Home> 学生運動: 2017年6月アーカイブ

学生運動: 2017年6月アーカイブ

闘う新執行部を選出 京大同学会選 学生の怒り束ね

20170612a-1.jpg 5月29日〜6月9日に行われた京都大学同学会中執予備選挙の結果、新執行部(委員長―作部羊平君、副委員長―安田淳敏君、書記長―阿津良典君)が樹立されました。京大当局が作部君ら4人に退学処分をちらつかせ、「告示第7号」で「選挙にかかわってはならない」と恫喝する中、総投票数も信任率も昨年度を上回り(総投票数803票→919票、信任率51%→57%)、見事な勝利を収めることができました。
 重要だったのは、選挙に先立つ5月20日の代議員会における一回生、上回生(院生)との討議を踏まえ、「国や大企業による私物化ゆるさん みんなで決める、自治復活!」を、「さくべ候補者団」のメインテーマに掲げたことです。

新入生中心に奮闘 大注目の京大同学会選挙

20170608d-1.jpeg 反戦バリストを闘った4学生の退学処分が狙われる中、5月29日から京大全学自治会同学会中央執行委員会予備選挙が進んでいます。けっして楽な闘いではありませんが、さくべ候補者団は昨年を上回るペースで得票を重ねています。
 メインスローガンは「国や大企業による私物化ゆるさん みんなで決める自治復活」、サブスローガンは「教育奪還」「戦争反対」「監獄大学粉砕」です。大資本や国家権力に追随する京大当局に絶対反対を貫き、新しい大学のあり方を学生自身が生み出す積極的意味が込められています。
 被処分者2人が立候補、そして彼らにどんな攻撃があっても成り代わって闘うと決断し初めて立候補した副委員長候補・安田淳敏君の存在は、徐々に京大生の心をとらえています。当局はプラカードやビデオ撮影、「告示」で妨害していますが、多くの学生との討論の輪が生まれています。候補者団の訴えを建物階上から鈴なりになって聞き入っています。
 選挙管理委員会のテントの前では多くの学生が同学会や選挙について話題にし、置きビラを見て何人もが投票しています。また、新入生を中心に何人もが選挙管理委員としてクラス入り、ビラ張り、投票所の受付を担っています。それ以外の学生も京大の学生自治を発展させるために創意ある行動を始めています。
 マル学同京大支部は、さくべ候補者団の圧倒的信任をかちとり、退学処分を粉砕します。そして学生運動のリーダーを生み出すため全力で闘います!(K)

京大全学自治会同学会選挙 新入生を中心に何人もの学生が行動を開始

20170605a-1.jpeg 京大全学自治会同学会中央執行委員会予備選挙が5月29日から開始されました。退学処分が狙われる中での今回の選挙。決して楽な闘いではありませんが、昨年を上回るペースで得票を重ねています。
 さくべ候補者団は「国や大企業による私物化ゆるさん みんなで決める自治復活」をメインローガンに掲げています。このメインスローガンは、「教育奪還」「戦争反対」「監獄大学粉砕」―ーの3つのサブスローガンと一体であり、大独占資本や国家権力に追随する京大のあり方に絶対反対を貫くとともに、新しい大学のあり方を学生自身の手で生み出すという積極的意味がこめられています。

国・企業の大学私物化許さぬ 京大同学会選挙 さくべ候補が訴え

20170601b-1.jpg 5月29日からの京都大学全学自治会同学会執行部予備選挙でのさくべ委員長候補の立候補宣言を抜粋して紹介します。(編集局
 2012年の再建以降、同学会がつねに目指してきたのは、「大学自治を取り戻すこと」でした。これ以上の国や大企業による私物化を許さない! みんなで話し合って決める当たり前の自治を、学生の行動と教職員との連帯を通じて復活させていきましょう!
 学費は奨学金ビジネスの拡大とともに値上げされ、教育は公共性を失い、今や「企業の金もうけのための人材育成」がスローガンとなっています。原子力ムラとの癒着や、カネによる教育・研究活動の買収も行われています。社会のための学問を取り戻そう!

Home> 学生運動: 2017年6月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top