Home> 労働運動 > 民間・合同労組アーカイブ

民間・合同労組の最近のブログ記事

中央タクシー分会長への襲撃弾劾 群馬合同労組が怒りの声明

20190117e-1.jpg 群馬合同労組は、1月20190117e-2.jpg10日、以下の声明を発表した。2015年6月の中央タクシー分会結成から3年半。会社の組合つぶしと、2回のストライキをはじめとした職場闘争、労働委員会、裁判などを闘い、会社を追いつめてきた。去年9月には長野・新潟を含め「全中央タクシー労働組合」が結成され、勝利の地平が職場を変える段階に入った、まさにその瞬間、分会長への襲撃である。本人のPTSD(心的外傷後ストレス症候群)の後遺症、家族の不安と動揺など、苦しい40日を乗り越えて、ついに反撃が始まった。
 「平成」の30年は、国鉄分割・民営化によって連合が登場し、労働組合の力と団結が解体され、非正規職化とブラック企業化の結果、労働者が資本によって殺され、人生を破壊されてきた30年だ。これとの闘いは、資本との壮絶な闘いになる。闘う労働組合だけが、労働者の希望となる時代だ。
 群馬合同労組はK分会長と団結し、組織拡大と職場の闘いの爆発で必ず落とし前をつける。すべてのみなさんのご支援をお願いします。(群馬合同労働組合・清水彰二)

関生弾圧粉砕! 1月1日、大阪府警を直撃するデモうちぬく!

20190101a-1.jpg2019年1月1日、午前10時から、全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部への弾圧に抗議する集会と大阪府警包囲デモが闘われました。
 大阪府警本部近くの大阪城公園教育塔前に、200人の労働組合、市民団体が集まりました。参加者は、40人ものでっち上げ逮捕という大弾圧、今なお11名の組合員を不当に拘留し続けている警察権力への怒りをたたきつけました。完全黙秘で闘う仲間の即時奪還を訴えました。集会の後、大阪府警を包囲するデモが行われました。

関生弾圧粉砕へ東京集会 労働組合への共謀罪適用許さぬ

20181217c-1.JPG 12月15日、「労働組合つぶしの大弾圧を許さない! 東京緊急集会」が日本教育会館(東京・千代田区)で実行委員会が主催して開かれ、160人を超す労働者人民が結集した。
 労組の組織拡大で安倍政権倒す
 8月以来の全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部に対する国家権力の共謀罪型弾圧で、武建一委員長をはじめ組合役員・組合員のべ40人が不当逮捕され、11人が今も勾留されている。12月11日、大阪地検は、昨年12月のバラセメント輸送運賃値上げを求めたSS(サービスステーション)でのストライキ関連の行動を「威力業務妨害」にでっち上げ、武委員長、西山直洋執行委員、柳充執行委員の3人を起訴した(武洋一書記長は不起訴で奪還)。正当な労働組合活動を「犯罪」にでっち上げ、改憲のための労組破壊をもくろむ攻撃だ。

関生弾圧粉砕へ600人が決起 改憲・共謀罪適用阻止を誓う

20181213f-1.JPG 12月8日、大阪市・中央区民センターで、「労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・8集会」(主催・実行委員会)が600人の大結集で打ち抜かれた。8月以来の全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部に対する滋賀、大阪における弾圧で、武建一委員長をはじめ組合員のべ40人が不当逮捕、12人が現在も不当勾留されている。「共謀罪のリハーサル」(集会決議)であり、改憲に向かう安倍政権の組合破壊攻撃そのものだ。逮捕された仲間は完全黙秘を貫き、外の仲間は弁護団と一体となった救援活動、差し入れ、毎週土曜の警察署抗議行動などを激烈に展開し、日々攻撃を打ち砕いている。集会は一人一人の組合員と心の底から団結し、弾圧に総反撃する決意を打ち固める決起の場となった。
 全労働者への弾圧
 集会は実行委員長の樋口万浩さん(全港湾大阪支部委員長)のあいさつで始まった。一連の弾圧の経過を明らかにしたビデオの上映に続き、関西生コン支部の坂田冬樹副委員長が報告を行った。

関生支部弾圧粉砕へ大集会

20181210c-1.JPG 12月8日、「労働組合つぶしの大弾圧を許さない!12・8集会」(主催/実行委員会)が大阪市・中央区民センターで開かれ、全日本建設運輸連帯労組関西地区生コン支部に対する弾圧への反撃を宣言した(写真)。今年8月以来、武建一委員長ら組合員のべ40人が不当逮捕され、12人の勾留が続いている。共謀罪適用と労組活動禁止を狙った大弾圧だ。集会には会場満員の600人が結集し、関生支部の坂田冬樹副委員長が経過報告と反撃の状況を明らかにした。また接見禁止中の武委員長のアピールも読み上げられた。(詳報次号

関西生コン支部弾圧弾劾

 11月21日、国家権力・大阪府警は、全日本建設運輸連帯労組関西地区生コン支部への新たな弾圧を強行した。武建一委員長を再逮捕し、武洋一書記長ら4人を威力業務妨害罪で逮捕した。これは関西生コン支部が昨年12月の輸送ゼネストの一環として実施した、宇部三菱大阪港SS(セメント出荷貯蔵基地)と中央大阪生コンにおけるストライキを口実とした弾圧だ。
 11月21日付産経新聞は「武被告と3容疑者は、ほかの幹部らと共謀。昨年12月12〜13日、......ミキサー車の前に立ちふさがるなどして、業務を妨害した疑い。武被告は、当時現場にはいなかったが......一連の行為を指示した」と報じた。労働組合がストを協議したこと自体を犯罪とする、共謀罪弾圧そのものだ。
 しかし、この間の大弾圧に関西生コン支部の全組合員が完全黙秘・非転向で団結を堅持して闘い、弾圧をその根幹で粉砕している。改憲・戦争の時代の共謀罪との闘いに攻勢的に挑み、勝利している。「労働組合つぶしの大弾圧を許さない!12・8集会」(午後6時30分、大阪市立中央区民センター。主催・労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会)にすべての労働者は結集し共に闘おう。

生きるために労組が必要 合同・一般労組全国協 定期大会開き11・4へ

20181011c-1.JPG 合同・一般労働組合全国協議会が10月8日、東京・秋葉原で第10回定期大会を開催し、改憲阻止への決戦態勢を整えた。
 改憲阻止決戦における全国協の位置はますます高まっている。解雇撤回・原職復帰を貫き勝利した東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会の闘いを拡大し、いよいよ全国協がUAゼンセンをぶっとばして非正規職撤廃、改憲阻止の全国闘争を組織する時が来た――。こうした決意に燃え、大会では全国から結集した代議員・傍聴者の熱烈な討論がかちとられた。

戦争反対の保育労働運動を 第3回関西保育集会を開催

20180816d-1.jpg 7月28日、今回で3回目となる関西保育集会を大阪・中之島公会堂で開催し、前日には大阪市への申し入れとデモを行った(写真)。「戦争反対の保育労働運動をつくり出そう」が今回のテーマだ。戦争・改憲の時代にそのことを訴えることが何より大切だ。
 なぜ保育集会開催にこだわるのか?
 今、戦争・改憲の時代。すべての攻撃は労働組合の解体だ。労組執行部は「雇用の確保」と言って民営化に合意し、現場を黙らせようとしている。しかし現場組合員は納得しない。労働に対する労働者としての誇りがあるからだ。今までやっていた労働と労働者の存在をないがしろにされた時、「いい加減にしろ」と根底的決起を始める。

都庁レストラン 解雇の責任者は小池だ 都労委・水町を追及

20180809a-1.jpg 7月26日と8月1日、都庁議事堂レストラン解雇撤回の東京都労働委員会の第1回審問と第2回審問が都庁で開かれました。
 26日には50人近くの仲間が集まりました(写真)。解雇された柿沼庸子さんは1時間にわたり、解雇に至った経過を述べました。劣悪な労働条件の職場で仲間と「組合を作ろう」と話し合ってきたこと、都が福島の避難者を追い出しにかかろうとする状況に反対して職場で署名を集め、店長を含めて署名してくれたこと、昨年3・31都庁包囲デモと4・1常磐線浪江延伸反対闘争に至って直後の4月3日に解雇されたことを明らかにしました。
 最後に柿沼さんは、安倍「働き方改革実現会議委員」である水町勇一郎公益委員(東京大学社会科学研究所教授)に対して、「人が働いて生きていけない社会、福島の人たちが故郷を追われている社会を変える」とたたきつけました。

SKさくら交通労組 職場の怒り背景にスト 正規・非正規一体で

20180621e-1.JPG 北海道札幌市東区のタクシー運転手の労働組合である、自交総連SKさくら交通労働組合は、6月5日午後5時から本採用(正社員)3名の24時間ストライキに立ち上がりました。今回のストライキは、組合としては昨年12月20日の24時間ストライキに続く2度目のストライキとなりましたが、前回を上回る大きな団結をつくりだす闘いとなりました。
 事の発端は、6月の夏季賞与をめぐり4月末に会社が「嘱託社員(1年雇用の非正規社員)の夏季賞与のランクを変更する」と言い出したことにあります。会社全体としても、私たちの組合としても、正社員は少数派で、嘱託社員が多数派(7割)を形成しています。組合はこの問題を総力で取り組むことにしました。

next archives

Home> 労働運動 > 民間・合同労組アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top