Home> 労働運動: 2016年3月アーカイブ

労働運動: 2016年3月アーカイブ

動労総連合が全国で春闘行動④ 札幌 総連合の結成へ集会 北海道新幹線開業に反撃

20160331c-1.jpg 3月20日、札幌で動労総連合・北海道の結成に向けた集会が開かれ20人が参加した。京大反戦ストへの弾圧を粉砕して6学生が奪還されたことを伝える学生のビラが配られ、集会が始まる前から高揚感がみなぎった。
 急な病で参加できなかった元国労札幌闘争団の長尾信一さんがメッセージを寄せ、「1047名闘争から動労千葉を排除して和解した国労は完全におかしくなっていた。自分を含め闘争団は大半が(和解に)ハンコを押したが、動労千葉や国労闘争団の4人が頑張っている。JRを許さない闘いを支援したい。皆さんと一緒に北海道に動労総連合を旗揚げしたい」と表明した。

動労総連合が全国で春闘行動③ 三江線廃止に反対 地元の江津で集会と街宣

 動労西日本は3月21日、島根県江津市の総合市民センターで三江線廃止に反対する現地集会を開催した。
 集会に先立ちJR江津駅前で街頭宣伝を行った。駅前は閑散としていて乗降客も少なかったが、地元の労働者がビラまきに積極的に参加するなど、三江線廃止反対の訴えには誰もが注目し、大きな手ごたえがあった。国鉄解雇撤回の新署名も次々と集まった。
 集会はNAZEN山陰の仲間が司会を務めた。主催者あいさつに立った大江照己委員長は、三江線の廃止に沿線の自治体・住民が真っ向から反対している中で、動労西日本だけがその思いに応えて、JR内で労働組合として絶対反対を掲げて闘っていることの意義を強調した。

動労総連合が全国で春闘行動② 動労西日本 奈良を拠点にスト 外注化粉砕へJR揺るがす

20160331b-1.jpg 動労西日本は3月24日、橘日出夫組合員が働く吹田総合車輌所奈良支所(旧奈良電車区)を拠点にストライキに立った。16日の広島印刷事業所、18日の福知山駅でのストに次ぐ第3波ストは、JR西日本本社、近畿統括本部、大阪支社を揺るがした。
 JR西日本は2010年の機構改悪で電車区を解体し、それまで一緒だった運転士と車両検修を分離した。JR東日本に追いつき追い越せと、車両検修業務の全面外注化をにらんだ組織再編をしかけてきたのだ。これを突破口に尼崎事故を全面的に居直り、全事業の外注化・非正規職化を強行しようと構えている。

動労総連合が全国で春闘行動① 動労福島 結成初のストを貫徹 車体科2組の外注化阻止

20160331a-1.jpg 動労福島は3月24日、郡山総合車両センターの業務外注化に反対し、橋本光一委員長の指名ストライキを決行した。JR東日本は28日から車体科2組などの外注化を強行しようとしている。これに対し、全組合員と支援40人が組合結成以来初のストを終日、闘った。
 早朝から郡山総合車両センターの各門に「本日ストライキ」のボードが掲げられた。橋本委員長がアピールする中、普段はチラシを受け取らない人も含め、ほとんどの労働者がチラシを読みながら構内に入っていった。

動労水戸支援共闘結成1周年、被曝労働拒否の闘い広がる

s20160324i-1.JPG被曝労働拒否をたたかう動労水戸支援共闘結成1周年集会が3月21日、東京・すみだリバーサイドホールで開催され、380人が結集した。
 動労水戸支援共闘は、「動労水戸を守り、発展させ、全国に被曝労働拒否の新たな労働運動を広げていくために」(「支援共闘」入会案内パンフ)、2015年3月に結成された。結成から1年の闘いを通して、原発立地自治体の自治体労働者を始めとして被曝労働拒否を闘う労組拠点が拡大し、動労水戸の闘いは福島第一原発で収束作業に従事する原発労働者とのつながりもつくり出してきた。1周年集会は被曝労働拒否の闘いのさらなる前進・拡大とともに、今年に入り安倍政権が打ち出したJR常磐線の2020年3月までの全線開通という大攻撃に対し絶対阻止の決戦を構えた動労水戸と固く連帯し、支援共闘の1千人会員をなんとしても組織するために開かれた。

動労神奈川先頭に、環境アクセス弾劾し小田原で集会・デモ

s20160324g-1.jpg動労神奈川と神奈川労組交流センター、国鉄闘争全国運動・神奈川が主催して3月19日に小田原で春闘集会が開かれ、80人余が結集した。JR東日本の子会社・東日本環境アクセス小田原事業所による動労神奈川の時廣慎一組合員に対する解雇に決定的な反撃をたたきつけた。
 国鉄闘争全国運動・神奈川の二本柳実事務局長が基調を報告し、京大反戦スト弾圧の6学生を奪還したことと、動労千葉がCTS(千葉鉄道サービス)の就業規則改悪を阻止したことの勝利を確認し、①東日本環境アクセスへの徹底弾劾行動に立つ、②国鉄新署名で反転攻勢に打って出る、③韓国・民主労総との国際連帯で戦争を絶対阻止する、④動労総連合を軸に労組拠点を建設する、と鮮明に方針を提起した。

動労西日本が福知山で春闘第2波スト

s20160324f-1.jpg3月18日、動労西日本は原田隆司近畿支部長の職場である福知山駅で春闘第2波ストを打ち抜いた。16日の広島印刷事業所でのストに続くストライキは、京都大学反戦スト弾圧粉砕の闘いと連帯して闘いぬかれた。
 動労西日本の組合員を始め地元の自治体労働者や地域の合同労組、住民も駆けつけ、参加した20人でスト突入集会を福知山支社前で行った。山田和広書記長が司会を務め、中西剛副委員長が自身の労災認定闘争に勝利すると表明。橘日出夫近畿副支部長は、安倍による朝鮮侵略戦争参戦の策動と総非正規職化の攻撃を弾劾し、「それを止める力が全国各地での動労総連合の結成としてわき起こっている」と提起した。

群馬・中央タクシー分会が24時間スト貫徹

s20160324e-1.jpg3月20日、群馬合同労組中央タクシー分会(3人)は中央タクシー群馬営業所(藤岡市)で24時間ストを貫徹した。要求項目は①賃金を上げろ、②分会長を乗務に戻せ、③不当な給与減額を即時撤回せよ、④長時間労働を是正せよ、⑤労働時間管理(タイムカードの設置)を徹底しろ、⑥ワックスなど業務上必要な備品を支給しろ、の6項目。いずれもこれまで4回の団体交渉の中で会社はまったくの開き直りを決め込んでいる。
 スト通告に現れた分会長の姿を見て、管理者はあわてて事務所のカギをかけて逃げてしまった。その後、午前8時30分からのスト突入をともに闘おうと続々と群馬合同労組の組合員が駆けつけた。営業所は「ストライキ決行中」の文字で埋め尽くされた。そして営業所敷地で堂々とスト突入集会を開いた。集会は圧倒的な注目をあびた。

長野春闘集会、動労総連合・長野建設を決意

s20160324d.jpg3・19長野春闘集会は、京大反戦スト弾圧の6学生が奪還された大勝利と動労千葉がCTSの就業規則改悪4月実施を阻止した報告を受け、最高のボルテージで始まりました。
 集会は2・14新潟国鉄集会への決起と一体で企画され、動労総連合・新潟の八代和幸組合員からNTS(新潟鉄道サービス)による不当解雇を許さない3・17ストの報告を受け、解雇撤回へともに闘いぬくことを誓い合いました。

山梨で春闘集会、労働法制大改悪と対決

3月19日、山梨で春闘集会が行われた。山梨合同労組の司会者あいさつ、主催者あいさつの後『前進』編集局の大迫達志さんから「労働法制大改悪との闘い」と題する講演が行われ、質疑、全員の発言で2時間半の集会がかちとられた。
 大迫さんは「戦争か革命か」が問われる時代、安倍の戦争・改憲と一体で労働法制の大改悪があることを鮮明にし、新自由主義は富の源泉である労働人口の減少を解決できず命脈が尽きていると提起。労働者派遣法、労働契約法による18年全員解雇との2年間決戦が始まっており、不当解雇の金銭解決、同一労働同一賃金などいずれも総非正規職化攻撃であり、団結破壊・労働組合つぶしに核心がある。動労千葉がCTSの4月就業規則改悪を労働者の怒りを組織して阻止したように、労働組合の職場の闘いが一切を決していく、「闘えば勝てる」と強調した。

組織拡大のチャンス迎え、東京東部で国鉄春闘集会

s20160324c.jpg3月18日、国鉄闘争全国運動・東京東部の会が主催する国鉄春闘集会が開かれた。集会は京大弾圧6学生奪還の知らせの中で始まった。
 共同代表が「世界は戦争情勢です。いま韓国では『作戦計画5015』の米韓合同演習が行われています。斬首作戦、双竜作戦など北朝鮮の指導者を殺すという演習です。反戦バリストを闘った6学生が本日釈放をかちとりました」と切り出した。

動労千葉が春闘第2波スト打ち抜く

s20160321d-1.JPG動労千葉は3月17日、春闘第2波ストライキに立った。幕張、津田沼、京葉、木更津、銚子、千葉機関区の各支部の検修・構内業務に携わる組合員計45人がストを貫徹。貨物職場でのストライキは6年ぶりだ。
 動労千葉の闘いは大きな勝利を切り開いている。CTS(千葉鉄道サービス)は3月14日、就業規則改悪の4月1日実施を延期すると表明した。「5年で雇い止め」を制度化する就業規則改悪は、CTSの労働者の激しい怒りで阻まれた。だが、CTSはこれまで1年だった雇用契約期間を6カ月に短縮する攻撃をかけてきた。今後6カ月で就業規則改悪を強行するということだ。

動労総連合・新潟が地域一般労組とともにスト突入

s20160321c-1.JPG3月17日、動労総連合・新潟と新潟地域一般労組が県下4職場で春闘ストライキに突入し、地域の仲間総計50人が一日行動を貫徹した。
 動労総連合・新潟の星野文男委員長が新潟駅でストに入り、早朝、同駅万代口でスト突入集会を実施した。「スト決行中」のボードを掲げ、外注化と非正規職化反対、大幅賃上げ、安倍政権打倒を訴えた。
 同時刻、新潟地域一般労組の鰕名(えびな)一男委員長が全日ストに突入。スト突入集会に手を振って応援する地域の労働者も現れた。

広島印刷事業所廃止阻止へ、動労西日本が春闘第1波スト

s20160321b-1.JPG3月16日、動労西日本は広島印刷事業所を拠点に16春闘第1波ストライキを決行した。午後1時、ストを通告し職場の門を出た岡崎昭夫執行委員を、大江照己委員長ら動労西日本各支部から総結集した組合員と広島連帯ユニオンなどの支援の仲間が拍手で迎えた。岡崎執行委員は誇り高くこぶしを上げた。広島印刷事業所前でスト突入集会が開催され、岡崎執行委員が堂々とスト突入宣言を読み上げた。
 このストは第一に、広島印刷事業所廃止=解雇・外注化攻撃に対し、絶対反対を貫く闘いとして打ち抜かれた。広島駅前再開発と一体の広島印刷事業所7月廃止攻撃は、国鉄から引き継がれてきたものを最後的に一掃し、外注化と非正規化を全面的に推進する第2の分割・民営化攻撃だ。

JAM日本機械本社工場で第一波スト

s20160321a-2.jpgJAM日本機械工業労働組合は連合の春闘集中回答日の3月16日、大幅賃上げを求め第1波のストライキを貫徹した。「官製春闘」が大破綻する中で、ストなし春闘を打ち破る実力決起だ。9日に回答日を指定していたにもかかわらず、「2月の決算が出ていないから」と無回答を決め込む会社に怒りが爆発し、全組合員の怒りをひとつにした決起となった。
 昼休みの午後0時30分、本社工場の広場に班旗を翻して組合員が整然と結集した。昼休み集会をスト突入集会とし、午後の勤務時間に食い込む30分の時限ストを打ち抜いた。

3・13新宿 春闘行動 JR本社に抗議デモ ストで戦争・非正規化とめる

20160317d-1.JPG 「反戦スト弾圧粉砕! 朝鮮戦争とめよう! 非正規労働なくせ! 派遣法撤廃! 国鉄1047名解雇撤回・JRはただちに採用せよ!」を掲げたJR東日本本社抗議デモが3月13日、東京・新宿で16春闘行動として打ち抜かれた。
 デモに先立ち、JR東日本本社ビルを眼前に臨み、JR新宿駅前で70人の大街頭宣伝を行った。

3・13 千葉春闘集会 職場闘争報告次々と 労働組合で闘えば勝てる

20160317c-1.JPG 3月13日、ちば合同労組が主催する千葉春闘集会が67人の結集でかちとられました。JR、自治体、郵政、医療・介護、民間などで職場闘争が白熱的に闘われ、労働運動の拠点建設が大前進をかちとっていることが報告されました。
 千葉鉄道サービス(CTS)で働く動労千葉の組合員は、CTSによる就業規則改悪との闘いについて述べ、限定社員試験に合格しなければ最大5年で雇い止めになることを怒りを込めて断罪しました。そして、CTSの職場は怒りの声が充満し、「ストライキで闘いたい」という雰囲気になったと報告しました。集会の数日後、CTSは就業規則改悪の4月1日実施を断念しました。労働者の怒りがかちとった大勝利です。たとえ職場で少数であも、現場の怒りとかみ合えば、労働運動を組織できることを示す画期的な勝利だと思います。

3・13岡山春闘行動 動労西日本先頭に "今こそストが必要だ"

20160317a-1.JPG 3月13日、岡山で春闘行動を取り組んだ。集会に先立ち、正午から岡山駅前で、京大反戦スト弾圧6学生奪還の署名を集めた。「反戦ストライキは当たり前のことじゃないか」と言って署名していく人、「安倍は許さない」など反響は大きかった。
 続いてJR西日本岡山支社を包囲し、岡山駅構内を貫くデモ行進をした。「戦争絶対反対!」「安倍政権を打倒しよう!」「契約社員制度撤廃!」「団結して解雇撤回!」「ストライキで闘おう!」とシュプレヒコールをとどろかせた。

3・5栃木春闘集会 戦争切迫と対決し 京大弾圧粉砕を誓う

3月5日、栃木県宇都宮市で3・5栃木16春闘集会が開催された。
 韓国・民主労総ゼネストのビデオ上映の後、主催者あいさつを実行委員会の代表が行い、朝鮮侵略戦争が超切迫する情勢の中で民主労総のゼネストと連帯すること、2・14国鉄集会で国鉄闘争が新段階に入ったことを確認し、栃木でも新たな闘いに突入する思いを込めてこの集会を準備してきたと述べた。

動労千葉が第1波スト 「出向解除」弾劾し反撃に立つ

20160314a-1.JPG 動労千葉は3月11日、春闘第1波のストライキに立った。京葉支部と津田沼支部の検修・構内業務に携わる組合員が、始業時からのストを貫徹した。
 JR東日本はこの日、検修・構内業務の外注化によりCTS(千葉鉄道サービス)に出向させられている津田沼支部(習志野運輸区)の50歳代の組合員に対し、出向を解除して京葉車両センターに配属する発令を強行した。JRに戻されても、業務は外注化されているから仕事はない。これは労働者から仕事を奪い、動労千葉の組織破壊を狙う攻撃だ。

精研労組が春闘スト  「派遣・パートを正規にしろ」「大幅賃上げ」掲げ

20160310g-1.jpg 3月4日、東京北部にある東京武蔵野病院・精研労組(精神医学研究所附属東京武蔵野病院労働組合)は、経営側の春闘低額回答に抗議して2人の指名ストライキを決行し、昼休みの集会と病院内デモ、人事部への申し入れを行った。
 昼休みになると、白衣を着た組合員が続々と集まり、組合事務所はいっぱいになった。

東京北部 精研ストの熱気受け 戦争切迫下で闘いの決意

20160310f-1.jpg 3月4日夜、精研労組の春闘ストの勢いをかって東京北部春闘集会が豊島区民センターで開催され、54人が参加した。「とめよう!戦争への道・百万人署名運動東京北部連絡会」の五條敦代表のあいさつに続き、全学連の学生が京大スト弾圧弾劾の特別アピールを行い、多くのカンパが寄せられた。
 特別報告として、日本機械工業労組の山口弘宣書記長が「規制緩和も民営化も職場で起こる。東京にストライキをよみがえらせよう」と精研労組ストへの連帯表明を行った。東京西部ユニオン・鈴木コンクリート工業分会は新就業規則での解雇・賃下げと闘うとともに「安倍と闘う新しい労働者の政党をつくろう」と鈴木たつお参院選への決起を呼びかけた。

東京南部 総連合・東京へ 闘いの出発点切り開く

20160310e-1.jpg 3月4日、大田区で40人近い結集で南部労働者集会をかちとった(写真)。事前に実行委員会を持ち、ビラや当日の進め方、主旨などを議論した。朝鮮情勢の緊迫下、集会は韓国・民主労総のDVDから開始。民主労総は1970年、17歳のチョンテイル氏による「労組法守れ」の怒りの焼身抗議から始まったと言える。あまりに若いその映像に心が痛んだ。

茨城 動労水戸を先頭に 常磐線全線開通阻止を

20160310d-1.jpg 3月6日、「派遣法廃止・非正規職を撤廃せよ!茨城春闘集会」を土浦市で開催した。前日5日に福島に乗り込み常磐線全線開通を宣言した安倍とJR東日本社長・冨田哲郎に対する渾身(こんしん)の怒りをたたきつける集会となった。
 冒頭、韓国・民主労総のDVDを上映した。民主労総の闘志を受け司会の青年労働者が開会を宣言。茨城県労組交流センターの西村隆雄事務局長(常南交通労組)が基調を提起した。7日からの米韓合同軍事演習を弾劾し、朝鮮侵略戦争前夜と断じ「戦争反対のストで逮捕された全学連6学生を取り戻そう」と訴えた。労働法制の全面改悪を暴露し戦争切迫と労働法改悪・労組破壊攻撃は一体であることを明らかにし、「春闘を動労水戸を先頭に闘い、全国に動労総連合をつくり、職場から闘いを組織しよう」と提起した。

仙台 圧巻の職場闘争報告 鈴木弁護士が記念講演

20160308d-1.JPG 2月28日、仙台市で東北春闘集会が開催され、東北各地から120人が結集した。
 集会では、鈴木たつお弁護士が「改憲・戦争と対決する新たな労働者の政党をつくろう」と題して記念講演を行った。「経済で結果を出すと言ったアベノミクスは、大崩壊した。非正規職2千万人。食えないという現実にどう立ち向かい、生きるために闘うのか」「7月参院選は改憲をめぐる本番だ。改憲絶対反対を訴えて立候補することを決断した」「労働者階級に国境はない。韓国では民主労総がゼネストに立ち上がり、新たな労働者の政党がつくられた。日本でも労働者の新しい政党をつくろう」と熱烈に訴えた。

埼玉 不当捜索に反撃 デモに飛び入り参加続々

20160308c-1.JPG 不当捜索から2日後の2月28日、埼玉労組交流センターと一般合同労組さいたまユニオンは大宮で春闘集会を開催した。
 冒頭に特別報告として、昨年9月5日にNAZENさいたまが行った楢葉町視察ツアーを「道路運送法違反」とする計4か所の家宅捜索が、いかにデタラメな弾圧であるかが、立ち会った仲間から報告された。

金沢 北陸に拠点労組を 動労総連合の結成へ決意

20160308b-1.jpg 2月28日、金沢勤労者プラザで北陸16春闘国鉄集会(主催・集会実行委)が開かれ、20人の労働者・学生が参加した。
 集会冒頭、郵政の青年労働者が基調を提起し、「動労総連合を北陸の地に建設し、16春闘を闘って、北陸に拠点労組を建設しよう」と訴えた。

東京中部 "職場で団結拡大" 動労千葉・中村さん招き

20160308a-1.JPG 2月27日、東京・新橋で中部地区の春闘集会が開かれた。冒頭に韓国・民主労総ゼネスト闘争を記録したビデオを上映し、同日ソウルで闘われた第4次民衆総決起大会・汎国民大会との連帯を確認した。
 最初に動労千葉争議団の中村仁さんがあいさつ。解雇撤回闘争が国鉄分割・民営化による解雇を不当労働行為と最高裁に認定させ、本丸であるJR資本に対し直接の闘いを再度たたきつけるところまで進んだことを報告し、CTSでの一方的な就業規則の変更攻撃に対して「絶対阻止」で闘う姿勢を明らかにした。

動労総連合・九州を結成! JR青年労働者の獲得へ始動

20160303d-1.jpg 2月24日、国鉄九州動力車労働組合(動労総連合・九州)の結成大会が福岡県久留米市で開かれた。新組合に結集する組合員と国鉄闘争全国運動・九州、レイバーユニオン福岡、福岡県労組交流センターなどが激励と祝福に駆けつけた。
 真新しい組合旗・のぼりが会場を飾る中、歴史的な結成大会が国労原告団の羽廣憲さんの開会宣言で始まり、国労原告団の石﨑義徳さんが発起人あいさつを行った。「私たちはこれまで国鉄1047名解雇撤回闘争を貫いてきましたが、国労本部はそれを支えるどころか妨害に終始し、5年前に和解を行いました」「全労働者の40%が非正規職という現実の中で、動労千葉、動労水戸が外注化と闘い、職場で積極的な運動を展開している。ここに至って私たちは国労と決別して新たな組合をつくり、JR九州の中で労働運動を活性化させていこうと決断しました」

CTSと貨物を軸に決戦態勢 動労千葉定期委員会 春闘3波の闘争方針確立 外注化粉砕へスト配置

20160303c-1.JPG 動労千葉は2月28日、DC会館で第74回定期委員会を開き、春闘の決戦方針を確立した。確認された方針は以下のとおりだ。
 ①外注化に関連して組合員にかけられた不当な業務外しの攻撃に対し、3月上旬に第1波闘争を構え、検修職場全員を対象としたストライキを配置する。②JR貨物の賃金回答時期の3月17~18日に第2波闘争を設定し、ベアゼロ打破・大幅賃上げ獲得を掲げて貨物でのストライキを配置する。また、3月17日午後6時から、千葉市文化センターで動労千葉総決起集会を開催する。③CTS(千葉鉄道サービス)の賃金回答時期の4月段階に第3波闘争を設定する。さらに、CTSの雇用形態改悪攻撃との闘いを、春闘全過程を通した最重要課題と位置づける。④新段階に入った1047名解雇撤回闘争を新署名を武器に闘い、JRに直ちに採用を求める闘いに立つ。⑤春闘のすべての闘いを組織拡大闘争として位置づける。

Home> 労働運動: 2016年3月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top