Home> 労働運動: 2018年4月アーカイブ

労働運動: 2018年4月アーカイブ

安全破壊許すな 4・22 尼崎事故13年弾劾し現地闘争 動労総連合ら150人、外注化阻止へ

20180426d-1.JPG JR西日本が起こした尼崎事故から13年となる4月22日、動労千葉と国鉄闘争全国運動・関西が呼びかけた事故弾劾の全国総決起集会がJR尼崎駅北口で行われた。動労総連合を先頭に、関西を始め全国から150人が結集した。
 2005年4月25日、福知山線の塚口―尼崎駅間で起きた尼崎事故は、107人の乗員・乗客の命を一瞬のうちに奪った大惨事だった。JR西日本は「稼ぐ」をスローガンに掲げ、無謀なスピードアップを強行し、それを労働者に強制するため、数十秒でも列車を遅らせたら運転士に「日勤教育」という懲罰を課した。民営化こそが事故をもたらしたのだ。
 JR西日本は昨年12月、台車に亀裂の入った新幹線を3時間も運行し続けるという大事故を再び起こした。そして今、安全をさらに破壊する外注化・非正規職化に突き進んでいる。集会は、この攻撃を反合理化・運転保安闘争で打ち破るという熱意にあふれた。

動労神奈川が定期大会開く

20180419e-1.JPG 動労神奈川の第4回定期大会が、4月15日に神奈川県の横須賀市産業プラザで開催された。
 動労神奈川はこの1年間、時廣慎一書記長の解雇撤回・非正規職撤廃の労働委員会闘争が証人尋問に進み、桑原豪臣副委員長は雇い止め解雇を阻止し無期転換権を獲得した。
 安倍が改憲・戦争に突き進む中で、それを打ち砕く労働組合の団結を固める定期大会となった。
 大会では、最初に中村幸夫委員長があいさつに立ち、「日々、動労神奈川が闘い続けていられるのは多くの方々の支援があるからです。本当に感謝しています。われわれの敵は会社、安倍、ブルジョア階級です。労働者が人間的な生活ができるように、労働運動を通じて闘っていきたいと思います。動労神奈川がさらによりよい組合になるように闘っていきます」と決意表明した。
 来賓あいさつでは、動労総連合から動労千葉の繁沢敬一副委員長が「動労神奈川の闘いは非正規職にとっての希望の闘いであり、今は組織拡大の千載一遇のチャンスです。これからもみなさんと一緒にがんばっていきます」と決意を述べた。動労総連合・北海道の成田昭雄副委員長は「動労神奈川の青年は会うたびに成長している。それは彼らの努力があるからです」と激励した。
 大会では1年間のスト権を100%の支持で確立した、闘う体制を確立し、解雇撤廃・非正規職撤廃を誓った。
 大会に先立って、動労神奈川支援共闘の第3回総会が開かれ、会員拡大に取り組むことを確認した。(動労神奈川 三苫 昭)

動労千葉 CTS本社に抗議 生活できる賃金払え

20180419a-1.JPG 4月12日午後6時、動労千葉はCTS(千葉鉄道サービス)本社への抗議行動に立った。CTS組合員を先頭に、JR本体の組合員も多く参加した。
 CTSの労働者には低賃金が強制されている。動労千葉は団体交渉で、労働者への賃上げ、深夜早朝手当の改善、契約・パート社員への扶養手当の支給、60歳以降の基本給を68%にする大幅賃下げの取りやめなどを要求してきた。
 3月14日の団交でCTSは「原資がない」と賃上げや手当の改善について拒否した。しかし、CTSはJR東の100%子会社であり、JR東は最高益を更新し続けている。それは子会社との契約金を切り縮め、労働者に低賃金を強制することで成り立っている。この現実と対決する春闘後半戦は、第3の分割・民営化との闘いそのものだ。

動労総連合が定期中央委 組織拡大へ態勢固め

20180419b-1.JPG 動労総連合は4月14日、DC会館で第32回定期中央委員会を開いた。東労組が大崩壊する中、動労総連合の各単組は組織拡大の端緒を着実につかんでいる。定期中央委員会は、これを必ず現実の組織拡大に結びつけると固く決意する場になった。同時に、改憲・戦争阻止大行進の運動を組織する先頭に動労総連合が立つことを確認した。
 あいさつに立った田中康宏委員長(動労千葉)は、東労組の崩壊情勢について説き明かした上で、「問題はここからJRの大再編が始まるということだ。JR東日本の深澤祐二新社長は、乗務員勤務制度を変え、乗務員手当を廃止し、全面的な分社化をすると表明している。分割・民営化と立ち向かい、外注化と真正面から闘ってきた動労総連合の真価を発揮し飛躍するチャンスが来た」と訴えた。(写真

ユニオン習志野が組合事務所を新たにオープン

 ユニオン習志野は4月2日、組合事務所を新たにオープンしました。場所は、京成津田沼駅の駅ビル「サンロード」の中にある習志野市役所分室の6階です。安倍政権が改憲に向かって労働組合の解体に全力を上げる中、市当局が提供する組合事務所をかちとったことは画期的な大勝利です。
 ユニオン習志野は2015年7月に結成してから、習志野市当局に組合事務所の提供を求めてきましたが、市当局は一貫して拒否。そこで2017年1月、「既存の組合(習志野市労連)には組合事務所を提供し郵便物を取り次ぎながら、ユニオン習志野には組合事務所も与えず郵便物も取り次がないのは組合差別の不当労働行為だ」として、千葉県労働委員会に申し立てを行いました。

動労神奈川 解雇撤回へ闘う 時廣書記長が県労委で証言

20180412a-1.JPG 4月4日、動労神奈川の時廣慎一書記長の解雇撤回・非正規職撤廃の労働委員会がかながわ労働プラザで開かれ、1回目の証人尋問が行われた。動労神奈川の組合員と、20人を超える支援の仲間が集まった。
 時廣書記長は2015年12月末にJR子会社の東日本環境アクセスを解雇され、組合として解雇撤回の団体交渉を続け、16年8月に神奈川県労働委員会へ提訴した。これまで労資の準備書面が提出され、ついに証人尋問が始まった。
 主な争点は以下の3点だ。①環境アクセスは、時廣書記長が組合員であるので「退職意思の撤回」文書を認めず、職場から排除したこと。②組合員であるがゆえに、時廣書記長をパート社員から契約社員にしなかったこと。③以上は、JRと環境アクセスが行った不当労働行為であること。

沖縄 IJBS労組が門前闘争 雇い止め解雇撤回せよ

職場に革命起こす
20180409c-1.JPG 日本IBMビジネスサービス労働組合(IJBS労組)の富田晋委員長が3月31日付で雇い止め解雇され、最終出勤日の30日には門前で県内外の仲間たちと共に「雇い止め解雇撤回せよ」と集会を行いました。全国の青年労働者も結集し共に闘いました。
 IJBS労組は国鉄闘争に学んで2012年に結成されました。富田委員長、仲宗根光洋書記長を含めて結成当初より4人もの組合員が雇い止め解雇されながら、「1人の解雇も許さない。見捨てない」を合言葉に、非正規職撤廃・外注化反対・新基地建設反対で闘ってきました。
 99%が非正規職という新自由主義の極致とも言える職場での労組結成を、現場労働者は「職場の革命」と呼び、6年間の闘いで職場支配は打ち破られてきました。経営側(JC社・AD社)は労組を解体するために労働契約法の改悪を悪用した5年満期をもって雇い止め解雇するという攻撃に出ました。労働者の無期転換の申込権を剥奪するために試験を導入し、〝選別再雇用〟で労組の組合員と支持する労働者を職場から一掃しようとしたのです。

セブンの不当労働行為弾劾 長野・千曲ユニオンが救済申し立て

20180409a-1.jpg 地域合同労組・千曲ユニオンは、3月5日付けでセブン―イレブン・ジャパン本部を相手に、長野県労働委員会に不当労働行為救済申し立てを行った。3月30日に県庁内で記者会見を開き、明らかにした。
 2時間にわたる会見には6社が参加し、熱心に質疑応答が交わされた。地元紙の信濃毎日新聞には社会面に写真入りで大きく報じられ、WEBニュースにもアクセスが殺到した。
 長野市内の店舗経営指導員(OFC)を担当していた河野正史組合員は、昨年3月に、補助職(AFC)に降格され年収にして約150万円減給された。このことは、河野組合員がジャパン本部社員の労働条件向上と店舗オーナーや従業員の処遇改善を要求して、ジャパン本部の経営方針について批判していたことを嫌った不利益扱いであり、かつその活動を停止させようとした支配介入であり、労働組合法7条1号、3号の不当労働行為であると弾劾した。

関合労弾圧 控訴審へ決起集会 団結拡大し勝利する

20180405d-1.jpg 3月17日、兵庫・西宮市芦原の若竹生活文化会館で「5・12関西合同労組春闘行動弾圧不当判決弾劾!控訴審勝利決起集会」が開かれました。
 近畿救援会の仲間が基調提起を行い、戦争と改憲に向けた共謀罪攻撃を打ち破って勝利したことが高らかに宣言されました。
 5・12弾圧こそ朝鮮侵略戦争の超切迫情勢の中で、組織的団結を罪とし、何より労働運動、労働組合を壊滅する共謀罪攻撃そのものであり、安倍政権の「働き方改革」攻撃そのものです。それに対し完全黙秘・非転向の闘いと労働組合の団結した力で共謀罪弾圧を粉砕し、勝利した。この闘いをさらなる団結の強化・拡大で闘えば必ず勝利できると提起されました。
 次に許用皓(ホヨンホ)さん(写真)、山本美知子さん、多賀一実さんの3組合員が完全黙秘・非転向を貫き、闘う仲間との団結の中で控訴審闘争を闘い抜く決意を表明した。

柿沼さん解雇1年で集会 闘いの全都への拡大を

20180405c-1.JPG 都庁レストラン解雇弾劾闘争1周年集会が4月3日、杉並区・阿佐谷地域区民センターで開かれ、120人が結集しました。都庁議事堂レストランの非正規職労働者だった柿沼庸子さんは1年前の4月3日、突然、解雇されました。小池百合子都知事による福島原発事故避難者への住宅補償打ち切りに反対の声を上げたことで首にされたのです。柿沼さんが「被曝と帰還の強制反対署名」を同僚に呼びかけ、3・31都庁包囲闘争、さらに常磐線延伸阻止の4・1浪江闘争に決起したことに対し、実質的使用者であった小池知事が行った政治的解雇でした。
 柿沼さんは東京西部ユニオン組合員として闘いを開始し、6月には都庁ふくしま署名解雇を許さない会が結成され、団交や都労委、都庁前での座り込みなどで小池と「はなまる」資本を追い詰めてきました。

JR資本に総反撃を 動労千葉がストライキ

20180402a-1.JPG 動労千葉は3月30日午後1時から翌31日の勤務明けまで、幕張車両センター千葉派出の要員削減提案の撤回を求めてストライキに立った。ストに入ったのは、千葉派出で働く3人の組合員と幕張支部の山田護支部長だ。本線上で車両が故障した時、現場に駆けつけて対応するのは検査派出の労働者だ。その要員が削減されれば、異常時に出動することもできなくなる。これは運転保安を解体するとともに、第3の分割・民営化攻撃の本格的な始まりだ。JRは鉄道の全業務を分社化し、そこに労働者を転籍させることを狙っている。これに対し動労千葉は、満を持してストに立った。このストはまた、東労組が大崩壊する中で、JRとその関連会社の全労働者に、労働組合はどうあるべきかを示し、動労千葉・動労総連合への結集を心の底から呼びかけるものにもなった。JRの分社化・転籍・総非正規職化の攻撃にストで闘う動労総連合に結集しよう。

Home> 労働運動: 2018年4月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top