前進チャンネル第40回「衆院選のうねりを11・5へ」@movie

前進チャンネル選挙編「斎藤いくまの衆院選最終日」@movie

前進チャンネル選挙編「斎藤いくまの衆院選11日目」@movie

「斎藤いくまに聞いてみた」最終回『私に決めて下さい』@movie

前進チャンネル選挙編「斎藤いくまの衆院選10日目」@movie

前進チャンネル第39回「安倍・石原伸晃打倒を」@movie

住宅闘争勝利へ集会 崇仁・東三条で闘い進む

20171019f-1.jpg  水平同盟の久原正子委員長は8月の八尾北夏祭りを頂点にした地域拠点建設の進展を報告。西郡住宅を市の直営に戻させることなどを求める住民訴訟の意義、八尾北医療センターが地域ソビエトの拠点となる位置にあることを語りました。
 高槻の仲間は植木団地追い出し絶対反対の地平が富寿栄(ふすえ)住宅の建て替え(追い出し)計画を阻止していると報告、11月23日の植木闘争3周年集会への結集を呼びかけました。
 集会は、全国水平同盟の推薦候補、斎藤いくまさんの衆院選決戦のただ中で開催されました。斎藤さんのようにストレートに追い出し・首切り反対、非正規職撤廃を訴えたら響く情勢であり、各地域で組織化していこうと確認しました。

11・5大結集へ闘い進む 関西 国鉄集会が大成功 3労組が一堂に会し

20171019b-1.JPG 10月12日に大阪市の港区民センターで、11・5労働者集会―改憲阻止1万人行進に向け、関西国鉄集会が200人を超える結集でかちとられた。戦争・改憲策動が激化し、衆院選決戦が白熱的に闘われる中で、動労千葉、全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部、全国金属機械労組港合同の3労組が一堂に会して11・5の成功を誓い合った。
 集会は大阪市職の赤田由行さんの開会あいさつで始まった。基調報告を動労西日本近畿支部の原田隆司支部長が提起した。「総選挙によって、戦争か革命かが私たち労働者一人ひとりに問われ、労働者が生き方をかけて闘う時代に突入した」と明らかにし、国鉄闘争をもってJR体制と闘いぬき、分社化、出向・転籍攻撃と闘い、労働運動をよみがえらせ、連合を揺さぶっていることを確認し、勝利の展望を示した。

2017年10月19日16:52

11・5大結集へ闘い進む 改憲は絶対阻止だ 九州 福岡市内をデモ行進

20171019c-1.JPG 10月15日、福岡市で「改憲絶対阻止!安倍を倒そう!10・15九州集会」が50人の結集で開かれました。主催は動労総連合・九州と合同労組レイバーユニオン福岡です。
 「映像でよみがえるロシア革命」のDVD上映で集会が始まり、NAZENナガサキの城臺美彌子(じょうだいみやこ)さん、佐賀空港へのオスプレイ配備に反対する百万人署名運動の青年、星野文昭さんを取り戻す会の若い労働者、狭山闘争を闘う部落の青年が連帯あいさつを述べました。城臺さんが、「朝鮮半島で始まろうとしている戦争は核戦争です。被爆者として絶対に許せません」と怒りをあらわにし、「安倍を監獄へ」「12・2玄界原発再稼働阻止闘争をともに闘おう」と呼びかけると、集会は一気に盛り上がりました。

2017年10月19日16:31

11・5大結集へ闘い進む 動労千葉の神髄学ぶ 東京東部 八潮支部も参加し

20171019d-1.jpeg 10月13日、東京・亀戸のカメリアプラザで「改憲と戦争、絶対とめる 労働法制改悪やめろ!東部集会」が40人の参加で行われた。
 集会前に戦後革命期の労働運動のビデオが上映された。日本共産党の裏切りで中止に追い込まれた1947年の2・1ゼネストへとのぼりつめる荒々しい労働者の姿が新鮮だ。
 司会は国鉄闘争全国運動・東京東部の会共同代表の米山良江さん。米山さんは当日の朝から闘いぬかれた動労東京八潮支部の大井工場前のスト突入集会に参加した感動を述べ、この場に参加している八潮支部の組合員を紹介した。八潮支部組合員による24時間ストライキの報告と闘いへの決意は圧巻だった。

2017年10月19日16:17

スキル労働委勝利へ 大阪で郵政労働者決起集会 現場労働者の団結を固める

20171019e-1.jpg 10月15日、大阪市内で郵政労働者決起集会が開かれ、集配や渉外、事務の労働者など郵政の労働者を中心に、自治体、教労の仲間も参加しました。
 スキル大阪府労働委員会闘争の申立人である村山晃さん(吹田郵便局)が基調報告を行い、「戦争と改憲攻撃との大激突となった衆院選で斎藤いくま全学連委員長の勝利を絶対にかちとろう。11月労働者集会に郵政労働者は総決起しよう」と訴えました。

2017年10月19日14:53

免状不実弾圧を粉砕 広島 Tさん奪還かちとる

 10月4日、広島県警に「免状不実記載」デッチあげ逮捕され、広島南警察署に勾留されていたTさんは10月13日、勾留理由開示公判直後に不起訴・釈放をかちとりました。完全黙秘・非転向で闘うTさんを先頭に、獄内外一体となって反撃し、勾留の延長を許さず弾圧を粉砕したのです。
 今回の弾圧は百パーセントデッチあげです。Tさんは、今年6月16日に自宅のある徳島県運転免許センターで免許を更新しました。これまで何度もそうしてきたのですから、当然です。それを権力は今になって「真実の住所は広島である」「住所が徳島であるかのように装って虚偽の申立てをなした」と強弁して逮捕し、前進社中国支社と徳島の自宅を家宅捜索する暴挙に走ったのです。

2017年10月19日14:44

新たな処分を許さない 10・11 京大で怒りの学生集会

20171019a-1.jPG12人に学内入構を禁止し機動隊配置
 10月11日昼休み、京都大学全学自治会同学会執行委員会の呼びかけで「改憲阻止! 『自衛戦争』のウソを暴け! 10・11京大集会」が行われました。全国の労働者・学生に京大の闘いを報告します!
 京大当局は、朝鮮戦争発動に向けた支配階級による解散・総選挙―改憲攻撃と一体で、かつてない弾圧に手を染めました。
 京大当局は10月2日、一切の理由を示すことなく「反戦ストライキ処分」(反戦ストライキを理由にした4学生への無期停学処分)の当該を含む12人に「敷地内立ち入り禁止」通告を出しました。

2017年10月19日14:01

前進チャンネル選挙編「斎藤いくまの衆院選9日目」 @movie

2017年10月18日10:38

前進チャンネル選挙編「斎藤いくまの衆院選8日目」@movie

2017年10月17日14:19

前進チャンネル衆院選特別篇「10/15阿佐ヶ谷デモ」@movie

2017年10月17日11:29

前進チャンネル選挙編「斎藤いくまの衆院選7日目」@movie

2017年10月16日12:52

安倍・石原伸晃打倒を この国に革命を 斉藤いくま全学連委員長を国会へ 斎藤候補を先頭に600人が阿佐谷デモ

20171016d-1.JPG20171016c-1.JPG10月10日から始まった衆院選挙。
 唯一の日曜日である10月15日午後。小雨が降る中、阿佐ヶ谷駅前から杉並区役所まで、斎藤いくま候補を先頭に600人がデモ行進した。〝この国に革命を〟と書かれたのぼりを林立させ、太鼓の音に合わせて「安倍も小池も監獄へ!」「斎藤いくまを国会へ!」と元気よくコールを響かせた。

2017年10月16日12:32

前進チャンネル選挙編「斎藤いくまの衆院選6日目」@movie

2017年10月16日12:30

戦争動員は実力でとめる 労働者の怒り思い知らせよう 斎藤いくまの訴え

この国のあり方に反乱を
20171016c-1.JPG 私が何より大事にしていることは、「人間が働いてこの社会を動かしている」ということです。政治家が何を言おうが、社会を実際に回しているのは人間の労働です。
 たとえば、憲法は人権として、僕らに人間らしい生活を保障すると言っている。けれど憲法は僕らの労働の現場にはない。8時間眠る、これは健康に暮らす権利の一つですよね。それは闘ってかちとるしかない。権力者にとって都合のいい法律は機能しても、僕らの権利を定めた法律は僕ら自身が声を上げないと絶対に働きません。私は徹底的に労働の現場、大学キャンパスで闘っていく、このことを一番大事にしたい。これが私の基本的な信念です。

2017年10月16日12:19

小池は解雇撤回しろ 柿沼さんらが都労委闘争

20171016b-1.JPG 都庁議事堂レストランで働いていた非正規職労働者、柿沼庸子さんが今年4月に解雇されたことをめぐり、東京都労働委員会の第2回調査が10月12日、都庁で行われました。申立人である東京西部ユニオンと柿沼組合員は、①解雇が労働組合員であることを理由とした不当労働行為であること、②議事堂レストランを運営する株式会社はなまるの不誠実団交、③東京都の使用者責任、の3点を主張し、はなまる資本と都に求釈明を行いました。
 都労委調査後の労組まわりでは、翌日の動労東京八潮支部のストライキを都庁内の労組に伝え、驚きの声が上がりました。

2017年10月16日12:11

〝団結がおれたちの力〟 動労東京八潮支部がスト

20171016a-1.JPG  動労東京八潮支部は10月13日午前8時20分の始業時から、全組合員8人が終日のストライキに入った。①雇用契約期間の6カ月から3カ月への一方的な短縮の撤回、②深夜の休憩時間の確保と夜勤手当の倍増、③仮眠室の設置などの切実な要求を実現するためのストライキだ。
 JR東日本の2次下請けの交通機械サービスは、本社から八潮事業所に4人の「副所長」を送り込み、組合をつぶそうとした。「副所長」は10月に本社に戻されたが、組合員の雇用契約期間を短縮して「いずれは解雇」と脅す攻撃は続いている。こうした策動のすべてを打ち破り、八潮支部は団結を固めて決起した。

2017年10月15日19:01

「斎藤いくまに聞いてみた」第5回『オリンピックどうする?』@movie

+最新記事(20)
Category
世界の闘い(5)
労働運動(5)
学生運動(5)
闘争記事(5)
弾圧との闘い(5)
主張(5)

Index of all entries

Home

カテゴリ
アーカイブ
Feed
QR code for Mobile

Return to page top