Home> 学生運動: 2010年12月アーカイブ

学生運動: 2010年12月アーカイブ

日航整理解雇撤回! CCU・乗員組合への連帯行動に全学連が決起

s20101226a-1.jpg 12月24、25日の両日、日本航空の202人整理解雇攻撃に反対して闘う日本航空キャビンクルーユニオン(CCU)、日本航空乗員組合、航空労組連絡会が午前11時から正午まで東京・有楽町マリオン前で街頭宣伝行動を行った。24日は200人以上、25日は約150人が参加。全学連労組交流センター、なんぶユニオン、東部ユニオンなども合流し、ともに闘った。24、25日に予定されていたCCUのストライキは回避されたが、CCUは争議権を維持し、闘いを継続する方針だ。CCU組合員を始め当該はみな不当な解雇通告に激しく怒っており、闘う意欲は十分、みな元気だ。 

東北大で執行部選挙に勝利、その勢いで17日反戦集会打ちぬく!

s20101218a.jpg 東北大学学生自治会は、12月1日~10日まで行われた執行部選挙において石田真弓君を委員長とする新執行体制を確立し、その勢いをそのままに、12月17日、キャンパス中央にて昼休み反戦集会を打ちぬきました。
 今年度の執行部選挙は、「朝鮮侵略戦争反対」を真っ向から掲げて、総投票数567票のうち331票の信任をかちとり、大勝利しました。東北大当局は、許しがたいことに「投票するな」「学生は考えるな」という選挙妨害をしてきましたが、学生支配を打ち破って数百の学生が投票行動に決起し、「学生が大学の主人公だ!」という誇りと団結を取り戻したことは本当に決定的です。また、331の「戦争反対」の声は、当局のみならず菅・民主党政権を震撼させています! 

富山大学で朝鮮侵略戦争阻止の反戦集会打ち抜く

s20101215a-1.jpg 12月13日、富山大学学生自治会は切迫する戦争情勢に対して富大反戦集会を開催し、「朝鮮侵略戦争阻止!」の集会とデモを打ち抜き、大学の弾圧をはね返して富大生との合流を勝ちとった。この集会は全世界、全国の学生との連帯で闘いとられた集会だ。今こそ学生は、歴史の全面に出よう! キャンパスから「朝鮮侵略戦争阻止!日本の参戦阻止!沖縄新基地撤去」を掲げて闘おう!
 正午、降りしきる雨の中、法大に次ぐ監獄大学の富大では、「マイク、ビラまきの禁止」「集会の禁止」の集会弾圧の立て看板が設置され、ガードマンが配備されている! しかし、この弾圧をはね返し、富大正門前を学生が制圧して反戦集会が始まった。 

12・9広島で「第3波広大反戦集会」打ち抜く

s20101210c-1.jpg 12・9、「第3波広大反戦集会」を打ち抜いた! 12・4広島市内で緊急の反戦デモが行われ、戦争絶対反対の宣言を発した。そして、「反戦反核のメッカ」・広島大から「朝鮮侵略戦争阻止! 菅政権打倒!」の火の手をあげたのだ。
 正午「今日の集会は、日米合同軍事演習の真っ只中で行います!米日による朝鮮・中国侵略戦争阻止の意思を示そう!」という司会の呼び込みにキャンパスの注目が集まる。 

12・9法大包囲デモ、世界の学生とひとつになってぶち抜く!

s20101210b-1.jpg 12月9日、「朝鮮侵略戦争反対!倉岡さんへの追加処分阻止!菅政権打倒!」を掲げて今年第7波目の法大包囲デモをぶち抜きました! 今回のデモは、全世界統一反戦行動として闘われ、法大当局・公安警察の重包囲の中、学生のエネルギーを爆発させ、「日本の学生ここに在り!」を全世界に発信する闘いとなりました。 

Home> 学生運動: 2010年12月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top