Home> 学生運動: 2016年5月アーカイブ

学生運動: 2016年5月アーカイブ

広島現地でオバマ訪問弾劾の集会・デモ貫徹!

s20160527c-1.JPG5月27日正午過ぎ、前日の集会とデモに引き続き、8・6ヒロシマ大行動実行委員会のよびかけで、オバマ広島訪問に反対する集会とデモが、厳戒警備とオバマを「歓迎」する右翼の妨害を実力で打ち破って打ち抜かれた。
 集会・デモには年休をとって結集した広島や中四国各地の労働者、そして全学連を先頭に約100人が参加した。被爆二世、広島連帯ユニオン、全学連などからの怒りのアピールが行われ、8・6ヒロシマ大行動実行委員会共同代表の大江厚子さんから「5・27オバマ訪問に反対する声明」が読み上げられた。

京大同学会の呼びかけで、京都でサミット粉砕デモ

s20160526f.JPG「サミット粉砕! 安倍を倒せ!」――サミット厳戒態勢を突き破る50人の明るく解放的なデモが、京都の繁華街を席巻した。
 5月25日、京都大学同学会中央執行委員会の呼びかけで、「サミット粉砕!京都デモ」が闘われた。同学会中執は今年2〜3月の反戦バリスト弾圧を粉砕し、労働者人民の先頭で闘いを呼びかけた。今回のサミット粉砕デモは、6月3日まで京都大学キャンパスで行われる同学会執行部選挙のただ中で行われた。
 夕暮れ時の午後7時から三条河原で始まった集会には、京都大学の闘う学生たちと全学連、仕事を終えた労働者が続々と駆けつけた。

デッチあげ弾圧粉砕・全学連A君奪還へ霞が関デモ

s20160526e.jpg5月24日、東京地方裁判所(宇野由隆裁判官)で立川駅街宣「傷害デッチあげ」で不当逮捕された全学連・A君の勾留理由開示公判が開かれた。公判に先立ち、全学連は不当弾圧粉砕を訴える霞が関デモに立った。
 A君が元気に出廷すると、傍聴に集まった仲間たちが拍手で迎えた。宇野裁判官は公安警察によるデッチあげのストーリーに基づいて勾留状を出した張本人だ。だが西村正治弁護人と森川文人弁護人の求釈明に、木で鼻をくくったような態度に終始し、何も答えなかった。

沖縄大自治会選挙、赤嶺委員長を信任

s20160526b.jpg5月19〜24日に行われた沖縄大学学生自治会執行部選挙で、総投票数101のうち信任69票が投じられ、赤嶺知晃委員長候補が信任されました。赤嶺委員長は「沖大生の力によって委員長になりました」と語りました。
 今年度の選挙は、14日のA君デッチあげ逮捕への怒り、5・16沖大集会&デモへの沖大生の決起という高揚の中で始まりました。選挙期間中、米軍属による女性殺害事件が発覚し全島で怒りが爆発。「反戦ストでキャンパスを反戦・反基地のとりでに」「自治会の仲間A君を取り戻そう。赤嶺君・盛島君への処分撤回」を掲げる赤嶺統一候補は、この事件にどう向き合うのかを必死で議論し、「全基地撤去」の怒りに燃えてキャンパスに立ちました。

4・28沖縄デー闘争 武田君を奪還し大高揚

20160509i-1.JPG 4月28日、全学連が呼びかける4・28沖縄デー闘争が闘われ、昼の法政大学包囲デモと午後の国会・霞が関デモ、夕方からの全国学生集会と一日行動が大成功しました。この高揚感の中、東京学芸大学での4・19反戦ビラまき弾圧で不当逮捕されていた法大文化連盟委員長・武田雄飛丸君の釈放をかちとりました!
 法大市ケ谷キャンパスでの昼休み集会とデモは、法大当局による外濠門封鎖にもかかわらず、多くの法大生の圧倒的な注目を集めました。全学連の斎藤郁真委員長は、「この大学のあり方こそが今の社会のあり方の根本的な原因だ」とキャンパス封鎖を弾劾し、「自分たちの信念を行動で示す時がきた。本日のデモから始めよう!」とアピールしました。沖縄大学学生自治会の赤嶺知晃委員長は、「今日たちあがる法大生一人ひとりの決起が現実を変える力をもっています。沖縄の怒りと連帯してともにデモに出よう!」と熱烈に訴えました。全国大学の自治会旗を林立させ、迫力と熱気に満ちた法大包囲デモがかちとられました。

Home> 学生運動: 2016年5月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top