第28回外登法・入管法と民族差別を撃つ全国交流集会 朝鮮侵略戦争阻む力示す 4・23横浜 民主労総迎え410人が団結

20170427a-1.JPG 4月23日、第28回外登法・入管法と民族差別を撃つ全国交流集会(全国実主催)が横浜市鶴見公会堂で開かれた。韓国からパククネ打倒をかちとった民主労総ソウル地域本部の同志たちを迎え、在日・滞日外国人労働者をはじめ410人が一堂に会し、切迫する米日帝の朝鮮侵略戦争を阻む団結の力を示した。
 民族・国籍・国境を越えた労働者の団結で「始まる前に戦争を止めよう」という方針を鮮明にさせた集会となり、4・16関西交流集会と鶴橋デモに続いて、首都圏でも在日朝鮮人民との新たな共同闘争が始まった。 

尼崎事故から12年 JRを弾劾し集会・デモ 外注化・戦争・共謀罪に反撃

20170427b-1.JPG 動労千葉と国鉄闘争全国運動・関西が主催する「尼崎事故12周年弾劾!全国総決起闘争」が4月23日、尼崎現地で闘われた。動労総連合を先頭に関西など全国から230人が結集した。
 05年4月25日の尼崎事故は国鉄分割・民営化が引き起こした労働者虐殺そのものだ。それから12年を経た今年の尼崎闘争は、朝鮮侵略戦争と共謀罪制定の攻撃を、国鉄決戦を基軸にした階級的労働運動の力で粉砕するという決意にあふれた。

免状不実デッチあげ Y同志の奪還かちとる

 4月24日、「免状不実記載」のデッチあげで4月3日に不当逮捕され勾留されていたY同志の奪還をかちとった。安倍政権による治安維持法の再来=共謀罪先取り攻撃としての弾圧をまたも打ち破った勝利だ。当該が完全黙秘・非転向を貫き、獄内外が一体となって闘えば、必ず弾圧を粉砕し、敵の墓穴に転じることができる。思想弾圧として強行された本弾圧を絶対に許さず、戦争と一体の共謀罪を粉砕するために全力で闘おう!

三里塚耕作権裁判 意気高く千葉市内デモ/更新意見でNAAの不法を暴く

20170425a-1.JPG 4月24日、千葉地裁民事第2部(内田博久裁判長)で、市東孝雄さんの耕作権裁判の第32回弁論が開かれた。三里塚芝山連合空港反対同盟と顧問弁護団、支援の労働者・学生・市民90人は、「強制執行許すな」の気概に燃えて市東さんとともに闘った。
 午前9時に千葉市の葭川公園に結集し、太郎良陽一さんの司会で集会が開かれた。最初に、来日中の韓国民主労総ソウル本部の公共運輸労組ユシン支部・イヘジョン支部長とファンヒジュン・ソウル本部組織局長があいさつに立ち、半世紀を超えて闘う不屈の三里塚闘争に熱い連帯を表明した。

都議会食堂(はなまる)は不当解雇を撤回しろ 4・21 食堂前で怒りの抗議行動

20170424c-1.JPG 讃岐うどん店を展開する「株式会社はなまる」は、都庁の「TOKYO都庁議事堂レストラン」の厨房(ちゅうぼう)で働く非正規労働者のAさんを解雇した。ただちに解雇を撤回しろ!
 議事堂レストランは、はなまるが運営し、議員特別メニューなども提供するレストランである。ほぼ全員が非正規職だ。手を止める暇さえないほど忙しい職場で、Aさんは仲間とともに必死になって仕事を回してきた。
 だが、はなまるは4月3日、「政治的ビラを職場で渡した」という理由でAさんを解雇した。Aさんは、福島への帰還と被曝の強制に反対する署名を時間外に職場の仲間に訴えてきた。これでなぜ解雇なのか!

都議選勝利を誓う 杉並で労組が決起集会

20170424b-1.JPG 22日、杉並区阿佐谷で都議選勝利に向けた決起集会が開かれた。
 7月都議選には、北島邦彦さんが、戦争と民営化に絶対反対で、安倍―小池打倒を掲げて立候補する。北島さんは「戦争も民営化も進める連中は同じ。労働組合の拠点をつくり、ストで小池を倒そう」と訴えた(発言要旨2面)。また全学連の斎藤郁真委員長は、「学生の貧困は労働者の貧困だ」と指摘し、労働者とともに闘うと述べた。
 東京西部ユニオンや地域住民も「都の予算案は全会一致だ。小池と闘うのはここしかない」と必勝への決意を固めた。

奈良市従 下水道民営化阻む 「義務付け訴訟」始まる

20170424a-1.jpg 4月13日、ついに奈良市下水道民間委託阻止の「義務付け訴訟」の裁判が始まりました! 大法廷いっぱいに集まった傍聴者と原告団による意見陳述。その後の総括集会では「下水道は人間の命の問題! 非正規職員の1カ月任用許さない!」と、参加者の団結が一気に深まりました。
4月委託を粉砕
 下水道の維持管理業務に従事する嘱託職員に対する3月末での解雇攻撃に対して、夜11時を過ぎる団体交渉を繰り返し、ついに4月からの委託と解雇を阻止しました! 委託を阻止する5回目の大勝利です! しかし、当局は嘱託職員に対して1カ月の任用という、ふざけきった脅しの攻撃をしかけてきました。本当に許せません!

『共産主義者』192号―ロシア革命100周年特別企画・第2弾まもなく発売!

20170422.jpg前進社出版部は、「ロシア革命100周年特別企画・第2弾」として『共産主義者』192号を発行します。5月1日発売、AMAZONでの先行予約も開始しました。

http://amzn.asia/bOGaVuZ

いま、「ロシア革命100年」をテーマにさまざまな出版物や特集・連載が話題になっていますが、そのなかでもとくに光彩を放つ画期的な著作です。

◆労働組合の決定的役割を描く
 丹沢望さんの「ロシア革命における労働組合の役割」は本号のほぼ2分の1、69ページの一大企画です。ロシア革命がいかになしとげられたのかというテーマに徹底的にこだわり、これまでのロシア革命のとらえ方を一新。革命の主体である労働者階級そのものをクローズアップさせてロシア革命を描ききっています。実際、党(ボルシェビキ)と労働組合とソビエト(労働者・農民・兵士評議会)が三位一体となり、ツァーリと臨時政府を倒し、労働者権力を打ち立てたのがロシア革命です。

2017年4月20日18:07

第26回外登法・入管法と民族差別を撃つ 関西交流集会 民主労総と戦争阻止を誓い在日居住地域をデモ行進

20170420e-1.JPG 4月16日、汗ばむほどの快晴のもと、「打ち破ろう分断! 取り戻そう団結! 民族差別・排外主義と入管体制を打ち破り、全世界の労働者は団結しよう! 第26回外登法・入管法と民族差別を撃つ関西交流集会」が大阪市立東成区民センターでかちとられた。
 戦争と革命の激闘のただ中から韓国・民主労総の仲間を迎え、215人の労働者・学生が結集した。この日も早朝から北朝鮮のミサイル発射が報道され、いつトランプが先制攻撃のボタンを押すかという情勢だ。会場は熱気と集中力であふれていた。

2017年4月20日17:56

全学連国賠訴訟 警視庁のテロ襲撃を断罪 共謀罪先取りの弾圧に反撃

20170420d-1.JPG 4月17日、警視庁公安部による「全学連大会襲撃事件」(昨年9月)の国家賠償請求訴訟の第1回口頭弁論が東京地裁(永谷典雄裁判長)で行われました。全学連の斎藤郁真委員長、京都大学全学自治会同学会の作部羊平委員長ら原告6人と弁護団が出廷し、「共謀罪の先取り」とも言うべき警視庁公安部のテロ襲撃への反撃を開始しました!
 被告側(15人の公安刑事個人と東京都知事・小池百合子)は、公安刑事の代理人弁護士と東京都の役人の計7人が出廷。当該である警視庁公安部の公安刑事はまったく姿を見せませんでした。

2017年4月20日17:48

Y同志すぐ釈放しろ 勾留理由開示公判 免状不実は不成立

20170420c-1.JPG 4月3日、Y同志は「前進社に住んでいないのに、その住所で運転免許証を更新した」と免状不実記載をデッチあげられ不当逮捕された。Y同志は間違いなく前進社に住んでいる。一緒に住んでいる多くの同志たちが皆知っていることだ。
 4月19日、勾留理由開示公判が東京地裁で開かれた。傍聴にかけつけた同志たちは、法廷に現れたY同志に歓声を上げ拍手を送った。

2017年4月20日14:01

米日の朝鮮戦争阻止へ決起 広島など各地で労組先頭に

朝鮮戦争の切迫の中で、各地で戦争絶対反対の街頭宣伝とデモが闘われた。
20170420b-1.JPG広島
 15日、広島県労組交流センターと8・6ヒロシマ大行動実行委員会の呼びかけで、「シリア空爆弾劾、朝鮮戦争絶対阻止広島緊急行動」が行われました。中四国各地の仲間も含め40人の参加で原爆ドーム前での集会とデモ、街頭宣伝を打ち抜きました。
 デモ出発前の集会では、多くの平和公園・原爆ドーム訪問者、とりわけ中東や欧米などからの外国人訪問者の注目を集めました。多くの人びとが「トランプのシリア攻撃弾劾、朝鮮戦争阻止」という英語のスローガンが書かれた横断幕をカメラに収め、アメリカ人の来訪者が「すばらしい!」と叫んでともに横断幕を持ち、声を上げる場面もあり、広島から世界に訴える国際行動となりました。

2017年4月20日12:17

新入生と活発な討論 法政大、東北大で新歓企画

20170420a-1.jpg法政大学
 4月18日、法政大学・社会科学研究会の主催で、全学連の斎藤郁真委員長を招き、「軍学共同と学生の貧困について考える」と題した新歓講演会を行いました。新入生も参加し、大いに議論が盛り上がりました。
 講演会後の討論の焦点になったことは、「政治と労働の分断」というテーマです。これこそ新自由主義で問題になっている核心です。キャンパスや職場では日常的に政治が奪われ、労働運動・学生運動もできない。そこ以外の街頭などで政治活動がされているあり方をどうのりこえるのかが問題になりました。

2017年4月17日13:38

〝朝鮮戦争やめろ〟 横須賀など各地で一斉行動

20170417e-1.JPG 4月15日、横須賀市で神奈川労組交流センターが呼びかける「朝鮮戦争阻止!全国統一行動」が行われた。全学連や婦人民主クラブ全国協、さらに横須賀をはじめ県内から50人が集まり、戦争絶対阻止を街頭宣伝とデモで訴えた。いじめや自死が相次ぎ、極限的な状態に置かれている自衛官やその家族にも、ともに立ち上がろうと訴えた。
 午後5時半、「ストライキで戦争を止めよう」の横断幕を先頭に横須賀中央駅前から出発したデモ隊は、多くの注目を集めた。若者や外国人がスマートフォンを向け、青年たちが手を振る。

2017年4月17日13:07

〝生活できる賃金よこせ〟 動労千葉がCTS本社に抗議

20170417d-1.JPG 動労千葉は4月12日、春闘後半戦としてCTS(千葉鉄道サービス)本社への抗議行動に立った。これに先立つ団体交渉で、CTSは動労千葉の要求に対してゼロ回答を強行してきた。
 動労千葉の要求は、月3万8千円の賃上げ、契約社員を時給制から月給制に戻すこと、契約・パート社員の時給1500円への引き上げなどだ。
 午後6時、CTS本社前に集まった動労千葉の組合員と支援50人は、「CTSは生活できる賃金を支払え」と書かれたパネルを広げ、CTSへの怒りの声を上げた。

2017年4月17日12:59

韓国 セウォル号惨事に怒り新た

20170417c-1.jpg 4月15日、ソウル・光化門広場で、パククネ退陣非常国民行動が主催する第22回汎国民行動が開催され、16日のセウォル号惨事3周忌を前に10万人が集まった。セウォル号惨事は、新自由主義のもとで引き起こされた国家犯罪だ。これに対する怒りは「この社会を根本的に変えなければいけない」という思いとなり、青年・学生の決起とパククネ打倒の大きなうねりを生み出した。朝鮮半島をめぐる戦争情勢の急切迫と対決し、戦争絶対反対の声も広場に響いた。

2017年4月17日12:53

京都大 斉藤征二さんが講演 原発と戦争を止めると決意

20170417b-1.jpg 4月13日、京都大学で「原発と戦争、どう止めるか」と題して、元原発労働者の斉藤征二さんを講師に招いて講演会を開催しました。(写真)
 斉藤さんは、戦争への怒りが自分の闘いの出発点であることを強調し、原発も戦争と同様、一握りの支配者の金もうけのために多くの人びとの命と生活を犠牲にするシステムであることを明らかにしました。
 講演の後、新入生や市民の方など、多くの参加者から質問や意見が出され、活発な質疑応答が行われました。中国からの留学生は、日本で中国に対する排外主義があおられている現状を涙ながらに訴え、「戦争をつくりだす一切の原因は安倍政権にある」と訴える斉藤さんの講演への感動を語りました。
 最後に、京大同学会の作部羊平委員長がまとめを行い、京大に巣食う原発御用学者との闘いを契機に同学会が再建されたこと、そしてこれまでの地平を発展させ軍学共同研究絶対反対の全学ストにむけて闘う決意を語って全体を締めくくりました。(京都大学・S)

2017年4月17日12:30

三里塚一斉行動、強制執行阻止署名始まる

20170417a-1.JPG 4月15日、三里塚芝山連合空港反対同盟と支援連絡会議は第47回の空港周辺地域一斉行動に立ち上がった。成田ニュータウンでの3・26全国集会の成功の上に、「農地死守、第3滑走路阻止」の闘いをますます発展させるべく、全員が闘志に燃えて闘い抜いた。
 午前8時30分に、天神峰の市東孝雄さん宅離れ(決戦本部)に集合し、打ち合わせを行った。3・26集会で提起された農地取り上げ強制執行阻止の請求異議裁判署名運動が、今日から本格的に開始される。署名への協力を訴える真新しいカラーリーフレットができ上がってきた。周辺地域住民から集めるのはもちろん、「戦争反対」の声を上げる人びととの連帯を求めて、署名を携えて国会前などへ積極的に打って出ることを確認した。

2017年4月14日08:39

4・1動労水戸の浪江闘争@movie

動労水戸支援共闘が4月1日、動労水戸の常磐線浪江延伸反対の浪江闘争の動画を作成したので紹介します。

2017年4月13日16:58

新歓闘争 全学連が新入生と熱い出会い 京大、東北大、広大、福島大など

20170413e-1.jpg 全学連は、法政大学などの入学式(既報)をはじめ、京都大学、東京大学(写真左)、筑波大学(写真下)と、全国大学で宣伝活動を展開し、新入生との交流を実現している。
京都大学
 京大同学会執行部は大学の軍事研究の是非を巡るシール投票を行い、広範な新入生と合流しています。3日間で投票総数は267。反対票が賛成票を上回りました。
 その中で、今の時代と社会を根底的に問う討論が行われました。「北朝鮮の脅威がある中、自衛のための研究は必要なのでは」などの賛成意見に対し、「日本学術会議が戦後一貫して保持し続けてきた軍事研究反対の声明が解体されようとしている」などの事実を明らかにする中で多くの学生が賛成から反対へ転じたことです。
 来週は元原発労働者の斉藤征二さんの講演会を企画するとともに、クラス討論で全学生に大学の軍事研究問題を問うていきます。4・26、全国から京大に集まろう!

2017年4月13日16:04

一時金カット、団交拒否に救済申し立て

20170413d-1.JPG 4月5日、徳島医療福祉労組は徳島県労働委員会に不当労働行為の救済申し立てを行いました。翌日、地元紙にも取り上げられました。
 折しも今年は国鉄分割・民営化から30年。JRは破綻が明らかになり、動労総連合の闘いが花開いています。また沖縄米軍基地反対を貫く星野文昭さんへの無期懲役から30年で、星野さん奪還が重なる年です。
 申し立ては①「評価制度」絶対反対の闘いに対する手束病院グループの株式会社・介護施設「昭誠館」による賞与4回分計32万4千円カット、②「マイナンバー提出」拒否による不利益扱い、③団交拒否に対してです。

2017年4月13日15:58

国家権力と闘う拠点「近畿救援会」を結成

20170413c-1.JPG 3月29日、救援連絡センターと団結し、大阪市立中之島公会堂に70人が結集して、戦争と治安弾圧と闘う「近畿救援会」をついに結成しました。
 朝鮮侵略戦争への突入前夜という緊迫した情勢のもとで労働運動・学生運動への弾圧が激化し、新共謀罪が制定されようとしています。しかしそれは暗黒の時代への突入ではありません。弾圧を通して国家権力との闘いが労働者階級の正面課題となる革命の時代です。近畿救援会は、まさに労働者階級の団結の拠点として、戦争と革命の時代に産声をあげたのです。

2017年4月13日12:35

韓国・済州島 〝南北分断の打破へ闘う〟 蜂起の精神継承し労働者大会

20170413b-1.jpg平和と統一求め新社会建設訴え
 4月2日、韓国・済州島(チェジュド)で「親日・分断体制清算!朝鮮半島平和体制実現!サード配置全面廃棄!済州軍事基地化阻止!」を掲げて「4・3抗争69周年精神継承全国労働者大会」が開催され、鉄道労組の青年労働者を先頭に全国から2500人が駆けつけた。
 「4・3抗争」とは、1948年4月3日に済州島の全住民によって闘われた米軍政打倒の武装蜂起のことだ。その「精神継承」を掲げて開かれた集会は、韓国で始まった革命の圧殺をかけて朝鮮半島での戦争発動に突き進んでいる米日帝国主義と真っ向から激突する闘いの宣言にほかならない。

+最新記事(20)
Category
世界の闘い(5)
労働運動(5)
学生運動(5)
闘争記事(5)
弾圧との闘い(5)
主張(5)

Index of all entries

Home

カテゴリ
アーカイブ
Feed
QR code for Mobile

Return to page top