前進チャンネル第15回「安倍を監獄へ! 国家犯罪許すな」@movie

星野さん解放へ新段階 四国更生保護委員会に申し入れ

20170720i-1.JPG 7月14、15日、無実の星野文昭さんが42年捕らわれている徳島刑務の地元・徳島市内で「星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議」の2017年全国総会が開かれた。
 四国4県を先頭に全国33救援会から集まった100人は、不当にもデッチあげ起訴された大坂正明さんの無実を晴らす裁判と一体のものとして、新段階に突入した星野闘争の勝利を誓い合った。
 14日午前、香川県高松市にある四国地方更生保護委員会への初の申し入れ行動が再審弁護団5人と家族3人、全国再審連絡会議共同代表の平良修さん、狩野満男さんの10人で取り組まれた。星野さんの無期懲役刑が執行された1987年7月24日から今年で30年、09年の法務省通達に基づきこの日から1年以内に星野さんの「仮釈放に関する審理」が始まることになる。

高松―徳島で星野闘争 無実だから即釈放を 全国総会 大坂さん裁判と一体で闘う

全証拠開示が鍵だ
20170720h-1.JPG 7月14、15両日、星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議の2017年全国総会が徳島市内で開かれた。午前中、徳島刑務所を訪れ、星野文昭さんに写真集や本、切手などを差し入れた人も多い。
 冒頭、高松から徳島刑務所に直行した共同代表の平良修牧師が、刑務所側が面会を許可しなかったことが報告され、会場は怒りに包まれた。
 徳島救う会・元木美起子さんが開会あいさつを行い、司会が獄中の星野さんのメッセージを読み上げた。「無実だから直ちに解放せよ!という闘いとして、全証拠開示・100万人署名―再審無実・解放の闘いと、即時釈放の更生保護委員会闘争を一つに闘おう」と呼びかける星野さんに応え、全参加者が星野奪還の決意を固めた。

全国水平同盟大会で戦闘宣言 「新たな狭山闘争で改憲阻止を」

20170720f-1.JPG 7月16日、全国水平同盟第6回大会が大阪府高槻市の高槻現代劇場に全国から150人が結集してかちとられた。全国水平同盟は石川一雄さんと連帯して7・10東京高裁包囲デモを、権力犯罪と闘う新たな狭山闘争として闘った。その熱気で改憲阻止決戦に総決起し、狭山闘争でゼネストを切り開くことを宣言する大会となった。
 高槻支部の開会あいさつで始まり、動労水戸など5団体から連帯のあいさつを受けた。

福嶋昌男同志が出獄 歓迎会で再審勝利を誓う

20170710g-1.JPG 7月13日、朝8時、福嶋昌男同志がしっかりした足取りで府中刑務所門前に現れた。迎賓館・横田爆取デッチあげ弾圧で、無実にもかかわらず不当な懲役12年の有罪判決を受け、5年2カ月(未決勾留12年からの算入で残刑5年2カ月)にわたる下獄闘争を不屈・非転向で闘いぬき、満期出獄をかちとったのだ。
 再審弁護人、同志、支援者から一斉に歓声が上がった。「お帰りなさい!」「おめでとう!」「お疲れさま!」。歓迎の花束が贈られ、握手、握手、握手。福嶋同志の白い顔がみるみる紅潮していった。
 その後、国分駅近くの会場で開催された歓迎会には、30人超が参加した。

京大同学会が「大共謀祭」 「放学」処分策動に大反撃 7・13 改憲との闘いを訴え

20170720e-1.JPG 京都大学同学会中央執行委員会は、7月13日に京大キャンパス集会を開催しました。名称は「大共謀祭」――共謀罪が成立する中、2015年の反戦ストへの報復として4学生にかけられた「無期停学」処分と1年間闘いぬいてきた地平をもって、安倍政権の改憲発議に対して京大生こそが先頭に立って闘っていく決意を込めたネーミングです。
 集会を前にして、情勢は一変しました。被処分者4人に対し、「『放学』(ほかの大学における除籍に相当)処分検討中につき釈明書を記載せよ」との山極総長名義の文書が送付されてきたのです。
 また、6月の同学会選挙で副委員長(暫定)に信任された安田淳敏君に対し、文学部は「口頭注意」なる恫喝をかけてきました。その理由は「カメラをたたいた」「職員にひどい口のきき方をした」という理由にもならないものでした。

福島切り捨てに怒り 7・16 NAZEN東京が集会

20170720d-1.JPG 猛暑の7月16日、杉並の西荻勤労福祉会館NAZEN東京などの主催でで「フクシマ・オリンピック!? どーすんだよ?! 怒りのしゃべり場PART2」が開催され、50人が集まった。会場は、福島切り捨てへの渦巻く怒りで熱かった。
 NAZEN品川の奈良雅夫さんが開会宣言。オリジナル映像「原発事故への怒りを込めて」が上映され、被曝した牛たちと福島で生活を続ける「希望の牧場・ふくしま」代表・吉沢正巳さんの姿を描いた絵本『希望の牧場』を福島から来られたNさんが朗読した。

建設交運のゼネストを 鈴コン共闘総会 安倍打倒を決意

20170720c-1.jpg 7月16日、鈴木コンクリート工業分会闘争支援・連帯共闘会議第6回総会が東京・秋葉原で開かれ、東京西部ユニオン鈴コン分会を先頭に改憲阻止・安倍打倒の大決戦に突入する決意を打ち固めた。総会に先立ち、鈴コン分会は第10回分会定期大会をかちとり、安倍の改憲・労働改悪に対して職場からストライキで反撃する態勢を確立した。
 総会では冒頭、主催者あいさつで共闘会議呼びかけ人の花輪不二男代表が、「残業代ゼロ」法案を政府と合意した連合を弾劾するとともに、「安倍は朝鮮戦争を画策している。戦争をさせない決意をもって闘いに挑もう。これが鈴コン闘争の使命だ」と訴えた。

2017年7月20日12:14

日教組大会で連合打倒訴え

20170720b-1.jpg 7月15〜16日、日教組第106回定期大会が東京都内の日本教育会館で開かれた。労組交流センター教育労働者部会は、連合と一体化して労基法解体を推進する本部を弾劾し、「『働き方改革』粉砕! 連合打倒しストで闘う日教組を! 改憲阻止ゼネストで安倍倒そう」と訴え、ビラと『前進』を配布し情宣活動に立った。代議員は横断幕を見てうなずきながら入場。大会では「憲法改正反対の特別決議」が採択された。改憲阻止決戦の火ぶたが切られた。

2017年7月20日10:42

三里塚一斉行動――住民の空港への怒りと結合し情宣

20170720a-1.JPG 7月16日、三里塚芝山連合空港反対同盟と支援連は51回目の空港周辺地域への一斉情宣行動を行った。7月9日の「三里塚現地闘争&樫の木まつり」の大成功で全員の意気が上がっている。
 午前8時30分、成田市天神峰の市東孝雄さん宅離れに20人が集まり、打ち合わせを行った。
 伊藤信晴さんが「NAA(成田空港会社)による空港機能強化見直し案が発表され、各市町の成田空港騒音対策地域連絡協議会(騒対協)への説明会が始まっている。とりわけ横芝光町での反対が強い。見直し案で住民をだますことはできない。追い打ちをかけよう」と提起した。
 市東さんは、「われわれの宣伝が住民に浸透してきている。少しでもNAAのペテンに気づいてもらうようがんばろう」と呼びかけた。

2017年7月17日14:29

前進チャンネル第14回「改憲阻止の大決戦に突入」@movie

2017年7月17日14:00

8月広島・長崎闘争アピール 安倍を監獄へ!国家犯罪を許すな ゼネストと国際連帯で改憲・戦争を阻止する

20170717b-1.JPG安倍・トランプ延命のための戦争を許さない
 「ヒロシマ・ナガサキを繰り返すな!」――被爆者を先頭に日本の労働者階級が叫び続けてきたこの決意と誓いを、「共謀罪・改憲・戦争・核武装の安倍打倒」として貫こう。
核禁止に反対の安倍
 都議選で「安倍を監獄へ!」の怒りに包まれ、大惨敗にたたき込まれた安倍は、支持率が20%台にまで落ち込み(時事通信調査)崩壊寸前となっています。だが安倍は、ぼろぼろになりながらも、あくまで改憲を強行しようとしています。そのために改憲強行突破の内閣改造を行い、広島、長崎の平和式典に乗り込んでこようとしています。被爆地を安倍の改憲・戦争・核武装への攻撃の「再出発」の地にさせることなど絶対に許さない!

2017年7月17日12:31

〝小池知事は出てこい〟 福島署名解雇 団交で都の責任追及

20170717a-1.JPG 7月13日、東京西部ユニオンと「都庁ふくしま署名解雇を許さない会」の仲間11人で、都庁議事堂レストランを運営する株式会社はなまるとの3回目の団交を行った。
 都議選を闘って安倍を断崖絶壁に追いつめ、小池百合子東京都知事の正体もここで暴くぞという意欲と確信にあふれて闘った。組合は責任逃れに終始する小池に対して今回の団交に出席するよう申し入れを行っていたが、小池は逃亡した。
 冒頭に、この間、支援共闘組織の「都庁ふくしま署名解雇を許さない会」を結成し、その仲間が出席していることを告げて団交を開始した。

2017年7月14日11:54

前進チャンネル第13回「新たなインターナショナル建設を」@movie

2017年7月13日17:31

狭山再審へ高裁包囲デモ 石川さんと連帯 国家犯罪弾劾

20170713c-2.JPG 「石川一雄さんは無実だ!」「国家権力の犯罪を許さないぞ!」「東京高裁は狭山裁判の再審を行え!」。7月10日正午過ぎ、照りつける日差しの中、怒りのシュプレヒコールが霞が関一帯に響き渡った。全国水平同盟と部落解放東日本共闘会議が呼びかけた東京高裁包囲デモだ。
全国水平同盟の各支部が先頭に立つ
 全国水平同盟は、東京の杉並支部をはじめ大阪の西郡支部と高槻支部、京都の崇仁・東三条支部がそろってのぼりを立て、デモをリードした。解放共闘は、動労千葉・動労水戸に東京各地の労組交流センターが続いた。みな都議選を先頭で闘って自民党を惨敗させた自信と確信に満ちている。

2017年7月13日17:24

韓国全土で民衆大会 「生きさせろ!」の闘い続く

20170713d-1.jpg 7月5日〜8日、民主労総の呼びかけた社会的ゼネストの総括集会として、光州や大邱、釜山など全国で民衆大会が開催された。
 ソウル・光化門広場では7月8日、「最低賃金1万ウォンをかちとろう! サード(THAAD、高高度迎撃ミサイルシステム)配備撤回! 農民・ペクナムギ氏への国家暴力責任者処罰! 露天商パクタンスンさん(死亡事件の)真相究明と責任者処罰!」のスローガンを掲げて民衆総決起闘争本部と万ウォン行動(最低賃金1万ウォン・非正規職撤廃共同行動)が主催する民衆大会が開催された。
 6月19日、ソウル・江北区で露天商を営んでいた60代の女性・パクタンスンさんが区庁の露店摘発によって脳出血を起こし亡くなるという事件が起こった。国家権力がまたも人の命を奪ったのだ。この日の大会には、事件の真相究明を求める露天商の人びともパクタンスンさんの遺影を抱いて数多く駆けつけた。

2017年7月13日13:08

〝戦争に使わせない〟 泉州住民の会先頭に関空反対闘争

20170713b-1.jpg 7月9日、三里塚現地闘争と同日、泉佐野市末広公園に110人が結集し「朝鮮戦争反対! 安倍倒せ! 関空を戦争に使わせない!」全国集会(関西新空港絶対反対泉州住民の会、関西労組交流センター共催)が新たな体制のもと行われました。
 司会は泉州住民の会の西村美由紀さんと関西労組交流センターの木下浩平さん。西村さんは「泉州住民の会と関西合同労組泉州支部は一つになって闘う。労働者の団結で社会を変えていく新たな闘いをこの地でつくっていく」と宣言。
 主催者あいさつで関西労組交流センター代表の深町加代子さんは、「労働者の団結をたたき壊さない限り戦争はできない」と強調しました。連帯のあいさつを動労水戸の国分勝之副委員長、全国水平同盟・久原正子委員長、関合労弾圧当該の婦人民主クラブ全国協議会・関西ブロックの山本美知子代表、8・6ヒロシマ大行動実行委員会から広島連帯ユニオンの壹貫田康博書記長が行いました。

2017年7月13日12:42

全学連大会への公安警察襲撃弾劾国賠 暴行を「職務」と強弁 これが国家権力の正体だ

20170713a-1.jpg 7月10日、東京地裁民事第31部 (小野寺真也裁判長)で、昨年9月の全学連大会での公安警察による学生襲撃に対する国家賠償請求訴訟・第2回口頭弁論が行われました。
 冒頭、原告の東北大学・安澤和芳君が意見陳述に立ちました。安澤君は、被告である東京都が提出した『準備書面(1)』を徹底的に批判しました。
 公安警察は昨年9・1~2全学連大会の会場前で参加者に対して行った、殴る、首を絞める、帽子やメガネをはぎとるなどの暴力行為を「視察活動」と言いなし、「職務上の行為であることは明白」と開き直っています。東京都の準備書面はもっとデタラメです。大会参加者のマスクなどを暴力的にはがした行為は、「指名手配者等」がいるかもしれないから「職務質問に付随する任意処分」であるとして、違法な人権蹂躙(じゅうりん)を卑劣にも「正当化」しています。

2017年7月12日20:34

第3誘導路裁判、騒音問題でNAAを批判

20170712b-1.JPG 7月11日、千葉地裁民事第3部(阪本勝裁判長)で第3誘導路裁判の弁論が開かれた。三里塚芝山連合空港反対同盟と顧問弁護団、支援の労働者、農民、学生、市民はこの日も農地強奪攻撃への怒りをかきたてて全力で闘いぬいた。
 この裁判は、国とNAAを相手に、成田空港のB滑走路の2500メートルへの延長(2006年)、第3誘導路建設(2010年)という二つの変更許可処分の違法を追及し、B滑走路の使用禁止、飛行の差し止めを求める裁判である。航空機の騒音が周辺住民にもたらす健康被害が、最大の焦点になっている。
 厚木基地爆音訴訟では、第4次訴訟で自衛隊機の飛行差し止め請求が二審まで認められたが、2016年に最高裁に退けられた。しかし最高裁判決においても住民がこうむっている深刻な健康被害がはっきりと認められた。これは厚木の10倍と言われる騒音を発する成田にとっても重大事態た。

2017年7月12日20:11

7・9三里塚現地闘争と樫の木祭り――市東さん「裁判必ず勝つ」

20170712a-1.JPG 7月9日、三里塚芝山連合空港反対同盟の呼びかけで、三里塚現地闘争と天神峰樫の木まつりが開かれた。「市東孝雄さんの庭に集い、開拓100年の歴史を生きる樫の木のように抵抗の根を広げよう」との反対同盟の訴えに応え、全国から労働者・農民・学生・市民180人が結集し、さらに韓国済州島(チェジュド)の新空港反対運動を闘う住民が駆けつけ、ともに勝利を誓い合い、大成功した。
 灼熱の太陽のもと、正午を前後して全国の人びとが市東さんの南台の耕作地に集まった。作物はのびのびと力強く育っているが、周囲は鉄板によって囲われ、すぐ向こうをジェット機がひっきりなしに走行し発着している。そして私服警察官や機動隊が大挙動員され参加者を監視するという異様な光景だ。

2017年7月10日12:00

韓国・全教組が不屈の闘い 法外労組通知の撤回求め

20170710a-1.JPG 「すべての労働者が民主労総と一緒に、社会的ゼネストで自分の人生と現場、世界を変えよう!」(民主労総・大会宣言)と闘われた6・30社会的ゼネスト。全国教職員労働組合(全教組)は、「法外労組撤回! 労働3権獲得!」のスローガンを高々と掲げて参加した。大会で宣言された「今すぐ! 労組に加入して自由に労働組合活動をすることができる権利をすべての労働者に!」は、全教組の絶対的な要求だ。
 87年春、学生たちが死を賭して民主化闘争に立ち上がる中、子どもたちを死なせるわけにはいかないと教員たちが大挙して街頭に飛び出した。闘いは労働者大闘争へと燃え広がり、この中から89年、全教組が生まれる。99年、金大中政権下で合法化をかちとったが、パククネ政権下で解雇者を組合員とする労働組合は認められないと法外労組とされた(現在、解職者57人)。以来、パククネ政権退陣へ、全教組はろうそく集会の先頭で闘ってきた。

2017年7月 9日20:27

前進チャンネル第12回「安倍を監獄へ!ゼネストー革命を実現しよう」@movie

2017年7月 6日17:30

動労東京八潮支部が大井工場前行動

20170706c-1.JPG 6月28日朝、JR東日本東京総合車両センター(大井工場)の(株)交通機械サービスに対し、動労東京八潮支部による夜間勤務の改善を要求する門前行動が、都議選に立候補した北島邦彦候補に連帯して闘い抜かれました。
 雨の中、動労東京八潮支部、動労総連合、なんぶユニオンは、続々と出勤する労働者にずさんな労働時間管理や36協定未締結のまま日勤と徹夜勤務を通しでやらせている実態を暴露しました。14時間10分の拘束時間中、仮眠時間は3時間。仮眠室もなく、詰め所で横になっていると発注元の東京臨海鉄道から電話が入り、直接「汚物処理」の業務指示が出る「偽装請負」の多発で睡眠時間を奪われています。
 八潮支部支部長が配るビラを労働者は傘をさしながら受け取りました。画期的だったのは、元国労闘争団で解雇撤回を闘ってきた小玉忠憲さんが国鉄1047名被解雇者として大井工場で働く労働者に訴えたことです。JRの不当労働行為による解雇撤回を30年闘い続けていること、国鉄分割・民営化の大破綻、安全破壊の外注化と非正規職化阻止の訴えが、JR下請け会社で非正規で働く多くの労働者に届きました。
 動労西日本の山田和広書記長も駈けつけ、第2の分割・民営化である全面外注化、総非正規職化と、労働組合の団結で闘おうと呼びかけました。都議選の小池ファースト支配はプロレタリア世界革命の烽火(のろし)です。労働者人民の総決起で打倒しましょう!(多良川みやこ)

+最新記事(20)
Category
世界の闘い(5)
労働運動(5)
学生運動(5)
闘争記事(5)
弾圧との闘い(5)
主張(5)

Index of all entries

Home

カテゴリ
アーカイブ
Feed
QR code for Mobile

Return to page top