Home> 学生運動: 2014年11月アーカイブ

学生運動: 2014年11月アーカイブ

東北大学自治会  執行部選勝利へ前進

20141128a-1.JPG 東北大学では今、学生自治会執行部選挙が白熱的に闘われています。
 11月21日、自治会の主催で「安倍政権を倒すぞ! 京大生と連帯し戦争とめよう! 11・20学生大会」を開催しました。
 この日は、学生大会の前段行動として昼休みに川内北キャンパス中央で集会と学内デモを行いました。東北大学学生自治会委員長・青野弘明君の司会で集会が始まり、副委員長の川戸章裕君の基調提起と京都大学全学自治会同学会の仲間の特別アピールを軸に東北大生や駆けつけた全国の学生が発言し、学生大会への結集を呼びかけ、学内を力強くデモしました。

11・2デモで不当逮捕の学生3人を奪還!

s20141122a.JPG 安倍が衆院解散を宣言した11月21日午後、11・2労働者集会後のデモで不当逮捕され勾留されていた学生3人が、全員不起訴で奪還されました! 鈴木たつお法大弁護団長を先頭とした弁護団の奮闘と、京大をはじめとした全国学友の闘い、何より3学友の完全黙秘・非転向の闘いが国家権力をギリギリと追いつめ、ついに警視庁は不当逮捕から20日目にして3学友を釈放せざるをえなくなったのです!
 「獄中で完黙を断固として貫いた。その間、11・4京大公安摘発の大勝利があり、僕たちの闘いは全国のお茶の間に報じられた。いよいよ安倍打倒へ闘いを爆発させる時だ」(首都圏学生・A君)

11・19法大 3学友奪還へデモ 〝京大生と団結し闘おう〟

20141121d-1.jpg 11月19日、法政大学文化連盟と全学連は、11・2デモでの不当逮捕を弾劾し、「3学友奪還! 安倍打倒! 京大生と団結しよう!」を掲げて法大包囲デモを行いました。安倍が衆院解散・総選挙に追いつめられる中で、学生の闘いへの全社会的な期待は一層高まり、この日はマスコミも取材に来ました。

法大武田君弾圧裁判 弾圧職員を徹底追及 検察のデッチあげ明らかに

 11月18日、法大文化連盟委員長・武田君の「暴行」デッチあげ弾圧裁判第4回公判が東京地裁刑事第10部(田邊三保子裁判長)で開かれました。
 今回の公判では、検察側証人として出廷した自称「被害者」の2人の法大職員、通信教育部事務部通教事務課課長・濱田裕嗣と学生センター学生生活課長・喜嶋康太への尋問が行われました。

京大抗議集会に300人の怒り

20141114a-1.JPG 京都大学から、学生運動の歴史的大爆発へ巨大な突破口が切り開かれた! 闘う学生が情勢の主導権を握り、打倒寸前の安倍政権に対し怒りの火柱を上げた。「全国大学に戦争反対の学生自治会建設を!」の闘いは、ついに時代の最前線に公然と姿を見せた。
 焦りに駆られた安倍政権と警視庁公安部は11月13日に京大熊野寮を襲撃し不当家宅捜索を行った。だがそれに京大生は猛然と怒り、抗議をたたきつけた。11・2に不当逮捕された3学生に対し、東京地方裁判所は13日付で勾留延長を決定した。絶対に許さない。

Home> 学生運動: 2014年11月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top