Home> 学生運動: 2013年4月アーカイブ

学生運動: 2013年4月アーカイブ

首都圏学生の新入生歓迎企画、「山本太郎さんと語ろう 4・19トークセッション」

20130422b-1.jpg 4月19日、首都圏学生の新入生歓迎企画として、俳優の山本太郎さんと森川文人弁護士をお招きし、「山本太郎さんと語ろう 4・19トークセッション」を行いました。首都圏大学から多数の学生が参加し、大成功しました。太郎さんは冒頭、「若い人は日本の未来。世の中を変えていきたいという純粋な思いを持った人たちに一番長生きしてほしい」と訴えました。
 3・11原発事故以降、全原発廃炉に向かっての闘いに人生をかけて立ち上がった太郎さんの生き方、そこから発せられる情熱的な語りにみなが引き込まれていきます。太郎さんは、原発事故の隠蔽を図る政府を目の当たりにした怒りを語り、「この状況を変えなきゃと思った人たちがこの国を変える展望をつかんだ時に、健康でいてもらわないと困るんです」と訴えます。 

広島大学で佐藤幸子さんを招き、新歓講演会『フクシマから大学を問う』を開催

20130422a-1.jpg 広島大学では学生自治会再建に向けて、4月開講日から九日間で200枚近くもの自治会建設への意見・要望が集まっています。「学生自治会のように上の立場からの圧力を気にせずに意見できる団体は必要だ」「原発反対」「原発事故に対する広島大学の対処を詳しく知りませんでした。もっと周知をした方がいい」「学費と学食を安くしてほしい」「学部を超えた交流を」等々‥‥学生生活に関することから福島原発事故に関する大学の在り方まで幅広い意見が寄せられています。大学の法人化以降、経営協議会が我が者顔で大学の方針を決定し、福島第一原発事故が起こった後でさえも放射能安全キャンペーンを行う御用学者を福島へ送り出す、こういう大学の在り方が社会的に明らかになりました。そして、同時に「大学の在り方はこれでいいのか」という問いも学生の中から沸き起こっています。
 4月19日、そういった御用学者の被曝隠蔽と現地で闘う佐藤幸子さんをお招きし、新歓講演会『フクシマから大学を問う』を開催! 自治会準備会やクラス入りを通じて企画に関心をもった新入生を含む15名の参加で大成功しました。
 

Home> 学生運動: 2013年4月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top