Home> 労働運動: 2017年7月アーカイブ

労働運動: 2017年7月アーカイブ

福島署名解雇許さない 都庁前座り込み始まる

20170731d-1.JPG 7月27日、都庁議事堂レストラン解雇撤回を求める第1回の都庁前座り込みが行われ、のべ30人が意気高く闘った。
 この闘いは、都庁議事堂レストランの厨房(ちゅうぼう)で働いていたシングルマザーの非正規雇用労働者、柿沼庸子さんが4月3日に突然の雇い止め解雇を受けたことから始まった。
 柿沼さんは、東京都が3月末で福島の原発避難者への住宅支援を打ち切ることに反対し、職場で同僚に訴え、3月31日の小池知事弾劾の都庁包囲デモを闘った。また、国とJRによる常磐線全線開通に反対して被曝労働拒否で闘う動労水戸のストライキを支援し、4月1日の浪江現地闘争をともに闘った。ともに働く仲間に福島の現状を伝えるとともに、都が外注した職場の現実を労働組合の力で変えようと呼びかけた。

動労総連合・北海道を結成 〝廃線と闘いJR体制倒す〟

20170731c-1.JPG 7月23日、さわやかに晴れわたった札幌市で、動労総連合・北海道の結成大会が開催されました。動労総連合の各単組をはじめ全国から多くの仲間が駆けつけ、地元・札幌の仲間も総力で結集して、30人を超える集会になりました。
 同時に室蘭市では、初日の入場者が100人を超えた星野絵画展の最終日に室蘭星野文昭さんを取り戻す会の総会が行われ、これと一体での旗揚げです。
 司会を務めた賛助組合員のNTT労働者が開会を宣言し、長尾信一委員長が「北海道の鉄道が半分にされるのに、JRの労働組合はすべて沈黙している。反対の声を上げる労働組合として登場する。北海道も労働者の4割が非正規職だ。全国の仲間の熱い期待に本格的な組織建設で応える」と決意を述べました。

動労総連合・新潟が第4回大会 改憲阻止へゼネストを打てる力を!

20170731a-1.JPG 7月22日、動労総連合・新潟は新潟市で第4回定期大会を開催しました。議長にNTS(JR新潟鉄道サービス)とJRによる非正規職の解雇を撤回させるために闘いぬく八代和幸組合員を選出し、星野文男委員長が「動労総連合は『安倍を監獄へ!』を掲げて北島邦彦候補とともに都議選を闘った。『安倍を監獄へ!』は労働者の率直な声だ。追い詰められた安倍政権は18年改憲を打ち出した。動労総連合が先頭で改憲阻止のゼネストを実現しよう」とあいさつしました。杉野彰書記長が16年度経過報告と17年度運動方針案を提案しました。

改憲阻止を軸に大勝負に 動労千葉を支援する会 総会で方針確立

20170724b-1.JPG 動労千葉を支援する会は7月22日、2017年度定期全国総会をDC会館で開いた。支援する会は国鉄分割・民営化が強行された年の1987年4月11日に結成された。それから30年の今年の総会で、支援する会は安倍が狙う2018年改憲発議―2020年新憲法施行の攻撃に総力で対決する決戦方針を打ち立てた。
 連帯のあいさつに立った動労水戸の石井真一委員長は、JR東日本が常磐線の竜田―富岡間の10月21日再開を打ち出したことを弾劾し、「9月23日のいわきでの集会・デモで反撃する」と宣言した。

建設交運のゼネストを 鈴コン共闘総会 安倍打倒を決意

20170720c-1.jpg 7月16日、鈴木コンクリート工業分会闘争支援・連帯共闘会議第6回総会が東京・秋葉原で開かれ、東京西部ユニオン鈴コン分会を先頭に改憲阻止・安倍打倒の大決戦に突入する決意を打ち固めた。総会に先立ち、鈴コン分会は第10回分会定期大会をかちとり、安倍の改憲・労働改悪に対して職場からストライキで反撃する態勢を確立した。
 総会では冒頭、主催者あいさつで共闘会議呼びかけ人の花輪不二男代表が、「残業代ゼロ」法案を政府と合意した連合を弾劾するとともに、「安倍は朝鮮戦争を画策している。戦争をさせない決意をもって闘いに挑もう。これが鈴コン闘争の使命だ」と訴えた。

日教組大会で連合打倒訴え

20170720b-1.jpg 7月15〜16日、日教組第106回定期大会が東京都内の日本教育会館で開かれた。労組交流センター教育労働者部会は、連合と一体化して労基法解体を推進する本部を弾劾し、「『働き方改革』粉砕! 連合打倒しストで闘う日教組を! 改憲阻止ゼネストで安倍倒そう」と訴え、ビラと『前進』を配布し情宣活動に立った。代議員は横断幕を見てうなずきながら入場。大会では「憲法改正反対の特別決議」が採択された。改憲阻止決戦の火ぶたが切られた。

〝小池知事は出てこい〟 福島署名解雇 団交で都の責任追及

20170717a-1.JPG 7月13日、東京西部ユニオンと「都庁ふくしま署名解雇を許さない会」の仲間11人で、都庁議事堂レストランを運営する株式会社はなまるとの3回目の団交を行った。
 都議選を闘って安倍を断崖絶壁に追いつめ、小池百合子東京都知事の正体もここで暴くぞという意欲と確信にあふれて闘った。組合は責任逃れに終始する小池に対して今回の団交に出席するよう申し入れを行っていたが、小池は逃亡した。
 冒頭に、この間、支援共闘組織の「都庁ふくしま署名解雇を許さない会」を結成し、その仲間が出席していることを告げて団交を開始した。

動労東京八潮支部が大井工場前行動

20170706c-1.JPG 6月28日朝、JR東日本東京総合車両センター(大井工場)の(株)交通機械サービスに対し、動労東京八潮支部による夜間勤務の改善を要求する門前行動が、都議選に立候補した北島邦彦候補に連帯して闘い抜かれました。
 雨の中、動労東京八潮支部、動労総連合、なんぶユニオンは、続々と出勤する労働者にずさんな労働時間管理や36協定未締結のまま日勤と徹夜勤務を通しでやらせている実態を暴露しました。14時間10分の拘束時間中、仮眠時間は3時間。仮眠室もなく、詰め所で横になっていると発注元の東京臨海鉄道から電話が入り、直接「汚物処理」の業務指示が出る「偽装請負」の多発で睡眠時間を奪われています。
 八潮支部支部長が配るビラを労働者は傘をさしながら受け取りました。画期的だったのは、元国労闘争団で解雇撤回を闘ってきた小玉忠憲さんが国鉄1047名被解雇者として大井工場で働く労働者に訴えたことです。JRの不当労働行為による解雇撤回を30年闘い続けていること、国鉄分割・民営化の大破綻、安全破壊の外注化と非正規職化阻止の訴えが、JR下請け会社で非正規で働く多くの労働者に届きました。
 動労西日本の山田和広書記長も駈けつけ、第2の分割・民営化である全面外注化、総非正規職化と、労働組合の団結で闘おうと呼びかけました。都議選の小池ファースト支配はプロレタリア世界革命の烽火(のろし)です。労働者人民の総決起で打倒しましょう!(多良川みやこ)

Home> 労働運動: 2017年7月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top