Home> 学生運動: 2018年9月アーカイブ

学生運動: 2018年9月アーカイブ

退任あいさつ 僕らの行動が社会を変える 斎藤郁真さん(法政大学)

20180906k-1.JPG 今回の大会は多くの初参加者がいて、活動的学生が結集して高めあう場として全学連運動が成長していると感じます。学生の主体的活動を一掃する攻撃は特に2000年以降に激しくなり、法大闘争を通して〝生き残った〟のは僕らだけだった。だから僕らが今、すべてを引き受ける。
 全学連は「大学改革」=「大学の商業化」の問題に突き当たっています。それと激突して、学問を踏みにじるのはいつも資本家であり、資本家に対抗するために学生は労働者とともに闘う、学問を正しく使えるのは労働者階級だけだ、という立場を実践の中からつくってきました。

委員長就任あいさつ 改憲=新自由主義大学粉砕を 高原恭平さん(東京大学)

 20180906j-1.JPG私が全学連の中央執行委員会に入ったのは、1年前の全学連大会の時でした。それまでは、2015年の入学以来、駒場の学生自治会で副自治会長などをやってきました。
 なぜ全学連という組織に入って、全学連の委員長になろうと思ったのか。斎藤さんが退任あいさつで述べていたように、個人の力はかなり小さいものです。一般に「すごい人」と言われるような人であっても、一人の個人である以上は限界があって、一人だけの力で社会を変えることは難しい。しかし、人間は共同性・団結というものを持っています。それは資本主義社会においては、現れにくく、わかりにくくなって、存在しないかのように思われている。だけど、人間はこれまで共同性にこそ依拠して、文明を発展させて、今の社会をつくってきました。だから、個々人の小さな力を一つの大きな力に集約していくということが必要不可欠だし、学生運動の場合は全学連がその役割を果たすわけです。

全学連大会 高原委員長体制確立 今秋改憲阻止決戦へ躍動 京大―東大先頭に全国大学ストへ

20180906h-1.JPG 9月1〜2日、全学連第79回定期全国大会が東京都内で行われた。活発な討論を通して、秋の臨時国会での改憲案発議を阻止し、全国のキャンパスで「大学改革」に基づく自治破壊―権利剥奪と対決する路線・団結をつくり出した。その集大成として、高原恭平さん(東京大学)を委員長とする新執行部を樹立した。
 「新委員長に東京大学の高原恭平君! 新書記長に京都大学の加藤一樹君!」――大会2日目終盤、新執行部の発表で会場の高揚は最高潮に達した。若き学生運動のリーダーの登場だ。

Home> 学生運動: 2018年9月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top