Home> 労働運動 > 民間・合同労組アーカイブ

民間・合同労組の最近のブログ記事

建設交運のゼネストを 鈴コン共闘総会 安倍打倒を決意

20170720c-1.jpg 7月16日、鈴木コンクリート工業分会闘争支援・連帯共闘会議第6回総会が東京・秋葉原で開かれ、東京西部ユニオン鈴コン分会を先頭に改憲阻止・安倍打倒の大決戦に突入する決意を打ち固めた。総会に先立ち、鈴コン分会は第10回分会定期大会をかちとり、安倍の改憲・労働改悪に対して職場からストライキで反撃する態勢を確立した。
 総会では冒頭、主催者あいさつで共闘会議呼びかけ人の花輪不二男代表が、「残業代ゼロ」法案を政府と合意した連合を弾劾するとともに、「安倍は朝鮮戦争を画策している。戦争をさせない決意をもって闘いに挑もう。これが鈴コン闘争の使命だ」と訴えた。

〝小池知事は出てこい〟 福島署名解雇 団交で都の責任追及

20170717a-1.JPG 7月13日、東京西部ユニオンと「都庁ふくしま署名解雇を許さない会」の仲間11人で、都庁議事堂レストランを運営する株式会社はなまるとの3回目の団交を行った。
 都議選を闘って安倍を断崖絶壁に追いつめ、小池百合子東京都知事の正体もここで暴くぞという意欲と確信にあふれて闘った。組合は責任逃れに終始する小池に対して今回の団交に出席するよう申し入れを行っていたが、小池は逃亡した。
 冒頭に、この間、支援共闘組織の「都庁ふくしま署名解雇を許さない会」を結成し、その仲間が出席していることを告げて団交を開始した。

都議会食堂解雇許さない! 都庁前で抗議に立つ

20170511b-2.JPG 5月8日、都庁議事堂レストラン解雇撤回の団体交渉と、3回目の都庁前抗議宣伝行動が40人で闘われた。解雇された非正規の女性労働者の訴えが都庁一帯に響き渡った。
 「私は、目の前の都庁議事堂レストランの厨房(ちゅうぼう)で働いてきた非正規労働者です。解雇から1カ月以上たった今日、団体交渉で会社は『解雇ではない。雇い止めだ』の一点張り。まったく不誠実です。私は子どもをもつ母子家庭です。小池都政は3月31日をもって福島の原発事故避難者への助成金を打ち切って、放射線だらけの所に帰れと言っている。同じことを非正規労働者にやっている」

「闇は光に勝てない!」第一交通武蔵野に対し、解雇撤回の社前闘争とデモ

20170511a-3.JPG 4月16日、東京のタクシー会社・第一交通武蔵野に対し、多摩連帯ユニオンは、第一交通武蔵野分会長Oさんの解雇撤回の社前闘争・デモと集会を行った。三多摩をはじめ、東京各地区の労働者約30名がかけつけ、勝利的に打ち抜いた。
 小泉政権の構造改革以来、規制緩和攻撃が集中的に襲いかかったのが、一つは介護・福祉で、もう一つはタクシー業界だ。新規参入が相次ぎ、営業成績の上がらないタクシー会社は大手のタクシー会社に買収される。第一交通武蔵野も、親会社である第一交通産業が、一昨年の冬にユアーズというタクシー会社を買収してできた会社だ。

都議会食堂(はなまる)は不当解雇を撤回しろ 4・21 食堂前で怒りの抗議行動

20170424c-1.JPG 讃岐うどん店を展開する「株式会社はなまる」は、都庁の「TOKYO都庁議事堂レストラン」の厨房(ちゅうぼう)で働く非正規労働者のAさんを解雇した。ただちに解雇を撤回しろ!
 議事堂レストランは、はなまるが運営し、議員特別メニューなども提供するレストランである。ほぼ全員が非正規職だ。手を止める暇さえないほど忙しい職場で、Aさんは仲間とともに必死になって仕事を回してきた。
 だが、はなまるは4月3日、「政治的ビラを職場で渡した」という理由でAさんを解雇した。Aさんは、福島への帰還と被曝の強制に反対する署名を時間外に職場の仲間に訴えてきた。これでなぜ解雇なのか!

群馬合同労組 中央タクシー分会大勝利 不当労働行為打破し乗務復帰

20170413a-1.jpg 3月27日、群馬県労働委員会は、群馬合同労組中央タクシー分会組合員に対する固定残業手当の毎月約8万円の減額ならびに2015年冬の賞与減額について、明白な不当労働行為を認めて、中央タクシーに対して支払いを命じた。15年6月の段階での分会長の乗務外しについては棄却命令だったが、会社は3月31日に分会長に乗務に戻すことを伝えた。実に1年10カ月ぶりの復帰である。また申し立て以降になされた16年夏・冬の賞与ゼロについても、4月11日、命令された金額と合わせて支払われた。完全な勝利だ。合同・一般労組全国協をはじめ全国からの支援に感謝する。

新潟地域一般労働組合 反動をはねのけて2職場で春闘スト貫徹

20170327b-1.JPG 新潟地域一般労働組合は、3月23日、2事業所で17春闘のストライキを打ち抜きました。3月15日には動労総連合・新潟が、JR貨物の東新潟機関区で杉野書記長が1日ストを打ち抜き、私たちも全力で応援に駆け付けました。新潟地域一般労組はこのストと一体で、県下の労組の主流派として登場する決意でストを打ちました。
 当日は早朝から、鰕名委員長が正規職化を求めて1日ストにはいりました。27年に及ぶ請負の形で電気工事会社で仕事を続けています。組合は委員長を正社員として雇えと繰り返し団交で要求していますが、会社はかたくなに拒否し、「外注さん」扱いを変えようとしません。組合がストを通告すると、社長は「職場の前で集会をやるなら、今後は仕事を回さない」と請負会社の社長を通じで組合を恫喝するという、とんでもない不当労働行為を行いました。組合はこれに対して毅然と対決し、正当な組合活動への弾圧を許さないと表明して「脅し」を撤回させました。そして堂々と門前集会と1日ストを貫徹し、出勤する労働者にともに闘おうとビラを配布しました。 

小竹運輸グループ労働組合支援共闘会議総会 過労死許すな!不当解雇撤回!組合つぶし粉砕! 熱気ある討論

20170226b-1.jpg 2月19日茨城県つくば市で、小竹運輸グループ労働組合支援共闘会議第3回総会が開催されました。2016年の2つの大きな勝利(茨城県地方労働委員会の完全勝利命令と過労死裁判の勝利和解)にふまえ、中村信幸委員長を先頭に全組合員が元気に勢ぞろいし、動労水戸、茨城県地域連帯労組、県西地域合同労組、常南交通労組、共立製薬労組など地域の労働組合、会員とともに熱気ある討論がおこなわれ団結を打ち固めました。

群馬合同労組中央タクシー分会、24時間ストを闘う!(10月23日)

20161027c-1.jpg 10月23日群馬合同労組中央タクシー分会は、午前8時30分からストライキに突入した。
 組合員に対する賞与不支給、もうけ優先安全軽視の経営方針、不誠実な団体交渉などに対する断固たる抗議だ。明日の8時30分まで24時間のストを貫徹する。8時から藤岡市にある中央タクシー群馬営業所前にてスト突入集会をおこなった。新たにできた群馬バス分会の2名も有給をとって参加。中央タクシー分会の3名を先頭に群馬合同労組11名でスト突入にのぞんだ。

群馬合同労組 過労死するまで働かせるな 中央タクシー本社に抗議

20160915a-1.jpg 8月26日、長野県長野市にある中央タクシー本社行動と長野市内デモに立ちました。固定残業代で過労死するまで働かせ、労組つぶしの攻撃をかける中央タクシーは絶対に許せません。
 早朝、組合事務所に集まり出発した群馬合同労組組合員と支援共闘会議の仲間12人は、朝の本社門前抗議行動に立ちました。東京から駆けつけてくれた吉崎製作所の会社破産・全員解雇攻撃と闘う東京東部ユニオンの仲間が合流。群馬のみんなは大感激! ありがとう! 朝の門前抗議行動では、多くの労働者がビラを受け取ってくれました。分会員は代わる代わるマイクを握り、普段ぶつけることのできない思いのたけを大音量でぶつけました。宇都宮司社長が出てきましたが、「敷地に入るな」と言うばかりで、うろうろして身の置き場もない。

next archives

Home> 労働運動 > 民間・合同労組アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top