Home> 学生運動: 2017年11月アーカイブ

学生運動: 2017年11月アーカイブ

京大でっち上げ弾圧を粉砕 完全黙秘・非転向の闘いの勝利 安倍・山極総長打倒の大学ゼネストへ

20171120d-1.jpeg 11月17日、京都大・山極壽一(じゅいち)総長と京都府警による「公務執行妨害」でっち上げ弾圧を完全粉砕し、安田淳敏君(京大同学会副委員長)と阿津良典君(同書記長)の釈放をかちとりました! 10月31日の不当逮捕から18日間、闘って闘って2学生を取り戻しました。改憲・共謀罪と一体の今回の戦時型治安弾圧に対して2学生は完全黙秘・非転向で闘いぬき、京大生を先頭とした広範かつ大衆的な反撃をたたきつけた奪還闘争によって、実力でもぎりとった勝利です。多くの皆さんのご支援でこの闘いは支えられました。深く御礼申し上げます。ありがとうございました!(全学連救援対策部
写真奪還された阿津君(左)と安田君(右)が報告集会で元気よくあいさつ(17日 京都市)

京大2学生奪還へ進撃 山極総長体制に怒り署名続々

20171116b-1.jpg 10・31京都大弾圧で不当逮捕された安田淳敏君・阿津良典君の完全黙秘・非転向の闘いと一体となって奪還運動が前進しています。2学生の逮捕があまりにもデタラメな弾圧ゆえに、署名やメッセージ、カンパがドンドン集まっています。
 街頭宣伝では、多くの労働者が過去の京大弾圧のことを知っており、今回の不当弾圧でも署名やカンパをしてくれます。「京大生がんばって!」という反応が本当に多い。「共謀罪と一緒じゃないか」などの反応もあり、大学関係者で2万円のカンパをしてくれる人もいました。過去に東京大学駒場寮の廃寮反対闘争に関わっていたという人も激励してくれました。青年や学生の反応も良く、高校生は「テレビを見た」と言って署名をしてくれました。

京大当局の暴挙に大反撃を 暴力で学生の声圧殺狙う 10・27 当局弾劾し1日行動

20171102a-1.jpg抗議する学生に懲戒処分を策動
 京都大当局(山極壽一総長)は10月27日、京大同学会副委員長の安田淳敏君(全学連書記長)に対して、懲戒処分(停学もしくは退学処分)を前提とした「聞き取り調査」=取り調べを行いました。しかもそれは、本人以外の出席を認めない「密室裁判」です。
 今年8月9〜10日、京大オープンキャンパスにおいて、反戦バリケードストライキを闘い退学処分となった4人の京大生が高校生にビラをまいたところ、弾圧職員が妨害、ビデオやカメラで無断撮影を行いました。安田君が現場で徹底弾劾し、抗議したことをもって「職員に暴行しケガを負わせた」と一方的にデッチあげ、懲戒処分を下そうとするとんでもない暴挙です。絶対に許せません!

Home> 学生運動: 2017年11月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top