Home> 労働運動: 2017年2月アーカイブ

労働運動: 2017年2月アーカイブ

共同作業所弾圧 「詐欺」事件でっち上げを粉砕 高橋道子さんを奪還

20170226d-1.jpg 2月15日「詐欺」事件でっち上げで不当に逮捕されていた高橋道子さんを、24日午前11時、奪還・釈放を勝ち取りました。不当逮捕弾劾緊急署名はわずか数日間で全国から300筆を越え、檄文とカンパが集まりました。皆さんの数々のご支援、本当にありがとうございました。
 今回の弾圧は、横浜市内の社会福祉協議会の研修室を国鉄1047名解雇撤回闘争支援の交流会や地域の労働運動を担う労働者との会合のために利用したことを「差額をだましとった詐欺」だというものでした。警察のこうした筋書きは、高橋さんの釈放されたことによって、完全なデッチ上げであることが100%明らかになりました。弾圧に手を染めた神奈川県警公安3課を絶対に許さない。恥を知れ!

小竹運輸グループ労働組合支援共闘会議総会 過労死許すな!不当解雇撤回!組合つぶし粉砕! 熱気ある討論

20170226b-1.jpg 2月19日茨城県つくば市で、小竹運輸グループ労働組合支援共闘会議第3回総会が開催されました。2016年の2つの大きな勝利(茨城県地方労働委員会の完全勝利命令と過労死裁判の勝利和解)にふまえ、中村信幸委員長を先頭に全組合員が元気に勢ぞろいし、動労水戸、茨城県地域連帯労組、県西地域合同労組、常南交通労組、共立製薬労組など地域の労働組合、会員とともに熱気ある討論がおこなわれ団結を打ち固めました。

習志野障がい者解雇撤回裁判第2回口頭弁論 習志野市民など80人がかけつけ

20170226a-1.JPG 千葉県習志野市で起きた障がい者Aさんに対する解雇撤回を求める裁判の第2回口頭弁論が2月17日、千葉地方裁判所(阪本勝裁判長)で行われ傍聴席70席を超える80人が結集しました。この裁判は、習志野市の宮本泰介市長が障がい者枠で採用したAさんをたった9ヶ月間働かせただけで、「能力不足」と決めつけて昨年2月末をもって解雇したことに対して、解雇撤回・現職復帰を求める裁判です。
 解雇されたAさんはユニオン習志野に結集し解雇撤回を求める団体交渉を重ねましたが、宮本市長は解雇撤回を拒否。しかも昨年7月にはユニオン習志野の菊池晴知委員長と執行委員の私を「詐欺事件」をデッチあげて不当逮捕して解雇撤回闘争の圧殺を狙いました(弾圧は完全粉砕の大勝利)。Aさんは昨年10月に解雇撤回を求めて千葉地裁に提訴し、昨年12月に第1回口頭弁論が行われました。

2・12 北陸国鉄集会 動労総連合北陸を軸に第二の分割・民営化粉砕へ

20170220a-2.jpg 2月12日、富山市内で北陸国鉄集会が開催されました。まず、集会に先立ち富山駅前で街頭宣伝を動労総連合北陸、北陸労総交流センター、北陸ユニオン、富山大学の学生などが参加して行いました。
 JRや第3セクターの労働者をはじめ、行きかう労働者や学生、市民にビラの配布と国鉄署名を集め、マイクで「民営化は悪だ!」「第二の分割・民営化決戦を闘おう」と訴えました。
 街宣後の集会では、動労総連合北陸の出口委員長のあいさつで始まり、基調提起20170220a-1.jpgで「分割・民営化に次ぐ社会全体を解体・大再編する攻撃の先兵にJRが立っている。動労総連合北陸を軸に自らの陣形を固めながら絶対反対で闘おう」と提起され、その後討論に入りました。北陸労組交流センター代表から全国総会の報告の発言を皮切りに、参加者から次々と積極的な意見が出され、最後に富山大学の学生が青野君の不当逮捕を許さず、直ちに取り戻すことの呼びかけと闘う決意を述べました。全体で団結ガンバローをおこない、2~3月決戦の勝利を誓いました。

関西国鉄集会 「民営化は悪だ!」国鉄闘争の爆発でゼネストを実現し、安倍・トランプを打倒しよう!

20170218c-1.jpg 2月13日、大阪港区民センターで220名の結集で関西国鉄集会が打ち抜かれました。
集会は「民営化は悪だ」と全社会的に暴露し、怒りを組織して「第2の分割・民営化」を労働組合の力に結集させて、核戦争をも辞さず侵略戦争に突進する日米両政府を打倒する闘いの起点となりました。
 山田和広動労西日本書記長の司会で始まり、基調報告として原田隆司動労西日本近畿支部長が行いました。今のJRの安全崩壊の惨状が国鉄分割民営化の破産であり、「民営化は悪だ」という声が全社会に満ち溢れている、と弾劾。17年は勝負の年として青年労働者の獲得を筆頭に動労西日本組織拡大に打って出ようと提起しました。国鉄闘争が17-18年の安倍の労働法制大改悪攻撃との最前線であることを強調しつつ、闘いの展望を指し示しました。

民営化は悪だ!中四国国鉄闘争集会を100人の結集で開催

20170218b-1.JPG 2月12日、岡山市で中四国国鉄闘争集会が、動労西日本、自治労倉敷、愛媛県職労、広島連帯ユニオンの4組合のよびかけで開催された。大雪のため動労西日本米子支部、山陰や広島の一部の仲間が参加を断念せざるをえなかったが、100人が集まった。韓国ゼネストのDVDを上映後、集会が始まった。
 冒頭、自治労倉敷の百本敏昭委員長が主催者挨拶に立ち、「自治労本部は今や自民党と一体の方針を掲げるまでに腐りきっている。本部を打倒し、第2の分割・民営化攻撃を必ず粉砕しよう。」と檄を飛ばした。続いて「選択と集中」の地方切り捨てと闘う婦人民主クラブ広島支部・安芸太田町の大江厚子さん、徳島星野文昭さんを救う会、全国農民会議の内藤大一さん(日本原)、新川登茂宣弁護士、広大学生自治会の森田寛隆委員長が連帯あいさつを行った。昨年11月日韓共同行動を共に闘った大邱鉄道労組のイジェシクさんからは「鉄道民営化阻止を共に闘う」という国際連帯メッセージが寄せられた。

新潟で国鉄集会 17春闘ストで安倍を倒すぞ

20170218a-1.JPG 2月12日、新潟市の関屋公民館で、「国鉄1047名解雇撤回!JRの分社化・転籍絶対反対!『働き方改革』による総非正規職化粉砕!17春闘勝利!2・12労働者集会」が50人の結集で開催された。
 冒頭主催者挨拶として、動労総連合・新潟の星野文男委員長は、韓国の昨年から今年にかけての闘いは革命の扉を開いたものであり、韓国の労働者階級が今問われている課題は、日本の労働者階級にとっても共通のものとなっていること、そしてJR東日本が今やろうとしている外注化は、次元を異にした分社化と転籍攻撃をはらんでおり、第二の分割民営化攻撃に反撃する国鉄闘争支援陣形をつくりだすべく、県内の労働組合への働きかけを行っている中で、民間産別からの国鉄新署名への協力の動きなど、新潟の地で階級の怒りの扉を開きつつある情勢に突入していることを紹介した。

2・12北海道国鉄集会 労働運動の力取り戻し、国鉄分割・民営化に決着つけよう

20170217a-1.JPG 国鉄闘争全国運動・北海道主催の2・12北海道国鉄集会には、青年労働者をはじめとして多数の新たな参加があり、昨年の10月集会を上回る30名が結集しました。この2年、国鉄闘争を根絶しようとする様々な妨害がありましたが、階級的な団結の力で国鉄分割・民営化絶対反対!1047名解雇撤回!の旗を守り抜き、この集会がかちとられたのです。
 司会のNTT労働者が「これから国鉄闘争を徹底的に闘おう!」と開会を宣言。『勝利の日まで~韓国ゼネスト3年の記録~』のDVDが上映され、参加者は前の方に集まって熱心に見入りました。

2・12国鉄集会 新たな国鉄闘争の開始を宣言 650人が第2の分割・民営化粉砕誓う

20170216b-1.jpg 国鉄分割・民営化で不当解雇から30年の国鉄集会が2月12、13日、全国9カ所で開かれた。国鉄闘争全国運動の主催で12日に行われた東京・すみだ産業会館での集会には650人が集まり、1047名解雇撤回と第2の分割・民営化攻撃粉砕を軸に新たな国鉄闘争がスタートした。
 集会は、国鉄分割・民営化絶対反対の30年の地平を握りしめ、新たな1047名闘争の出発点を築いた。30年に及ぶ国鉄闘争は、分割・民営化の大破綻を引きずり出している。その中でJRは、業務の全面的な分社化と労働者への転籍強要、ローカル線切り捨てによる地方破壊を軸とする第2の分割・民営化攻撃に乗り出している。集会は、これと真っ向から対決し、労働運動をよみがえらせる国鉄決戦の新たな地平を切り開いた。

日教組教研集会 労組交流センターが「教組こそ社会を変える先頭に」と訴え

20170216a-1.JPG 日教組第66回教育研究全国集会が2月3~5日、新潟市で開催された。49年ぶりの新潟市での教研集会には、初日の全体集会で約3千人、3日間で延べ1万人近くの教育労働者が全国から参加した。
 韓国、アメリカ、全世界で、労働者民衆が社会の根底的変革を求めて巨万の決起を開始している情勢下での今次教研集会は、日教組教研の歴史的使命が問われる集会だった。1951年の第1回教研集会に「教え子を戦場に送るな」のスローガンを掲げて朝鮮戦争反対の先頭に立った日教組が、今こそ安倍の戦争と民営化攻撃に真っ向対決するときだ。

2・12九州国鉄集会 動労総連合・九州の羽廣憲委員長が基調講演

20170214b-1.jpg 2・12九州国鉄集会 動労総連合・九州の羽廣憲委員長が基調講演
 2月12日、福岡県久留米市の「えーるピア久留米」において、「労働者の団結で社会を変えよう!2・12国鉄集会」が開催されました。
 集会は冒頭に韓国・民主労総ゼネストの記録DVD「勝利に向かって」が上映されました。続いて、国鉄闘争全国運動・九州の竹内良夫代表、国鉄闘争全国運動・手嶋浩一全国世話人からの主催者あいさつと、NAZEN、婦民福岡県支部、狭山闘争、星野闘争、虹ヶ丘学園労組などからの連帯アピールがおこなわれました。
 そして「国鉄分割・民営化から30年!闘いはやまず!1047名解雇撤回!動労総連合を全国へ!」と題して、動労総連合・九州の羽廣憲委員長から基調講演がおこなわれました。

2・12沖縄国鉄集会 「職場から闘いをつくり出そう」と決意

20170214a-1.JPG 2月12日、全国の闘いの一環として、那覇市内で沖縄国鉄集会が開かれた。NTTをはじめIJBS労組や中南部の民間・非正規労働者など25名が参加して熱気に満ちた集会としてかちとられた。この集会はまた、国鉄闘争全国運動・沖縄の第7回総会も兼ねたものとして開かれた。
 集会は、国鉄闘争全国運動の呼びかけ人である宮城盛光さんの司会で進められた。はじめにDVD『勝利の日まで~韓国ゼネスト3年の記録~』が上映された。世界革命の扉を開いた韓国の壮大なゼネスト決起。この民主労総を先頭とする韓国の労働者階級人民の闘いに感動を新たにするとともに、日本における国鉄闘争を基軸とする階級的労働運動の推進と国際連帯闘争の大前進こそがこの韓国の労働者人民の決起に連帯する道であることを参加者全員が確認するものとなった。

2・12東海労働者集会 民営化は悪だ!国鉄闘争勝利!を掲げ

 2月12日、名古屋市で開催された東海労働者集会は、民営化は悪だ!国鉄闘争勝利!を掲げて全国での国鉄集会と一体の闘いとしてかちとられました。
 集会は、青年労働者の司会のもと星野文昭さん奪還の呼びかけと音楽ではじまり、駆けつけた、イラク派兵で負傷、パワハラ・退職強要と闘う自衛隊裁判の原告、池田頼将さんと最後まで固く団結してうちぬかれました。
 韓国民主労総ゼネストDVDは、最後のⅥ部が動労千葉、動労水戸を先頭にした国鉄闘争でまとめられたものでした。これを受けた、「戦争と非正規雇用しかもたらさなかった資本主義に、労働者階級が非和解の団結で対決してきた。今ロシア革命100年!民営化は悪だ!の声を社会全体の声にする国鉄決戦で第二の分割・民営化攻撃と労働法制改悪を打ち破ろう!」と集会の基調が東海合同労組坂野委員長から提起されました。

奈良市従 下水道民営化阻もう 現場の怒り集め裁判闘争へ

20170204a-1.jpg 1月25日、下水道民営化を阻止し、4月委託強行を打ち砕くため、奈良市従業員労働組合(奈良市従)の「裁判闘争決起集会」が約100名の参加で行われました。ここに至る現場の思い、根底的な怒りが集会の基調提起で出されました。そして、ともに闘う弁護士、大阪市職、京都府職労舞鶴支部、動労西日本、関西地区生コン支部奈良ブロック、日教組奈良市の仲間の発言がすべて一つになって、感動的な集会となりました。
 今回始める奈良市当局に対する「義務付け訴訟」(行政訴訟)は、未来に向かっての裁判です。地方自治体には水を守る義務があり、そのための仕事は経験と熟練が必要です。だから市は、現在の正規職員・非正規職員を下水道維持業務に配属し、任用する義務があるのです。このことを訴えて裁判闘争を闘っていきたいと思います。

動労連帯高崎 漆原新委員長を選出 埼玉弾圧弾劾し特別決議

 20170202b-1.jpg 労連帯高崎は1月27日、熊谷市内で第33回定期総会を開き、団結旗開きを行った。
 この日、埼玉地裁は不当逮捕されたNAZEN埼玉の3人の勾留延長を決定した。総会と旗開きは、この暴挙への怒りに燃えて闘いとられた。
 総会は、JRの第2の分割・民営化攻撃と対決し、JRとTTS(高崎鉄道サービス)を貫く組織拡大へ闘う方針を確立した。また、NAZEN埼玉への弾圧を弾劾し、動労連帯高崎の盟友でもある3人の即時釈放を求める特別決議を上げた。病後の体を押して出席した和田山繁委員長は「3人の仲間への弾圧に怒りを覚え、ここに来た」と不屈の闘志を表した。役員改選で漆原芳郎副委員長を新委員長に選出、退任した和田山さんの長年の労をねぎらった。
 続けて行われた旗開きでは、埼玉県内の労組・共闘団体が来賓あいさつ。熊谷地区労を代表して発言した熊谷市職の労働者は「自治体労働者が不当逮捕された今回の弾圧は許せない」と表明した。加須市職、さいたまユニオン、群馬合同労組、埼玉労組交流センター、群馬労組交流センターが、国鉄決戦をともに闘い、NAZEN埼玉への弾圧を粉砕する熱い思いをたぎらせた。

1・26自治労中央委で訴え ストで民営化=転籍・全員解雇阻止を

20170131a-1.jpg 1月26〜27日、東京都内で自治労第152回中央委員会が開催されました。26日、全国労組交流センター自治体労働者部会は江戸川区職労の佐藤賢一さんを先頭に、全国から続々と集まってくる中央委員・傍聴組合員に対し、横断幕を掲げ、マイクとビラで「民営化は転籍・全員解雇の攻撃だ。これと絶対反対で闘う路線を確立しよう。ストライキで闘おう」と訴えて、大きな反響を生み出すことができました。
 自治体部会のビラとともに、2・12国鉄集会への結集を訴えるタブロイド判リーフが多くの参加者に手渡されました。1面横見出しに「民営化と競争は社会を壊す」と大書された『前進』200部も受け取られました。民営化攻撃に対する鮮明な批判と闘いの路線が求められているからです。

Home> 労働運動: 2017年2月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top