷事業所を2016年7月31日をもって廃止する方針を一方的に公表した。広島印刷事業所は、動労西日本の岡崎昭夫執行委員を始め国鉄採用のベテランを中心に16人の労働者が働く国鉄時代以来の重要職場だ。JR資本は収支黒字のこの職場をあえて廃止し、全員を出向・転籍と退職=解雇に追い込もうとしている。それは国鉄的なものを一掃し、JR西日本における第2の分割・民営化の突破口とすることを狙う攻撃だ。

今年も全国の郵便局に元旦ビラ配布 郵政職場から闘いの火の手が上がる情勢だ

20160102a-1.JPG 全国労組交流センターと郵政非正規ユニオンは、今年も全国で主要郵便局への元旦ビラ配布を行った(写真は東京・晴海郵便局)。世界戦争の導火線に火がつき「非正規化と貧困」の階級戦争攻撃が激化する中、国鉄決戦路線のもと郵政に闘う拠点をつくろうと、全国の仲間は闘志を燃え立たせ各局の入り口や通用口の前に立った。

Home> 労働運動: 2016年1月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top