Home> 学生運動: 2016年9月アーカイブ

学生運動: 2016年9月アーカイブ

全学連大会襲撃を弾劾し記者会見 警視庁のテロ襲撃許さぬ 特別公務員暴行陵虐罪で告訴へ

20160922d-1.JPG 全学連は9月21日、東京・霞が関の弁護士会館で記者会見を行い、9月1〜2日の全学連大会に対する警視庁公安部のテロ襲撃を弾劾した。記者会見には全学連の斎藤郁真委員長、全学連救対部の洞口朋子さんとともに鈴木達夫(法政大学弾圧裁判弁護団長)、西村正治、藤田正人の各弁護士が列席した。
 記者会見では警視庁公安1課の星隆夫、芝拓臣、遠山信次、岡野直人らを先頭に行われた権力犯罪の実態が明らかにされるとともに、「特別公務員暴行陵虐罪」での告訴と国家賠償請求訴訟による法的な反撃にうって出る方針が表明された。

韓国梨花女子大 7千人が大集会 総長辞任求め学内を占拠

20160905c-1.jpg 大学で強まる新自由主義攻撃に対し、韓国でも学生たちの一大決起が始まった。ソウルの梨花女子大学で7月末から、学生による大衆的な学内占拠・籠城(ろうじょう)闘争が、すでに40日を超えて続いている。
 発端は7月28日、梨花女子大が「未来ライフ大学」という名の単科大学の新設を決定したことにある。これに反対する学生が学内デモに決起し、大学本館を占拠して座り込みを開始した。当局は警察権力1600人を投入して鎮圧を図ったが、学生は解散を拒否して籠城を続けた。闘いはネットを通じて卒業生にも拡大し、追い詰められた当局は8月3日に計画を白紙撤回した。

警視庁公安の襲撃徹底弾劾

20160905b-1.jpg 全学連の前進に追い詰められた警視庁公安部は、大会参加者に暴力的襲撃を行う大犯罪に手を染めた。徹底弾劾する! 1日朝、会場前でタクシーを降りた作部君ら京大生に、星隆夫、芝拓臣、遠山信次、岡野直人ら私服刑事どもが襲いかかり(写真)、服を引き裂く、眼鏡を壊す、地面に倒すなど暴行して負傷させた。2日朝も参加者を羽交い絞めにし帽子や眼鏡をはぎ取り顔写真を撮影しようとした。国家権力のテロ襲撃を断じて許さない。社会的大反撃をたたきつける。怒りを爆発させ、大会は打ち抜かれた。

全学連大会 全国大学ストへ新執行部を確立 11月国際共同行動の先頭に 戦争・改憲絶対阻止の学生運動を

20160905a-1.JPG 9月1〜2日、全学連第77回定期全国大会が東京・浜町区民館で行われた。世界大恐慌で危機に陥る日本帝国主義・安倍政権が改憲と朝鮮戦争参戦に突進することに対し、東京―ソウル11月国際共同行動が呼びかけられるという歴史的情勢のただ中で開催され、2日間の白熱的討論を通して「4学生処分撤回! 戦争・改憲阻止の第2波京大ストへ!」という鮮明な方針を打ち立て、今秋決戦の爆発を切り開く新執行体制のもと、強固な団結を固めて大成功した。

Home> 学生運動: 2016年9月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top