関生弾圧粉砕へ600人が決起 改憲・共謀罪適用阻止を誓う

20181213f-1.JPG 12月8日、大阪市・中央区民センターで、「労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・8集会」(主催・実行委員会)が600人の大結集で打ち抜かれた。8月以来の全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部に対する滋賀、大阪における弾圧で、武建一委員長をはじめ組合員のべ40人が不当逮捕、12人が現在も不当勾留されている。「共謀罪のリハーサル」(集会決議)であり、改憲に向かう安倍政権の組合破壊攻撃そのものだ。逮捕された仲間は完全黙秘を貫き、外の仲間は弁護団と一体となった救援活動、差し入れ、毎週土曜の警察署抗議行動などを激烈に展開し、日々攻撃を打ち砕いている。集会は一人一人の組合員と心の底から団結し、弾圧に総反撃する決意を打ち固める決起の場となった。
 全労働者への弾圧
 集会は実行委員長の樋口万浩さん(全港湾大阪支部委員長)のあいさつで始まった。一連の弾圧の経過を明らかにしたビデオの上映に続き、関西生コン支部の坂田冬樹副委員長が報告を行った。

横須賀で「沈黙」上映会 右翼の妨害を排除しかちとる

20181213e-1.JPG  12月8日、横須賀市内で行われた映画「沈黙―立ち上がる慰安婦」(朴壽南〔パクスナム〕監督)の上映会は、予想された右翼の妨害を排除して観客140人という大成功を果たした(写真左)。
 4日に上映実行委員会は、140人の代理人弁護士を連ねて、右翼団体に対する会場300㍍以内への接近禁止命令を横浜地裁に申請し、地裁はその命令を6月に発令した。そして90人を超える全国からの応援スタッフによる自主防衛体制がとられたことが決定的勝利だった。
 さかのぼってみると、ネット右翼・新右翼などは9月の茅ケ崎での上映を後援した茅ケ崎市・市教委へ業務妨害といえるほどの抗議電話、メール攻撃を繰り返した。10月の上映当日には右翼・日本第一党のメンバーが会場への侵入を試みた。11月の横浜会場では会場に突入しようとする特攻服の右翼と防衛隊が対峙し、右翼を追い出した。そして、12月の上映会を前に横須賀では、街宣車8台、特攻服の右翼が会場の管理事務所に「会場を貸すな」と押しかけた。

鈴木哲也同志が出獄 「犯人蔵匿」でっち上げ破る

 12月5日、でっち上げ「犯人蔵匿」弾圧と闘い抜いた鈴木哲也同志が出獄した。2017年5月18日の不当逮捕以来、完全黙秘・非転向を貫いた鈴木同志は大阪拘置所での下獄闘争を終え、勝利者として労働者人民のもとに帰還した。
 鈴木同志は、1971年渋谷暴動闘争での警官死亡事件で「殺人罪」をでっち上げられた大坂正明同志を「指名手配されていることを知りつつ住居を提供しかくまっていた」との罪に問われた。だがその「証拠」とされたのは押収した『前進』などと警察による画質の悪い盗撮ビデオに過ぎない。有罪の根拠となる具体的証拠を欠いたまま、一審大阪地裁は懲役1年8月の判決を言い渡した。とんでもない不当判決だ!

相模原から改憲阻止を! 結成集会後、米軍補給廠デモ

20181213d-1.jpg 12月9日、相模原市内で「改憲・戦争阻止!大行進」湘北実行委員会の結成集会をかちとりました。
 冒頭に戦後革命期労働運動のDVDを上映し、93歳の鎌田利治さん(百万人署名運動湘北連絡会)が開会あいさつを行いました。
 集会の基調は元教育労働者の私が担当しました。百万人署名運動のリーフレットを使い、「自衛隊明記」と「緊急事態条項新設」の改憲で社会が変わることを明らかにしました。安倍の改憲への突進は、資本主義の命脈が尽き、帝国主義・大国が世界戦争へ突き進む中で、戦後憲法体制では延命できなくなった支配階級の最後のあがきだ。新自由主義の40年は社会の疲弊と崩壊、政治の腐敗を生みだした。韓国では「ろうそく革命」、アメリカでは「赤いTシャツ運動」、フランスでは「黄色いベスト運動」が闘われている。「改憲・戦争阻止!」は新たな社会変革へのチャンスだ、と提起しました。

沖縄で「改憲阻止!大行進」結成 高教組書記長らが講演、怒り新た

20181213c-1.jpg 12月9日、那覇市内で「改憲・戦争阻止!大行進 沖縄」の結成講演集会を開催し、沖縄における改憲阻止の闘いの本格的なスタートを切りました。
 集会では「チーム緑ケ丘1207」のみなさん、沖縄県高教組の稲福京子書記長、琉球新報政治部記者の与那嶺松一郎さんから講演が行われました。会場からも活発な意見が出され、安倍政権に対する怒りや改憲への危機感がそれぞれから語られました。
 沖縄大学学生自治会の赤嶺知晃委員長が司会を務め、最初にチーム緑ケ丘1207のみなさんが7日に行われた東京行動の報告に立ちました。米軍ヘリの部品落下事故から1年が経つにもかかわらず、現状が何も変わっていないことへの怒りにあふれる報告でした。「(対政府交渉には)内閣官房、防衛省、外務省、警察庁が出席したが、『米軍の回答待ち』しか言わない。この国って一体何だろう」「子どもたちが置かれている状況はまるで戦時中」「私は魔法が解けた。この現実を変えるために一丸となって声を挙げる。そうしないと子どもたちの未来は守れない」と切実に訴えました。

5年雇い止め撤回へ 仙台「村岡さんの闘いは希望だ」

20181213b-1.jpg 12月8日の「村岡さんへの『5年雇い止め』を撤回させよう 12・8みやぎ集会」には、仙台市職労の組合員をはじめ、60人の仲間が集まりました。
 主催者を代表して「村岡さんへの『5年雇い止め』撤回を求める裁判を支援する会」のよびかけ人である仙台市社会福祉協議会職員労組の三浦早苗さんが闘いの経過報告を行いました。その要約を報告します。
 「3月末の雇い止めを阻止するために『私たちはゴミじゃない!』と訴え、必死に闘ってきました。しかし、29人が雇い止めされたとき本当に悩みました。この先どうすれば良いんだろう? 組合の委員長、書記長を雇い止めにされて、経験の浅い自分たちに組合を続けることはできるのか?――不安な気持ちでいっぱいでした。でも、このまま終わりたくない。闘いを無駄にしたくない。そう思い悩んでいたとき、村岡靖昭さんは『闘いは雇い止めで終わりじゃない。雇い止めを撤回させる道がある』と裁判を決断してくれたんです。雇い止めとなった村岡さんは、私たち以上に悩んだと思います。私は村岡さんの決意を聞き、ここに希望があると確信しました。

ダイ改阻止へ決戦態勢 動労総連合が定期全国大会

20181213a-1.JPG 動労総連合は12月9日、DC会館で第33回定期大会を開き、3月ダイヤ改定時に強行されようとしている乗務員勤務制度の改悪阻止を当面の焦点に、組織拡大で第3の分割・民営化攻撃に立ち向かう決戦方針を確立した。
 開会を宣言した石井真一副委員長(動労水戸)は、「労働組合のない社会」をつくろうとするJRに抗して、組織拡大で闘いを前進させようと呼びかけた。
 田中康宏委員長(動労千葉)があいさつに立ち、まずこの1年の闘いを総括した。1047名解雇撤回闘争はJR復帰を実現するところに手をかけたが、だからこそ審査打ち切りという労働委員会の大反動に直面していると述べ、これと対決する新たな行政訴訟が始まったことを明らかにし、解雇撤回へ闘い抜くことを訴えた。また各単組の非正規職組合員の解雇撤回の闘いも、各地の運動の結集軸となり、敵を追い詰めていると総括した。

前進チャンネル第151回 「入管法改悪弾劾!」@movie

2018年12月12日11:19

三里塚一斉行動―「農地奪うな、第3滑走路阻止」の声

201812012a-1.jpg 12月9日、68回目の成田空港周辺情宣一斉行動が行われた。
 三里塚芝山連合空港反対同盟と支援連の仲間は、午前8時30分に成田市天神峰の市東孝雄さん宅離れに集まり朝の打ち合わせを行った。事務局の伊藤信晴さんが司会を務めた。はじめに市東さんが、「一斉行動はすでに6年目に入っている。同盟の訴えが地域に浸透してきた。今日は今年最後の一斉行動。がんばっていこう」と激励した。決戦本部長の太郎良陽一さんは、「事務局会議で、請求異議裁判で12月20日にいかなる判決が出ようが市東さんの農地を絶対に守るために座り込むことを決めた。われわれは、裁判にだけ未来を託しているわけではない。全国に訴え闘っていこう」と呼びかけた。また支援連の仲間は、「いつも反対同盟ニュースでマスコミが知らせない事実を伝えてくれて非常に感謝している」という住民の声を紹介した。
 今回配る同盟ニュース第63号は、「農地奪うな」の要望書の集中と20日に迫った判決日闘争への参加を呼びかけている。さらにA滑走路運用時間の1時間深夜延長を19年10月末の冬ダイヤから前倒しで開始しようとするNAA(成田空港会社)を弾劾する内容だ。深夜延長の対策と称して今年10月から寝室の内窓設置申請が始まっているが、申し込んだのは対象地域874軒中わずか62軒(7・1%)。しかも、防音工事で騒音被害が防げないことは、裁判所も認めている事実だ。横田基地公害訴訟では11月30日に一審判決が下され、防音工事は「航空機騒音そのものを軽減させるものではない」として損害賠償を認めている。

2018年12月10日16:16

前進チャンネル第150回 「中核第4号!発売!」@movie

2018年12月10日12:14

関生支部弾圧粉砕へ大集会

20181210c-1.JPG 12月8日、「労働組合つぶしの大弾圧を許さない!12・8集会」(主催/実行委員会)が大阪市・中央区民センターで開かれ、全日本建設運輸連帯労組関西地区生コン支部に対する弾圧への反撃を宣言した(写真)。今年8月以来、武建一委員長ら組合員のべ40人が不当逮捕され、12人の勾留が続いている。共謀罪適用と労組活動禁止を狙った大弾圧だ。集会には会場満員の600人が結集し、関生支部の坂田冬樹副委員長が経過報告と反撃の状況を明らかにした。また接見禁止中の武委員長のアピールも読み上げられた。(詳報次号

2018年12月10日11:30

韓国でも築地と同じ闘い ソウル 水産市場廃止を実力で阻止

20181210b-1.jpg 韓国・ソウル中心部のノリャンジン(鷺梁津)で長年営業を続けてきたノリャンジン水産市場で、市場廃止と新市場への移転に反対する商人の闘いが巻き起こっている。これは、小池都知事による築地市場廃止・移転攻撃に立ち向かう仲卸の仲間たちの闘いとまったく同じものだ。
 民間資本に開放して営利事業化
 この市場は100年近くも続いてきた歴史のある市場だ。しかし2002年以来の民営化政策によって、水産協同組合が建物と駐車場を所有し、民間資本との間で賃貸借契約を結んで管理・運営する形となった。市場の法的な開設者はソウル市だが、商人たちは市場法人である民間資本と契約して各店舗で商売を続けてきた。

2018年12月10日09:55

三里塚第67回一斉行動、住民から「市東さんの農地取り上げるな」の要望書

20181210a-1.jpg 11月25日、三里塚芝山連合空港反対同盟と支援連絡会議は67回目の成田空港周辺情宣一斉行動に立ち上がった。この日は午後から、天神峰カフェが開かれ、初参加者も交え大いに交流が行われた。
 午前8時30分、市東孝雄さん宅離れに集合した仲間は朝の打ち合わせを行った。冒頭、萩原富夫さんが「判決までの1カ月決戦に入った。今日の同盟ニュースに書かれている成田空港周辺の騒音に関する環境基準が未だに6割しか達成されていないことは大問題だ。これでさらに空港を拡大したらどうなるのか。しっかり暴露していこう」と呼びかけた。決戦本部長の太郎良陽一さんが「13日の裁判所への提出行動に向け要望書を集めよう。12月20日の請求異議裁判判決前後の16日と23日に天神峰カフェを開く。現地に集まり、みんなで元気よく闘おう」と訴えた。市東さんは、「判決がどうであれ、みなさんと相談しながら闘っていく」と決意を語った。
 今回配る「反対同盟ニュース」は第62号。飛行機の落下物について「隣の子どもが石投げたんじゃないか」と言われ、泣き寝入りを強いられた横芝光町の住民と、大企業・経済界優先で農民の権利を踏みにじる裁判所に怒る芝山町の会社員の声が紹介されている。ニュースと要望書用紙を手に担当地域へと繰り出した。

2018年12月 9日12:14

前進チャンネル特別編「質問コーナー」資本論講座番外編@movie

2018年12月 8日09:43

改憲攻撃と一体の「大学改革」を許すな

 改憲阻止の歴史的決戦を前にして、大学での闘いが一大焦点となっている。大学・教育をめぐる力関係・国家統治の問題であり、改憲・戦争と一体の問題だ。安倍政権は、全学連・高原恭平新委員長体制に恐怖している。全学連への相次ぐでっち上げ弾圧を絶対に許さず、獄中の仲間を奪還し、改憲-「大学改革」を粉砕しよう。
 経団連提言に沿った大学改革
 広島大学当局は8月28日、「2020年春に大学院研究科を現在の11から5つに再編する」と発表した。特に、現在の法、経済、文学、教育、総合科学部の五つの文系大学院・研究科を「人文社会科学研究科」(仮称)に解消・統合するという無茶苦茶な改革だ。理工分野は「自然科学技術研究科」に再編し、物理から地球惑星システム学などの理系6専攻を同研究科に組み入れる。最大の目玉は、情報科学部を基盤とした「未来先導科学研究科」だ。

2018年12月 7日07:52

前進チャンネル第149回 「超重大ニュース!」@movie

2018年12月 6日18:41

韓国 全国民衆大会に1万5千人 ムン政権の改革逆行に怒り

「われわれ民衆が世の中の主人だ」
20181206d-1.JPG 「われわれが社会の主人だ! 民衆が主人となる世の中へと進もう!」――12月1日午後、ソウル・ヨイドの国会前で全国民衆大会が開催され、1万5千人が結集した。
 主催は、民主労総に加えて農民や露天商などの団体をはじめとする50以上の団体からなる「民衆行動」だ。参加者たちは、2015年に発足した「民衆総決起」陣形を引き継ぎ、パククネ政権打倒のろうそく革命に向けて体を張って闘い抜いてきた人々だ。ムンジェイン政権の発足後初となった今大会では、「止めろ!改革逆走行」というボードが会場を埋め尽くし、ろうそく革命を裏切って財閥優遇の政策を進めるムンジェイン政権と、積弊清算を妨げる勢力に怒りの声をたたきつけた。大会終了後には国会を包囲するデモが行われた。

2018年12月 6日18:26

京大・東大で星野絵画展 学生運動の力で星野さん解放を

東大 えん罪めぐって討論 台湾からの留学生も参加
20181206c-2.jpg 11月28〜30日、夜7〜9時の時間帯で東京大学駒場キャンパスにおいて星野絵画展を行いました。施設利用ルールの関係で開催の時間が遅くなり、暗い中来てくれる人はどれだけいるかと正直不安でしたが、なんとしても今年中に星野さんを解放するんだ、という思いでやりぬきました。
 来場者数は予想どおり厳しくはありましたが、それでもそれなりに見に来てくれる学生はおり、逆に余裕を持って話す時間がとれたのはうれしかったです。

2018年12月 6日18:20

京大・東大で星野絵画展 学生運動の力で星野さん解放を

京大 学祭企画の一環で 沖縄・水島さん招き講演
20181206c-1.JPG 11月22〜24日、京都大学学祭企画の一環として、吉田南キャンパスで星野絵画展を行いました。
 京都府警は10月18日と11月20日、京大内でビラを配布したことを「建造物侵入」だとでっち上げ、学生3人を逮捕しました(11月30日に全員起訴!)。いずれも京大当局が行った刑事告訴によるものです。このように、京大当局・警察権力との激しい攻防のまっただ中で絵画展を実現したのです。
 不当にも京大当局が3人を含む14人の学生をキャンパス立ち入り禁止とする中、それ以外の多くの学生が絵画展を開催するために奮起しました。また、関西各地の星野救援会が全力で応援に入って下さり、学生と労働者の団結で弾圧体制を打ち破ったことも特筆すべきことです。

2018年12月 6日12:22

仏で反マクロン大デモ 増税案を実力行動で粉砕

20181206b-1.jpg 12月1日、フランス全土で13万6千人がマクロン大統領の辞任を求めてデモに立ち上がった。パリでは都心のシャンゼリゼ通りを中心に暴動的闘いとなり、人民が警察と激突。催涙ガスなどで鎮圧にあたった警察により400人以上が拘束され、130人以上が負傷した。1968年の「5月革命」以来の激しい闘いだ。参加者は労働者、失業者、学生、退職者など多岐にわたっている。地方から参加した60代の教育労働者は、「黄色いベスト運動はフランスの貧困層を代表している。私たちは富裕層や大企業のツケを支払わされている」「ここに来られない多くの人々、そして子どもや孫たち、そして生きていけない状況に追いやられているすべての人々のために参加した」と語った。
 政府は4日に燃料税引き上げの6カ月間凍結と電気・ガス料金値上げの凍結を発表したが、5日、労働者民衆は増税案の撤回をかちとった。

2018年12月 6日11:55

横田騒音訴訟 飛行差し止め認めぬ判決 大法廷うめる闘いに

20181206a-1.JPG 11月30日、東京地裁立川支部で第9次横田基地公害訴訟の判決法廷が開かれた。同訴訟は、米軍横田基地の周辺住民144人が原告となり、米軍機と自衛隊機の夜間・早朝の飛行差し止め、騒音被害への損害賠償を求めた裁判だ(提訴は2012年12月12日)。
 判決は、過去の被害に対する賠償を一部認め国に支払いを命じたものの、飛行差し止めや将来分の賠償は認めない、これまでどおりの判決だった。断じて許せない。
 判決は、自衛隊の飛行差し止めについては「防衛大臣の権限の行使」に口を挟むのは「不適法」とし、米軍機については、日米安保条約・地位協定で被告(日本政府)は米軍機の運用に口出しできないから筋違いだと頭から切り捨てた。

2018年12月 3日12:44

京大弾圧開示公判 高田君ら元気に出廷 激励の仲間と大合流

 京都地裁で11月29日、一連の京大弾圧に関する勾留理由開示公判が開かれました。今回は、半年前の教室へのビラ配布が「建造物侵入」にあたるとして、髙田さん、阿津さん、吉田さんが出廷しました。多くの学生・市民が駆けつけ、傍聴席は満席! 3人はいずれも元気な姿を見せ、特に髙田さんはユーモアのある格好で傍聴席の学生を笑わせるほどの元気さです。
 ところが、寺田裁判官はとにかく検察のシナリオを読み上げるだけ。「職員を威迫して証拠隠滅を図るおそれがあるから勾留する」――何だこれは!? 3学生は、学生の団結を形成することを目指し、常に正々堂々と闘ってきた。威迫しているのは、集会に参加する学生を名指しで怒鳴りつける京大職員、個々の学生に呼び出し―処分攻撃をかける京大当局の方ではないか! さらには「住所不定」や「逃亡の恐れ」など、理由にもならない理由をただ述べるだけ。その度ごとに弁護士が徹底弾劾し、傍聴席からも痛快かつ的確な野次が飛びました。また検察は、傍聴人を名指しで退廷させようとするなど防戦一方でした。

+最新記事(20)
Category
世界の闘い(5)
労働運動(5)
学生運動(5)
闘争記事(5)
弾圧との闘い(5)
主張(5)

Index of all entries

Home

カテゴリ
アーカイブ
Feed
QR code for Mobile

Return to page top