Home> 学生運動: 2011年8月アーカイブ

学生運動: 2011年8月アーカイブ

「全国の大学に闘う組織と団結を!」広島で全国学生集会開く

s20110808a-1.jpg 8月7日午前、全国学生集会が広島市内で開かれた。基調提起を行った法政大学文化連盟委員長の斎藤郁真君は、8月5日からの3日間の闘いを「ヒロシマの核への怒りとフクシマの原発への怒りが合流した。これは11月世界1千万人行動への決定的土台がつくられたということだ」と総括し、「新自由主義の全矛盾が火を噴いている」「膨大な人々の価値観が変化し、万の規模で行動を始めている! 今こそ法大闘争のような闘いを全国でまきおこそう」と訴えた。そして「それら一切の土台として、この時代を闘い抜く学生の全国組織をつくろう。全国大学に学生自治会を、生き抜くための組織をつくりあげていこう!」と、9・9―10全学連大会への大結集を呼びかけた。 

Home> 学生運動: 2011年8月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top