Home> 労働運動 > 国鉄アーカイブ

国鉄の最近のブログ記事

2・11国鉄集会 新たな1047名闘争始まる 改憲・戦争阻む決戦へ

20180215d-1.JPG 国鉄闘争全国運動は2月11日、船橋市勤労市民センターで「国鉄分割・民営化による不当解雇から31年」の国鉄集会を開催し、会場からあふれる630人が集まった。国鉄闘争は1047名解雇撤回を軸に新段階に踏み出した。
 動労千葉は、①1047名解雇撤回の新たな闘い、②ローカル線廃止・地方切り捨てとの闘い、③「働き方改革」と無期転換をめぐる闘い、④外注化・分社化・転籍阻止の闘い、⑤常磐線全線開通阻止の闘い――の国鉄闘争の5本柱を打ち出している。
 1047名解雇撤回闘争については、解雇撤回・団交開催をJRに求める新たな労働委員会闘争を起こす。動労総連合1047協議会も、JR北海道とJR九州に対し、ローカル線切り捨て反対と国鉄解雇撤回を結合させた署名運動を準備中だ。2・11集会は、この5本柱を国鉄と全産別に通用する普遍的方針として確認するとともに、国鉄闘争を戦争と改憲を阻む歴史的決戦の軸に打ち立てた。

『東日本環境アクセスによる雇い止めを許さない!』 小田原で神奈川春闘行動

20180215a-1.JPG 2月12日、神奈川県小田原市内で「労働運動の力で、非正規職撤廃!人間らしく生活できる賃金を!18春闘交流会」を開催しました。動労神奈川と国鉄闘争全国運動・神奈川が呼びかけ、動労総連合の仲間や、東京や大阪からも青年が駆けつけて56人が参加しました。
 集会に先立ち「動労神奈川の桑原豪臣副委員長の雇い止めを許すな」と小田原駅前で参加者が次々とマイクで訴え、桑原副委員長を先頭に東日本環境アクセス小田原事業所前での抗議行動も闘いました。
 安倍の戦争・改憲と労働法制大改悪攻撃のなか、県下で18春闘を職場・地域から開始する第一歩となりました。

無期転換かちとるぞ 動労連帯高崎が総会・旗開き

20180201c-1.JPG 動労連帯高崎は1月26日、熊谷市商工会館で第34回定期総会と2018年団結旗開きを行った。
 総会の冒頭、漆原芳郎委員長があいさつに立ち、JRの子会社で車両清掃などを請け負うTTS(高崎鉄道サービス)で働く2人の組合員が今春、継続雇用5年を迎えることを明らかにし、その無期雇用転換をかちとるために総力で闘うことを表明した。また、動労総連合強制出向無効確認訴訟で昨年10月に東京地裁が出した反動判決を覆すための控訴審闘争に勝利する決意を示した。(写真
 埼玉労組交流センターなど、地域の共闘団体の連帯あいさつが続いた。

動労西日本が定期大会 安全破壊のJR西と対決 無賃労働撤廃・非正規解雇撤回へ

20180125c-1.JPG 動労西日本は1月21日、広島市内で第12回定期大会を開催し、青年労働者と団結して第3の分割・民営化、戦争・改憲攻撃と対決する闘いの方針を決定した。
 冒頭、動労総連合各単組、岡山マスカットユニオン、徳島医療福祉労組、新川登茂宣弁護士からのメッセージが紹介された。続いて、広島連帯ユニオンの壹貫田康博書記長が、「動労西日本はJR職場の問題だけでなく全人民の課題を闘っている。ジェイアール西日本広島メンテック新幹線営業所は車両清掃に携わる元木康亮組合員を解雇したが、これは非正規は組合をつくるなという支配階級の意思だ。組合員全員が闘う組合をつくろう。3・25改憲・戦争阻止大行進を爆発させよう」と訴えた。

被曝強制・ダイヤ改定と闘う 動労水戸定期大会で団結強化

20180118e-1.JPG 動労水戸は1月14日、水戸市内で第36回定期大会を開催し、続いて新年旗開きで団結を打ち固めた。
 大会は17年の激闘を総括し、改憲・戦争、常磐線全線開通、「第3の分割・民営化」攻撃と対決し動労水戸の団結強化・組織拡大をめざす闘いの方針を確立した。JR東日本は安倍政権の手先となり避難区域内での常磐線運転再開を強行し、東京五輪を口実として20年3月までに帰還困難区域での運転再開を狙っている。被曝と帰還を強制し住民と労働者の命と安全を脅かす攻撃に動労水戸は絶対反対し、動労千葉、動労福島、動労東京と共に新たな署名運動を開始する。

 動労千葉が旗開き 勝負の年に勇躍突入 改憲阻止・18春闘へ団結固め

20180108a-1.JPG 動労千葉は1月6日、DC会館で2018年団結旗開きを意気高く行った。2018年は動労千葉にとっても労働者階級全体にとっても歴史の分岐点での勝負の年だ。旗開きで動労千葉は、この決戦に躍り込む決意と団結を打ち固めた。
 あいさつに立った田中康宏委員長はまず、昨年末に急逝した動労千葉の中江昌夫顧問の冥福を祈るとともに、動労千葉の分離・独立の過程で動労大改革を訴え全国オルグに回った中江顧問の偉業をしのび、「この時代にこそ、中江顧問のように自分の組合、地域を超えて闘う労働組合をよみがえらせるために力を尽くすことが必要だ」と訴えた。

スト復権の18春闘へ!  動労総連合定期大会で方針確立

20171207a-1.JPG 動労総連合は12月3日、DC会館で第32回定期全国大会を開いた。今年7月に動労総連合・北海道が結成され、今大会は北海道から九州まで全国11の単組を結集して行われた。
 朝鮮戦争が切迫し、安倍は2020年新憲法施行を叫ぶとともに「働き方改革」の名で労働者の権利・生活・生命を破壊する攻撃を加えている。これに対し大会は、階級的労働運動の復権へ動労総連合が最先頭に立つ方針を打ち立てた。
 あいさつに立った田中康宏委員長(動労千葉)は、「戦後70年の歴史の中で、戦争に押し流されていくか、労働者が力を取り戻して本当に社会を変革するのかの、最大の分岐点にわれわれはいる。安倍政権は自民党がこれまで手をつけられなかった改憲に踏み込もうとしているが、それは国鉄分割・民営化で労働運動がここまで後退したからだ。戦争と改憲だけは絶対に許さないというのが労働運動の原点だ。動労総連合は、産別を超えて改憲阻止の闘いをつくり出す先頭に立たなければならない」と訴えた。

動労水戸支援共闘が総会 職場で被曝労働拒否

18年3・11福島と3月ダイ改阻止へ
20171204c-1.JPG 「被曝労働拒否をたたかう動労水戸支援共闘」は12月2日、東京都内で第3回総会を開催し、全国から約50人が集まりました。
 安倍政権の戦争・改憲、労働法制改悪、そして非正規職労働者の大量雇い止め解雇が18年3月に迫る中、福島をめぐる攻防が安倍政権との最大の激突点に押し上げられています。11年3・11福島第一原発事故以来、被曝労働拒否・常磐線開通阻止を真っ向から闘い、福島の避難者をはじめすべての人びとの根底的怒りと結合して階級的労働運動を発展させている動労水戸の闘いが、この情勢の中で決定的です。
 動労水戸はこの1年、安倍政権によるJRの常磐線開通攻撃に対して4・1浪江、9・23いわき、10・21富岡と連続的に闘いぬくとともに、「自主避難者」への3月末での住宅無償提供打ち切りと闘う中から都庁議事堂レストラン解雇撤回闘争に燃え広がり、都労連をはじめすべての労働組合に被曝労働拒否闘争を拡大する展望を開いています。

外注化粉砕の控訴審へ 動労千葉 10・10判決報告集会開く

20171204b-1.JPG 動労千葉は12月1日、DC会館で出向命令無効確認訴訟判決報告集会を開いた。動労千葉を始めとする動労総連合の組合員が、車両の検査修繕部門の外注化と、それに伴う外注先への強制出向の取り消しを求めて起こした裁判で、東京地裁は10月10日、訴えをすべて退ける判決を出した。これは安倍政権の「働き方改革」を最先頭で強行する超反動判決だ。
 裁判で主任代理人を務める森川文人弁護士の講演を中心にした集会は、反動判決への怒りを燃やし、業務の全面的な分社化を狙うJRの第3の分割・民営化攻撃と対決する決意をあらためて固めるものになった。

24時間ストで正社員化かちとる 動労東京八潮支部 4000円ベースアップも

20171026j-1.jpg 国鉄東京動力車労働組合(動労東京)と交通機械サービス八潮支部組合員は、10月13日、始業時8時20分から全日ストライキ(第1波)を貫徹しました。
 昨年12月29日、動労東京は八潮事業所で働く労働者の過半数を組織して支部を結成しましたが、会社はその直後から組合の弱体化を狙うさまざまな支配介入行為を繰り返してきました。
 会社は組合未加入の契約社員には「6カ月契約」を継続しながら、八潮支部の2人だけ「6カ月」から「3カ月」に切り縮め、抗議する組合員に「承諾しなければ明日から出勤しなくて良い」と通告しました。団交で斎藤総務部長は「3カ月でも2回更新すれば6カ月と同じ」「有期雇用社員の就労継続意思確認を小まめに確認するためだ」(9月27日付文書回答)などと開き直りました。

next archives

Home> 労働運動 > 国鉄アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top