Home> 学生運動: 2010年9月アーカイブ

学生運動: 2010年9月アーカイブ

法政大学後期決戦の幕が開けた!

s20100922a-1.jpg 9月21日、法政大学の後期が開講し、熱い秋の闘いがいよいよ幕開けしました!
 約2ヶ月ぶりの文連と全学連の登場です。11月集会に向け「1万人の大デモで学生のエネルギーを解き放とう」と書かれたビラは「待ってました!」とばかりに瞬く間に受け取られ、新歓期を上回る受け取り数でした! 前期には一度も受け取ったことがない学生が受け取っていくことが大きな特徴です。久しぶりに再会した学友からは「どこが政権を取ってももう倒すしかない」とイキイキと話しかけられました。菅民主党政権への学生の根底的な怒りを再確信させられました。 

全学連大会が大成功、300万学生総決起へ歴史的挑戦始まる!

s20100912a-1.jpg 9月9~10日、全学連第71回定期全国大会が開催された。2日間の白熱的な論議を通して、11・7労働者集会への大結集と学生自治会建設への展望を握りしめ歴史的大成功をかちとった。06年3・14弾圧以来の4年半の法大闘争に勝ち抜いてきた全学連運動が、いよいよ300万学生の怒りと結合し闘いを組織する指導勢力として踊り出る、歴史的な挑戦が始まったのだ。
 大会でうちたてた5本のスローガン<①「新成長戦略」粉砕! 帝国主義侵略戦争阻止! 大恐慌と対決し、民主党・連合政権を打倒しよう! ②法大闘争勝利! 処分撤回署名の全国的爆発から学生自治会建設へ! ③全国自治寮を防衛し、新樹寮闘争に勝利しよう! ④国境をこえた学生の国際的団結で、「教育の民営化」を阻止しよう! ⑤闘う労働者・労働組合と団結し、11・7労働者集会への1万人結集を実現しよう!>こそ、300万学生が商品としての存在をうち破り、世界を変革する力をもった未来の体現者として登場していく道だ。 

Home> 学生運動: 2010年9月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top