Home> 労働運動: 2016年6月アーカイブ

労働運動: 2016年6月アーカイブ

動労神奈川 解雇撤回へ方針確立 青年の力で大会かちとる

20160616a-1.jpg 5月28日、動労神奈川は青年労働者の力で感動的な第2回大会をかちとりました。波乱に満ちたこの1年を総括するとともに、安全崩壊のJR体制と対決し、労働法制改悪と戦争に立ち向かう中で、時廣慎一組合員の解雇撤回をかちとる運動方針を決定しました。
 中村幸夫委員長があいさつに立ち、青年労働者の決起への確信に満ちて次のように訴えました。

6・5国鉄集会 動労東京結成から新たな決戦へ 労働法大改悪阻止へ共同声明

20160609b-1.jpg 国鉄闘争全国運動は6月5日、東京の江戸川区総合文化センターで「国鉄1047名解雇撤回、改憲―雇用破壊に反撃を」をスローガンに全国集会を開いた。全国から結集した1626人の労働者・学生は、国鉄闘争を基軸に階級的労働運動をよみがえらせ、戦争と改憲、労働法制の大改悪と立ち向かう決意を固めた。
動労総連合建設へ集会は大高揚
 国鉄闘争全国運動と動労千葉は昨年6月30日、国鉄分割・民営化による動労千葉組合員の解雇をめぐる裁判で、組合員をJR採用候補者名簿から外すために策定された「不採用基準」を不当労働行為と最高裁に認定させた。この地平の上に、国鉄闘争はJRに直接、解雇撤回を迫る新段階に入った。6・5集会は、国鉄解雇撤回新10万筆署名を推進し、それをJRにたたきつけて、解雇撤回についての団交を開かせる方針を確認した。

JP労組大会 「5年で解雇」許すな 中央本部の打倒へ宣伝戦

20160609a-1.jpg JP労組第9回定期全国大会が6月1、2日、兵庫県神戸市の神戸ポートピアホールで開かれた。全国労組交流センター全逓労働者部会は、郵政非正規ユニオン、関西合同労組、ユニオン自立、大阪北部ユニオンの合同・一般労組全国協の仲間とともに宣伝戦に立ち上がった。(写真)
 関西の全逓部会の労働者たち、大阪・富田林局解雇撤回を闘う非正規労働者が大会に参加する代議員、傍聴者に次々とアピールし、「『無期転換』合意に反対しよう」「JP労組中央を打倒しストライキで闘う労働組合をつくろう」「JP労組の組織内候補『なんば奨二』選挙を拒否し、真の闘う労働者代表を国会へ」「7月参院選の中で新しい労働者の政党をつくり出そう」「6・5国鉄闘争全国集会に参加しよう」と熱烈に訴えた。

動労東京ついに結成 首都に階級的労働運動の拠点

20160606c-1.JPG 国鉄東京動力車労働組合がついに結成された。6月1日に結成大会を行った同労組は、4日、鈴木たつお秋葉原事務所で結成集会を開いた。
 戦争・改憲と労働法制大改悪に突き進む安倍政権と真っ向から立ち向かう動労総連合の拠点が、東京に打ち立てられたことの意義は絶大だ。動労千葉の闘いに学び、その路線を実践する労働組合が首都に登場したことは、国鉄(JR)労働運動だけでなく日本の労働運動の全体を塗り替える決定的な転換点になる。

Home> 労働運動: 2016年6月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top