Home> 学生運動: 2018年10月アーカイブ

学生運動: 2018年10月アーカイブ

全学連国賠 襲撃の事実を吐かせろ 公安刑事の証人尋問へ

 10月24日、直前の臨時国会開会日弾劾闘争の熱気を引き継いで、東京地裁429号法廷で全学連大会襲撃事件の国賠訴訟の第7回口頭弁論が行われました。
 これに先立つ10月10日、東京地裁民事第31部の小野寺真也裁判長は、原告が行った「文書提出命令申し立て」を却下するという、大反動に手を染めました。
 一昨年の全学連大会時に、被告である公安刑事どもが学生に行った数々の暴行場面が記録してある写真や動画を開示するよう、東京都と警視庁公安部に命令せよという、まったく当然の要求を小野寺裁判長は踏みにじったのです。しかも、映像に写りこんでいる第三者の「プライバシーが侵害される」おそれがあるなどという理由にもならない「理由」をもって! 
 断じて許すことはできません!

当局圧倒し京大解放集会

 20181008a-1.JPG10月3日、京都大学キャンパスで「10・3京大解放・ザッツ集会!」が打ち抜かれました!
 京大当局は「学外者」を排除するためのピケットを張りましたが、その場に居合わせた京大生が「この職員は集会参加者か」「立て看板撤去の仕事にうんざりしてストライキか」と弾圧職員に野次を飛ばすなど、キャンパスは集会開始前から熱気に満ちていました。
 京都大学同学会の安田淳敏委員長が集会の基調提起を行い、「立て看板の撤去や吉田寮の強制退去と同様の問題が全国の大学で起きている。大学の外に目を向ければ、これは明らかに戦争準備だ。大学の教育・研究を担っている学生・教職員を駒として使う法人組織などいらない。自治的運営を実力でかちとろう!」と訴えました。
 続いて同学会の作部羊平前委員長や全学連の斎藤郁真前委員長、高原恭平委員長が発言しました。会場には炊き込みご飯と豚汁が用意され、歌を披露する学生も登場しました。
 総長団交申入書の提出行動では、受け取りを拒否する学生課長を数十人の学生が追及し、20分間もの攻防が繰り広げられました。
 学生の反乱=ストライキでキャンパスを解放し、学問と真実を取り戻すまで闘います!(京大・K)

Home> 学生運動: 2018年10月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top