Home> 学生運動: 2016年12月アーカイブ

学生運動: 2016年12月アーカイブ

12・12京大闘争打ち抜く 「告示第9号」粉砕 反戦ストライキへ進撃

20161215c-1.jpg 12月12日正午、京都大同学会の呼びかけでキャンパス集会を、前日の全学連拡大中央委員会の熱気を引き継いで京大生と全国学生でかちとりました。
 京大当局は新たな「告示第9号」で「法的措置を含む集会禁止」を通告してきましたが、これを完全粉砕し解放的な集会とデモを貫徹しました。
 この日までに集まった4学生への処分撤回署名は8831筆。弾圧のために来た藤田学生課長にその場で署名を提出。許しがたいことに藤田は受け取りを拒否。これに対して集会参加者から弾劾の嵐がたたきつけられました。

警視庁公安刑事を告訴 全学連大会襲撃に大反撃 弁護団31人と共に権力を断罪

20161205a-1.jpg 全学連は今年9月の全学連大会に対して東京都警視庁の公安警察官が行った凶悪なテロ襲撃に対し、31人の大弁護団とともに11月29日に告訴および損害賠償請求訴訟を提訴し、大反撃に立ち上がった。闘うすべての労働者・学生の力を結集し、告訴・国賠闘争に絶対勝利しよう。
記者会見に10社
 全学連は公安警察に対する告訴と国賠闘争を安倍打倒の階級決戦として闘いぬきます!
 11月29日の告訴状提出と国賠提訴を受け、11月30日に弁護士会館で記者会見を行いました。記者会見には代理人弁護士8人とともに、告訴人兼原告である作部羊平全学連書記長(京都大学同学会委員長)と原告である斎藤郁真全学連委員長が出席し、10社のマスコミが取材を行いました。

Home> 学生運動: 2016年12月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top