Home> 労働運動: 2016年4月アーカイブ

労働運動: 2016年4月アーカイブ

居直りと安全破壊のJR弾劾 動労総連合を最先頭に 4・24尼崎闘争に230人

20160428b-1.JPG 4月24日、尼崎事故を弾劾する全国総決起集会と事故現場までのデモが闘われ、全国から230人が結集した。
 05年4月25日にJR西日本が起こした尼崎事故は、乗員・乗客計107人の命を奪う大惨事だった。この事故を居直り、安全を破壊する外注化・非正規職化に突き進むJRを弾劾して、この闘争は闘いぬかれた。
 集会の冒頭、呼びかけ団体として動労千葉の中村仁執行委員があいさつに立った。中村執行委員は、05年の尼崎事故直後から動労千葉の全運転士が安全運転闘争に決起し、JRによる背面監視や処分と対決して闘ったことを振り返り、「反合理化・運転保安闘争路線が勝利を切り開いてきた」と強調した。また、それは今、CTS(千葉鉄道サービス)の就業規則改悪粉砕の闘いとして貫かれていると発言した。そして、中村執行委員自身が訪米し、メーデー発祥の地・シカゴで世界の労働者との連帯を打ち固めたと報告した。

小竹運輸グループ労組 労働委が完全勝利命令 解雇撤回・原職復帰へ大前進

不当労働行為全面的に認定
20160425c-1.JPG 合同・一般労働組合全国協議会小竹運輸グループ労働組合は2013年10月30日、茨城県労働委員会に対して不当労働行為の救済申立を行い、2年6カ月の闘いを経て4月20日、ついに完全勝利命令をかちとった。命令は組合側の主張を全面的に認め、会社側の主張を全面的に退けた。
 最大の争点は、「会長」と呼ばれていた実質的経営者=支配者である小竹正雄を頭目とする小竹運輸グループの、それぞれの会社が不当労働行為の当事者であるか否かであった。

動労千葉 CTS本社に抗議 "就業規則改悪撤回せよ"

20160421d-1.JPG 動労千葉は4月20日夕方、CTS(千葉鉄道サービス)本社前で抗議行動に立った。前日の19日、CTSは春闘賃金回答を出してきた。労働者の切実な要求を踏みにじったその中身は、ベアなし・定期昇給だけというものだ。定昇額も正社員は1000円、契約社員は400円で、非正規労働者の昇給額は時給で2~3円にしかならない。
 CTSはまた、非正規労働者を5年で雇い止めにする就業規則改悪の4月1日実施は断念したものの、8月中に押し通す構えを変えていない。
 これへの腹の底からの怒りを燃やし、動労千葉組合員と動労千葉を支援する会の会員はCTS本社前に結集した。繁沢敬一副委員長の司会で抗議集会が始まり、最初に「生きていけるだけの賃金をよこせ」「就業規則改悪の白紙撤回をかちとるぞ」とシュプレヒコールをたたきつけた。

鈴コン分会 第2次闘争へ決起集会 60歳解雇阻止し緒戦の勝利

20160414a-1.JPG 4月10日、東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会闘争支援・連帯共闘会議の鈴コン第2次闘争決起集会は闘魂みなぎる場となった。会場は鈴コン工場の直近の東京都板橋区の舟渡ホール。合同・一般労組全国協議会を始め、東京・関東の仲間80人が駆けつけた。集会に先立つ鈴コン分会臨時大会では、分会はあらためて団結を固めた。
 数日前には、佐藤重夫組合員の「60歳定年・解雇」をうち破り、雇用継続をもぎ取った。"60歳で解雇。賃下げをのむなら再雇用"という組合つぶしを狙った解雇策動を粉砕し、「鈴コン第2次闘争」の緒戦の勝利を引っさげての集会だ。

三多摩春闘集会 日機などがスト報告 7月選挙戦へ総決起誓う

20160414b-1.JPG 4月10日、八王子市内で「生きていける賃金よこせ!非正規職を撤廃しろ!ストライキで社会を変えよう!4・10春闘集会」を開催し、40人の結集で成功をかちとった。
 主催者あいさつでは、日本機械工業労組の山口弘宣書記長が登壇。「新自由主義の攻撃に対して労働者はストライキで社会を変えよう。戦争情勢に対してゼネストで闘おう」「資本は他者を蹴落としてでも自分だけが生き残ろうとする。それに比べて労働者は団結を求めている。労働者は自分たちが闘うために労働者の党を求めている。選挙闘争を通じて、安倍や新自由主義を倒すために新しい労働者の党をつくろう」と訴えた。

動労総連合北陸を結成 「青年とともに闘える組合を北陸の地に」と宣言

20160407b-1.jpg 4月3日、動労総連合北陸の結成大会が金沢市で開かれた。
 司会が、「今大会は米韓合同軍事演習と北朝鮮の対抗がエスカレートし、朝鮮侵略戦争前夜情勢のただ中で開催されている。戦争と労働法制改悪に突き進む安倍政権下で、京大反戦スト弾圧を粉砕し、CTSの就業規則改悪を阻止する歴史的な反撃が開始された。動労総連合の闘いは国鉄闘争を再生し、日本の労働運動の復権を切り開く。今こそ全国の仲間に学び、青年労働者の結集を呼びかけ、青年とともに闘える組合を北陸の地に結成する」と開会を宣言した。

総連合・九州 JR入社式で情宣 〝291駅無人化反対、安全守れ〟

20160404b-1.JPG 4月1日、動労総連合・九州は、JR九州入社式へのビラまき・情宣活動を博多駅前で行い、羽廣憲委員長を先頭に訴えた。この闘いは、2月24日組合結成後の第1波闘争であり、16春闘の一環である。
 駅前では、「JR九州は国鉄解雇者を職場に戻せ!」「291駅無人化反対! 鉄道の安全を守れ!」と訴えるビラとマイクアピールが行われた。「私も国鉄労働者でした。今も闘っているのですか。最高裁に不当労働行為を認めさせたの? それはすごい」と感心してすすんで国鉄署名に応じる人、マイクアピールに「私もそう思う。世の中は間違っている。安倍は許せない」と向こうから討論してくる人が何人も現れた。

Home> 労働運動: 2016年4月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top