Home> 学生運動: 2010年7月アーカイブ

学生運動: 2010年7月アーカイブ

中国で闘う労働者と連帯し7・7ホンダ本社に抗議行動

s20100708a-1.jpg 7月7日、中国ホンダとストライキで闘う中国の青年労働者との連帯行動が、動労千葉と全国労組交流センター全学連の呼びかけで取り組まれた。平日の真昼間の緊急行動だったが、東京・関東から労働者・学生約60人が参加した。
 青山一丁目交差点、そびえ立つ「本田技研工業本社」前に「中国ホンダ・ストライキと連帯して闘うぞ!」の横断幕、「2人の労働者の解雇を撤回せよ!」「闘う労働組合をつくろう!」のメッセージボード、動労千葉労組交流センター全学連の旗、各地の合同労組ののぼりがところ狭しと林立した。道行く人びとにビラをまいて、ホンダ本社弾劾行動を訴えた。あちこちでビラを広げながら話しの輪ができた。 

法大で洞口さん処分への全学総決起緊急抗議集会が大成功!

s20100707a.jpg 7月2日の経済学部臨時教授会の洞口朋子さん処分決定を受けて、本日昼休みに全学総決起緊急抗議集会を開催しました! 最初に文化連盟委員長の齋藤郁真君が、学祭規制反対で最先頭で闘ってきた洞口さんが処分されたことに対して学祭規制強行のための処分であることをを満身の怒りを込めてアピール! 「学生の行動で処分を撤回させよう」と、キャンパス中央広場には熱心に聞き入るグループもいました。続いて、最初の退学処分者である内海佑一さんが、1年生4人が書いた洞口処分反対のアピールを読み上げました。学生の声をすべて無視し続けてきた法大当局に、1年生のストレートな思いと怒りをぶつけることができました。 

Home> 学生運動: 2010年7月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top