『前進』 blog News
[メニュー][トップ]

『前進』デジタル縮刷版第2巻ー激動の70年闘争の全記録ーまもなく発売!

2018/12/01 10:15

20181201a.jpg前進社出版部は、まもなく『前進』デジタル縮刷版第2巻を発売します。AMAZONでも先行予約の受付を開始しました。

中核派の機関紙『前進』の165号から563号(1964年1月~1971年12月)の全号のPDF。
さらに付録として本多延嘉同志の学習講演の音声データを収録しています。
PDFでページをめくるように見ることができます。
記事の目録で目的の記事を検索することができます。
ページの一部分を自由にして印刷することができます。
閲覧にはDVDが読み込めるパソコンが必要です。
(提供するのは紙面の画像データです。記事のテキスト化は行っていません)

20181201b.jpg『前進』は1959年9月から今日まで発行されている革命的共産主義者同盟全国委員会(中核派)の政治機関紙です。
『前進』のバックナンバーは、『前進縮刷版』として書籍・紙で第1巻から第21巻まで発行されてきましたが(1978~1981年=14~17巻は未完)、そのうち1巻・2巻・5巻・6巻・9巻は絶版になっています。第1巻(『前進』創刊号~164号 1959~1963年)は、『前進デジタル縮刷版』第1巻としてすでによみがえっていますが(2007年6月刊)、このたび『前進デジタル縮刷版』第2巻の刊行によって、絶版を含む2~7巻について読めるようになりました。
今回(デジタル縮刷版第2巻)では、
■紙で刊行されている『前進縮刷版』の第2巻から第7巻(1964年~1971年の6冊・8年分)をまとめてデジタル化
■付録として本多延嘉同志の貴重な学習講演の音声データ(本多著作選7巻掲載の「レーニン主義党組織論」の元講演)を一枚のDVDに収録しました。

『前進縮刷版』は、各号を一つのPDFデータとし、各号の発行年月日をしおり にしました。各巻ごとに一冊の本のページをめくるように見ることができ、またパソコンの画面で簡単に拡大したり、印刷することができます。紙媒体では文字が小さくて読みにくかったので、紙媒体より大きく改善されました。
また、論文・記事・著者などの検索を速やかにおこなえるように第2~第7巻通しの索引(=目次)のページを作成しました。それを使って、探している論文・記事などが掲載されている号数を特定することができます。

20181201c.jpg

本多同志の音声データは、当時の学習会の雰囲気が生き生きと伝わってくる内容となっています。音声データは6つのパートに分かれています。この講演をもとに本多著作選第7巻に掲載された『レーニン主義党組織論』(PDF)、および講演レジュメ(PDFとテキスト)も合わせて付録としました。

定価3000円+税です。